税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 「まじめ」が最強!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まじめ」が最強!

2007 - 06/22 [Fri] - 01:23

 最近いろいろなニュースを見ていて思うことがあります。バブル以降「まじめ」という言葉が完全に死語になってしまっているのではないかと。或いは経済のグローバル化に伴い多くの人が海外における常識にさらされることとなり、旧来からの日本人の感覚では騙されて損をしてしまうと感じることが増えたから「まじめで思いやりのある」態度を軽視するようになったのでしょうか。


 それでもやはり私は思います、「まじめが一番」だよ、と。私は自分で言うのも何ですが、「まじめ」です。というより私が羽目をはずして不真面目なことをすると、必ずその後に大きなしっぺ返しが来るのです。これはもう私が幼少の頃からの度重なる経験によるものなので、自分自身で「私はまじめに生きるべき人生を背負わされた人間なのだ」と思ってしまったわけです。きっと私に会った人の9割方の人は私のことを第一印象から「まじめ」だと評価するでしょう。本当はそうとばかり言われるのもちょっと不本意なのですが、そう思われているのであれば仕方ありません。無理に「チョイ悪」になる必要もないですし、なれませんし・・。


 とはいえ先ほど「まじめが一番」といいましたが、別に私がまじめで得をしたからいうわけではありません。むしろまじめだと他人から見て面白みのない人生ですし、何より若い人から見ればつまんない人生に思うでしょう。華やかな遊びや恋愛の世界とはまず無縁です。もちろん若い頃はそれなりにやるだけのことはしてきますし、羽目もずいぶん外してました。それでも私はやはり「まじめ」だったんです。何より根がまじめなものですから他人に迷惑をかけない生活をしているということで実は私自身が最もストレスから解放されるのです。もし自分の我を主張して争いごとばかりが絶えなければ、常に私はストレスにさらされることになっていたでしょう。


 しかし私が「まじめが一番」という理由は、実は別のところにあります。それは「まじめが一番狡い」という逆説的な本質があるからなのです。どういう事かと言えば、例えば赤信号で突っ込んできた車と青信号で突っ込んできた車同士が交差点で事故をしたとします。赤信号で突っ込んできた方は瀕死の重傷、青信号の方はかすり傷一つないとします。この場合もし裁判をした場合どちらが勝てるでしょうか?それは一目瞭然、青信号を守っていた方、つまり「まじめ」だった方に決まっています。言い換えればこういう争いごとなどになった場合、「まじめ」にルールを守っていた者の方は「私はルールを守っていましたよ。守っていなかったのはあなたでしょ。じゃああなたの方が絶対に悪いじゃない。」という言い訳をして責任回避をし、そして相手を非難することができるのです。たとえ相手が瀕死の重傷を負っていたとしても「お気の毒様」と同情のふりをするだけで、相手に対して謝罪したり慰謝料を支払う必要などこれっぽっちもないのです。つまり「まじめ」であればそれだけ「言い訳」と「責任回避」ができ、そして「不真面目を攻撃する」権利が与えられる訳なのです。それが「まじめが一番狡い」という理由です。


 また「まじめ」にやっていると狡い奴に騙されたり、損な役回りばかりさせられるのではないかと思う方も多いと思います。しかしそれは「まじめ」の意味を取り違えておられるのです。「まじめ」とは他人の言うことに逆らうことができない気弱な性格のこというのではありません。そうではなくて「まじめ」とはただ単に「不真面目でない」ということなのであって、ケンカに強い「まじめ」がいてもいいですし、言いたいことを言う「まじめ」がいてもいいわけです。つまり「まじめ」を守るために「まじめでないもの」をはねつける強さを持っていてもよいわけです。だから狡い奴が近づいてきたり損な役回りを負わされそうになっても別に他人の目など気にせず普通に断ればよいのです。不真面目な奴は普通にやっつけてしまえばよいのです。それに先ほどのようにいざ法廷などで闘えば絶対に「まじめ」は不真面目に勝つことができます。


 そういう意味でも「まじめ」に物事に取り組むことは実は世の中で最強であるということを今一度皆さんに認識していただきたいなぁ、と思うわけです。「まじめ」であることは損なことではなく、実は何にも増して得で最強な考え方なのだ、ということをもっと知ってもらいたいのです。それにまじめに生きるのって本当に楽ですよ。だって不真面目なことをしている人みたいにいつその悪事がバレるのではないかとビクビクしながら生活する必要がないですからね。実は居心地がいいもんなんですよ。バカにする奴にはバカにされておけばいいんですよ。だってそいつらより「まじめ」な奴の方が後で絶対得するんですもの。


 この仕事をしているとそういう人をたくさん見ます。狡い人の人生は端で見ているだけでも「大変だな」と思います。狡い人生を極めようとするとそれはどんどん狡い方向に加速していきますからね。まじめな人生は悪いことをしないで普通にやってりゃいいだけなので結構気楽です。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/205-fd12cd3e

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。