税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > 脱法ハーブ、なんとかなりませんか?  

脱法ハーブ、なんとかなりませんか?

2014 - 06/25 [Wed] - 12:19

 今日のネットのニュースを見ていますと、昨晩ですか、東京で路側にツっ込んでいった車を運転していた男は脱法ハーブを吸っていたとのこと。少し前には、神戸でも同じように脱法ハーブを吸ってラリった輩が街中を大暴走する、という事件がありました。たしか、他の場所でも同じような事件があったような気がします。

池袋で車暴走 1人死亡6人重軽傷

 最近この手の事件が多いですよね。「脱法」なんだか「合法」なんだか知りませんけど、「脱法」と謳っているだけに、逆にこのクスリの成分はやりたい放題のことがしてあるんじゃないかという気もするんですよね。つまり通常法律で取り締まられている麻薬や覚醒剤より、もっと効き目が強いんじゃないかという懸念もするわけです。

 今回の事件でも、なんの関係もなく罪もない20代の女性がはねられて死亡したそうです。まだまだ楽しい将来が待っていたはずなのに、なんてかわいそうなことをするんでしょうか。こんな脱法ハーブなるものを吸って、頭がおかしくなったヤツにひき殺されたんじゃ、親御さんも天を恨むほかありません。

 タバコでもお酒でも、そしてもちろん麻薬でも覚醒剤でも、人に迷惑をかけなきゃイイと思うんです、私は。それらを嗜むことによって、本人の気分がよくなって、人生楽しく過ごせるのなら、別にいいと思うんです。ASKAが先日逮捕されましたけど、別に本人が気持ちよくエッチをして、神がかり的な音楽を作って、誰にも迷惑を掛けていなかったのなら、そのクスリのせいでASKAが死んじゃおうとどうしようと、そりゃ本人が好きにすれば、って気もするんです。

 でも、やっぱりクスリ関係はそういう程度の楽しさじゃ終わらないんですよね。クスリが効きすぎて頭がおかしくなったり、脳を破壊していったりして、相当な確率で周りの人に迷惑をかけるんですよね。それも相当悪質なレベルで迷惑をかけちゃうんです。

 麻薬とか覚醒剤は既に取り締まられていますけれども、今回の事件に使われたような「脱法ハーブ」なる薬物もなんとかして一網打尽に規制をかけて欲しいですね。聞くところによりますと、現行の法律では、規制をかけるためにはその薬物を分子レベルで構造物を指定して規制しなければならないらしく、その分子の一部を別の構造に置き換えてしまうと取り締まれなくなるので、規制しては構造を変える、といういたちごっこになっている難しさがあるそうですね。

 しかし、なんとか一括して規制をかけることはできないんでしょうかね。事前登録済みのメーカーが作ったタバコとアルコール飲料以外の「脳に快感を与える物質はすべて製造・販売・所持・使用を禁止」といったことはできないものなのでしょうか?ま、税金の世界と一緒で、こうやって大きく法律で括ろうとすると、逆に抜け道を容易に探せるようになるのかも知れませんが。

 しかし、もうこれ以上こんな事件が起きないように、早急に対策を取らなきゃいけません。こんなクスリを野放しにしてたんじゃ、おちおち街に買い物にも出かけられません。賢い方たちのアイデアに期待したいですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1998-0941a0a6

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード