税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 税理士向けのいろんな営業コンタクト  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士向けのいろんな営業コンタクト

2014 - 06/09 [Mon] - 17:02

 まあ、税理士として登録しますと、いろんなダイレクトメールやメール・ファックスが手元に届きますよね。その中には税理士向けの営業ものが含まれていることは決して少なくありません。

 やれ「相続を年間◯◯件増やす方法!」「顧問契約を年間100件増やすセミナー」だの、「税理士として知っておくべき社会保険料節約法!」だの、まあ、様々なセールストークで税理士を食い物にしようと、各業者頑張ってます(笑)。

 以前にも書きましたけど、こういった本を含めた情報商材って、儲かるのは売ってる側だけですから(笑)。皆さんもまだ覚えておられるでしょう、ビリーブートキャンプなる痩せるためのビデオ商品が日本で一大ブームを起こしたことを。でも、いまでもこれを頑張っている人って、果たして世の中にどれほどいるでしょうか?あるいは、ビリーのビデオを買っていまでも実践している人は購入者の何%でしょうか?

 で、このビデオに関してトクした人は誰でしょうか?ビデオを買って痩せようとした人?ビデオをテレビ通販で売った人?そりゃ絶対的に後者でしょう。そう、きっとほとんどの人はビリーのビデオを買ったって痩せたりしないんですよ。テレビ通販でよく見かける、痩せるための運動器具や、腹筋を鍛えるための器具も一緒。

 なぜか?それはほとんどの人はビリーがビデオで行ってるとおりの運動や、テレビでやってるように運動器具をつかった「一日たったの何分」というわずかな運動ですら、毎日「継続することができない」からなんです。それがほとんどの人間の実態です。だから次から次へと「痩せるための商品」や「健康になるための商品」が現れては消えていくわけです。まったく良い商売です(笑)。

 話を元に戻せば、税理士向けのセミナーや情報商材もまったく一緒のビジネスモデルです。冷静に考えてみましょう、もし仮に一年間で30件の相続案件が舞い込んできたとしたら、あなたはそれに対応できる自信がありますか?あるいは年間に100件の新規顧問契約があったとして、その膨大な仕事量の変化にあなたの事務所が付いていけると思いますか?

 そう、土台無理な話なんですよ。仮に現実にそのようなことが起きたとしても、対応できるはずがない話なんです。なんでそんな現実離れした話を聞こうと思うんですか?「うちの事務所もじり貧だし、なかなかお客も増えないから、何か良い方法はないだろうか?」とお考えになるのはもちろん悪くありません。でも、費用対効果をちょっとだけ考えてみましょう。そういったことに対して冷静に頭を回せることも、顧問先の経営相談や税務相談に対応する際には役立ちますよ。

 何度もここに書いたことかも知れませんけれども、自分の事業の経営改善策は自分自身で考えるしかありません。もちろん他人の成功事例を学んで応用することは決して無意味なことではありません。しかし、その情報を鵜呑みにしてそのまま真似ようとすることだけはやっちゃダメです。ハッキリいって、それは「バカ」のやることだからです。

 大切なことは、経営者自身が「考える」ことです。自分自身で考えようとしない経営者は、本当にダメです。話になりません。自分で自分の事業の経営のことを考えることができるようになれば、自分が本当に求めている情報が自ずとわかるハズです。それがわかれば、その情報だけをピンポイントで入手すればよいだけのことなんです。闇雲に他人の成功事例を聞きゃいいってもんじゃありません。

 でも、もし自分が求めている情報を教えてくれそうなチャンスがあるのなら、それは例え遠方であっても、例え少しばかりのコストがかかっても、ぜひ積極的に仕入に行ってください。それは必ずご自身の身になりますから。ダメなのは、自分が何を知りたいのか、ということが自分自身で明確にわかってもないのに、ただセミナーに行ったり、情報商材を購入したりすることです。それはムダです。

 税理士事務所の経営に関して大事なことは、年間に100件顧問先を増やすことじゃありません。年間に30件の相続案件を増やすことでもありません。そんなことじゃなくて、大切なことは「顧客の満足度を高めること」と、「去年よりも今年、今年よりも来年の経営状態が良くなっていること」なんです。それができないと、いまいるお客さんが逃げていくんです。それがほとんどの個人税理士事務所が直面している経営課題なんです。

 だからもっともっと基本的なこと、そして自分の足下を見直して改善することが大切なんです。それができもしないのに、年間30件の相続案件や、100件の顧問依頼が来たってしかたないでしょうに。そんなセールストークに惑わされてホイホイセミナーに行ったり情報商材を買ってるようじゃ、ダメですよ。もっと自分を冷静に分析できないと。

  ・・って、これ、お客さんに経営指導する時と同じセリフでしょ?(笑)だったらそれをご自分も実践しなくっちゃ(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1983-5b00a750

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。