税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > ストーカーになりそうな特徴  

ストーカーになりそうな特徴

2014 - 04/13 [Sun] - 01:55

ニュースでもしばしばストーカーによる痛ましい事件が報道されますよね。ストーカーになりやすい人には、やはりなにかそういう傾向・性格的なものがあるようで、それをまとめたサイトがありました。

つきあっちゃダメ!ストーカーに変貌する男の特徴10

実は・・、ここに書かれているのと全く同じ傾向を持つ人がいるんですよねぇ。ここに書いてある傾向のほとんどか当てはまることに気がついて、ゾッとしましたねぇ。

その人は、私の昔からの友達で、最近フェイスブックで再会した人。ぱっと見は明るくて、楽しくて、面白い感じなのですが、しばらくして本音が垣間見えるようになってくると、ちょっと違うんですよねぇ。

とにかく自分の意見を曲げません。そして自分の世界にとにかく固執します、それはもう異常なくらいに。また、他人に話しかけるときは必ず「教えてやる」モードです。自分が何でも知っていて、知識面で他人より上に立たないと気が済みません。

そして、一番怖かったのが、フェイスブックでいま誰がオンライン状態であるか常にチェックしていること。そして、オンライン状態にもかかわらず、自分のメッセージに反応がないと途端に相手を罵り始めます。「そりゃお前、相手だって他の用事があるのかもしれないし、いま返事できないのかもしれないじゃないか」と言っても、罵倒がやみません。

昔気になっていた女の子をフェイスブックで見つけたら、最初は愛想よく近づきますが、しばらくして相手と馴染になった途端に、相手が覚えていないような昔の相手の行為をひたすら罵りだしたりします。相手が困っていようとお構いありません。そして相手が「ごめん、それは忘れた」と話をごまかそうとしても「そんなはずない。忘れるはずがない!」と非難し続けます。

そうかと思えば、その女子にいきなり「好きだった」と告白したり、また、やり取りの中でその女の子から期待した反応が返ってこなければ「あの悪女」だの「あの悪魔」などと酷い言葉で相手を罵ったりします。一から十までこの調子なんです。もう相手のことが好きすぎて、何をしでかすかわからない状態。たぶん自分でも自分の感情がコントロールできないんでしょうね。

はっきり言って、コイツとやり取りをしていますと怖いです。で、私ともちょっとした意見の違いからすれ違うようになり、今ではまったく連絡しなくなりました。はっきり言って気持ち悪いんです。こいつとはかかわらない方がいいと、本能的に感じるんです。

そいつ本人も「僕は友達が少ない。一緒に飲みに行っても、ケンカして金置いて帰ってくる」などという話をしますが、これじゃさもありなん、という感じ。友だちが遊びに誘っても、なんだかんだと参加できない理由を並び立てて決して参加しません。本心ではその遊びに参加したくて仕方ないことが手に取るようにわかるのに、みんながどれほど誘っても絶対に首を縦に振りません。

とにかく自分大好き、自分の価値観が何よりも最優先です。他人の気持ちや善意などは全く無視。恐ろしくジコチューです。で、先日たまたま先ほどのリンク先の記事を見つけてみてみたところ、なんと驚くほど当てはまります(笑)。

私は、実は本心でこいつが先ほどの昔好きだったという女子のストーカーをするんじゃないかと心配しています。彼らが直接会ったのかどうか知りませんが、もし会ってるとしたら、本当にストーカー行為をするんじゃないかと怖いです。彼女は遠方に住んでいますが、ある日突然「好きだから会いに来た」と彼女の街に行きそうな怖さを感じます。

そういうことにならなければいいなと思っていますけれども、身の回りにストーカー気質を持った人を見つけて、今まで自分には無縁だと思っていたストーカー事件がものすごく身近な話に感じされるようになりましたね。

現実に事件にならないことを願うだけですね。でも、ストーカー気質を持った人は、やはり身近にいるとゾッとする怖さがありますよ。男でも関わりたいと思いませんね。こういう人がいたら、相手から勘違いされないように、できるだけ早い段階で相手と距離をつくることが大事ですね。仲良くならないことが大切ですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1962-72e04942

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード