税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュース > 小保方博士の記者会見  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小保方博士の記者会見

2014 - 04/10 [Thu] - 12:10

昨日の記事の続きみたいなもんですね(笑)。

今朝、遅まきながら小保方博士の昨日の記者会見の様子をテレビで見ました。不思議なのはなぜかどこの放送局も彼女のことを「博士」と呼ばず「さん」付けであること。博士、って敬称ですからね、「天皇さん」と呼ばず「天皇陛下」とお呼びするのと一緒です。

英語で宛名を書くときもMs.ではなくDr.と書かなきゃいけません。それくらいの高い呼称であるにもかかわらず、どこの放送局も彼女を博士と呼ばないのはおかしい気がしましたね。

ま、それは別に大したことじゃないんですが(笑)、もしかすると彼女の博士号が剥奪されるかもしれないことを見越して報道しているんでしょうか?(笑) しかし、それにしても昨日の会見は謎に満ちたものでしたねぇ。

最大の疑問点である「STAP細胞は本当に存在していたのか?」という点については相変わらず解決されないままですよね。たしかに彼女は「200回以上成功している」と発言し、自信満々です。

そこまで本人が言うのであれば、本当なのかもしれません。しかし、相変わらず残る疑問は「そこまで成果が得られたものであるならば、なぜもっと自分の成果を正しく世に伝えるための論文を作ろうとしなかったのか?」という点。

だって200回も実験に成功しているのなら、画像の使い回しなどする必要がなかったでしょうに。サンブルだって画像だってあふれ返るほどあったはず。逆に言えば、そういう実験成功の動画や画像、はたまた実物を論文に掲載しなかったこと自体がおかしいんですよね。

なんか、博士の記者会見内容は墓穴を掘ってるとしか思えないんですよね。話せば話すほど、博士の不手際と疑問を深めるだけになっちゃうんですよね。それに、200回も実験に成功してるのなら、再現実験だってすぐできるはずでしょうに。そのノウハウは十分蓄積されているはずでしょう?

わからない、全くわからない会見。何ら具体性がなく、自分の研究成果を世に示すわけでもなく、ただ理研の処分に納得できない、というだけの内容。泣いたらしいのですが、悪いけど、涙なんて不要ですよ。

しかも理研に残りたいと言うし・・。なんで?自分の研究成果を手土産に海外の研究機関に売り込んだほうがずっとすごい報酬と研究環境が与えられるでしょうに。良く言えば欲がないんでしょけど、これだけ不備だらけの論文を華々しくテレビカメラの前で発表した目立ちたがり屋さんとしては、にわかには理解できない発言。

どーなんでしょうね、STAP細胞?本当にあるんでしょうか?本当に作ったんでしょうか?200回も実験に成功した、って本人が言ってるわけですから、もうお手並み拝見、としか言いようがないですねぇ。

早く再現させてね、小保方博士。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1958-5d3f6ca3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。