税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 裏金作り?詐欺?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏金作り?詐欺?

2014 - 01/27 [Mon] - 11:24

 今日ネットのニュースを読んでおりますと、富士重工の元部長さんが架空の取引を装って会社からお金を搾取していたのだとか。取引先に架空の請求書を出させて、代金を会社から取引先に支払わせ、そのお金を取引先から自分にバックさせる、というやり方でしょうね。

 税理士という仕事をしていますと、そういった不思議なお金の流れを目にすることがありますよね。だいたいは大手企業が下請けとして使っている中小企業を利用して行っているわけですが、その理由は今回のように私腹を肥やすための搾取だったり、あるいは会社としての裏金をプールするための方法だったりします。

 私のお客さんであるケースは、裏金作りと聞いています。ええ、取引先にいったんお金を支払って、それを社員の個人口座にバックさせ、それを交際費や謝礼などの資金に回すわけですね。ハッキリ言って税務上は別に正しく処理さえされていれば、うちの取引先自身がどーこーという話ではないですから、知らんぷりして処理していますが(笑)。

 でもこれだって、表向きには「交際費の裏金作り」ということでやっていますが、ホントはわかりませんよね?今回の富士重工のケースと同じように大手企業の社員が自分の私腹を肥やしたいために、うちのお客さんには「交際費をプールするために協力して」とウソを言っているだけかもしれませんからね。

 そう考えれば、意外とこんな裏金作り、というか会社から不正に資金を個人が取り込んでいるケースって結構あるんじゃないでしょうかね?特に大手企業の下請けなんかでしたら、元請けの担当者から「こうやってお金を貯めたいから協力してくれる?」と言われればなかなか「ノー」とは言えませんもんね。

 固定資産なんかでしたら、固定資産台帳と現物を突き合わせれば不正がばれちゃいますけど、工事や修繕費、仕入勘定で処理できるような内容でしたら、大きな案件を利用して使えばまず会社にはバレないでしょうからね。そうやって悪いことをしている人ってけっこういるんじゃないでしょうかね・・。

 ・・・なんてことを、今日のニュースを見ながら思いましたねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1924-c5fe9f74

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。