税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > DNA鑑定を依頼したい?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNA鑑定を依頼したい?

2014 - 01/19 [Sun] - 00:36

 最近はDNA鑑定を格安でできるようになったんですね。テレビでは、芸能人の親子関係を巡ってなんだかんだとやっていますし、また相続を巡る裁判では、60年前くらいに起きた病院での子供の取り違えを巡って真の相続人をDNA鑑定により探しだした、という話も伝えられてきています。

 またアメリカでは乳がんのリスクを減らすために乳房の切除手術を行った有名女優もいます。自分の将来の病気の危険性などもある程度わかるので、病気のリスクを減らすためにもDNA鑑定は有用であることも多いようですが、ある意味自分の運命を知らされてしまうような部分もあります。皆さんはDNA鑑定によって、自分の将来を知りたいと思いますか?

 私ですか?そうですね、病気のリスクとかは知っておいても良いかもしれませんね。いずれなることが確実なのであれば、そのリスクを少しでも減らしたいと努力したいですし、また将来自分が罹る可能性の高い病気に関する病院探しを行い、それに対する知識をできるかぎり持っておきたいですからね。

 ただ、テレビでもやっていましたが、問題は「そのDNA鑑定の結果がほんとうに正しいのかどうか?」ということ。そして「そのDNA鑑定の結果がきちんと管理されているかどうか?」ということですね。

 だって考えて見れば恐ろしい話ですよ。DNA鑑定によってその人の病気のリスクがわかるのだとすれば、生保会社はこっそりと被保険者のDNA鑑定を行えば、その人の死亡リスクがわかるようになってしまうわけですからね。DNA鑑定の結果によって保険契約の可否が決められたり、保険料率が変わるようなことになってしまったら、恐ろしい限りです。

 また怖いのは、こういったDNA鑑定を受ける人達の不安心理につけ込む「悪徳商売」ですね。分かりますか、占い師や教祖を騙って高いツボを売りつける商法と同じですよ。DNA鑑定を行う会社が、悪徳業者とつるんでいれば、ある人の病気のリスク情報を横流しすることによって、その人の健康面での弱みに付け込んだ商売をいくらでも展開することができるんですよね。

 ある人がDNA鑑定の結果「胃癌のリスクが高い」という結果が出たとすれば、その個人情報を業者に流してしまえば、その人は健康関連産業にとってはものすごい良いカモになりますからね。だって「胃がんのリスクを減らすには、この健康商品!」とピンポイントで業者は攻撃できるようになるわけですからね。

 これは考えてみれば恐ろしい話ですよ。自分の病気のリスク情報が、知らないところで売買されているわけですからね。もうその情報の価値の高さは、今の時代の名簿取引の価格の比ではないでしょうね。DNA鑑定データベースなんて、そりゃものすごい値段で売買されますよ。そうなればDNA鑑定を行って、個人の健康リスク情報を数多く持っている事業者は多額の利益を得ることが可能になっちゃいますよね。

 また、もっとモラルに欠けるのは、そもそもDNA鑑定をいいかげんにやって、悪徳業者とつるむことです。これは先程の「悪徳占い師とツボ販売」と全く同じで、完全に詐欺行為です。どういうことかといえば、ある人のDNA鑑定を依頼された業者が、端からちゃんとした鑑定などしないで、適当に「あなたには乳がんのリスクが高い結果が出ました」と嘘っぱちを被験者に伝えるわけです。そして、手を組んでいる健康商品会社などにその情報を流して、その人に商品を売り込む、という商法ですね。

 これはひどいですよね。ウソのDNA鑑定情報を元にして、商品を売りつけるわけですからね。でも、きっとそう遠くない将来にこういうDNA鑑定情報を元にした悪徳商法が世間を騒がせることになると思いますよ。だって、そもそもDNA鑑定を行おうと考えている人って、やっぱりどこかに自分の健康に関する不安を感じている人たちですから、そこをピンポイントで攻めこまれてくれば、結構いいカモにされてしまう人が少なく無いと思うんですよね。

 ですから、格安でDNA鑑定が可能になり、そしてそれを行なう業者が増えてくるのであれば、早急に鑑定結果などに関する個人情報の厳密な管理を徹底させるガイドラインを作るべきですね。そしてそれに違反した事業者には相当な重罰を課するようにすべきですね。言ってみれば、銀行や病院が個人情報を外部に売らないのと同じレベル程度の個人情報保護を行なうべきです。それを整備した上でなければDNA鑑定事業を行うことができないように早急に法を整備すべきですね。

 いや、考え方によっては恐ろしい時代になってくるのかもしれませんね。個人のDNA鑑定の結果が売買されて「あの人は、こういう病気のリスクがあって、将来は何歳くらいで死ぬらしいよ」という情報が世の中に出回るのかもしれません。そういうSFの世界にならないように、今の段階からしっかりとした情報管理と、そしてそれを悪用する業者を取り締まる対策を講じておくべきですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1922-d0bd2645

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。