税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 経営・ビジネス > ビジネスで結果を追い求めるということ  

ビジネスで結果を追い求めるということ

2013 - 10/21 [Mon] - 14:45

 先般このブログに「ビジネスは結果がすべて」といった内容で書きましたが、これをお読みになった方の中には「じゃあ、金さえ儲かればいいって言うワケか?それじゃ、違法なことや犯罪して大金を手にするヤツらだって『偉い』ってことになっちゃうじゃないか!そんなのおかしい!」とお感じになった方もおられると思います。

 ええ、確かにビジネスは結果が大事ですが、他人を泣かせてまでお金儲けをすることが偉い、とは私も思っていません。むしろ逆に、反社会的な行為を行ってお金を稼ぐことは、たとえどれほど大金が転がっているとしてもやるべきではないと思っています。

 しかし、しかしですよ、なぜ反社会的な行為を行うことが大金を得られるのか?ということについても、ちょっとだけ考えてみるのもビジネスを行う上では決して悪いことじゃないですよ。

 ずっと前のこのブログにも書きましたけれども、結婚紹介サイトみたいなところで知り合った独身男性をたぶらかせてカネを貢がせたあとで自殺や事故に見せかけて殺す、という悪魔のような女性がいましたよね。今裁判してるのかな?

 で、この女性は自分のブログに、いかに自分がセレブな生活をしているかということを自慢げに書いていましたよね。また裁判の過程で、昔から男性と付き合うことで相当な収入を得て生活に困ることなどない、とうそぶいていることも明らかになりました。

 ええ、こんなことをしてまでお金持ちになっちゃいけませんよ、もちろん。でも、どうですか、世の中見回してみてください、この殺人鬼と同じように異性の気持ちを利用して大金を稼いでいる人ってたくさんいるでしょう?芸能人なんて正にそうじゃないですか?スナックやクラブのホストやホステス、そしてそこの経営者もそうですよね?AKBなんとか、みたいなアイドルグループだって一緒じゃないですか。

 その子達を見たい、その子達としゃべりたい、握手したい、っていうのが金儲けのネタですよね?そしてその欲求を果たすことができる代わりに、けっこうな対価をその人達から受け取ることができるわけじゃないですか。なぜか好きな異性の芸能人にはいくらでもお金を払ってもいい(=貢いでもいい)と思っている人が世の中にはたくさんいるわけですよ。

 また、オレオレ詐欺、なんてこれほど長い間世間で騒がれているのに、相変わらず史上最悪レベルの被害を更新し続けています。なぜこんな犯罪に騙されてしまい、虎の子の大金を簡単に詐欺グループに支払ってしまうと思いますか?そこには巧妙な心理ゲームが仕組まれているわけですよね?生活のために大切にしていた財産を簡単に振り込ませてしまうためのシナリオがあるわけですよ。

 でも、これらの「財布を簡単に緩めてしまう」心理状態を理解することは、一般的なビジネスで顧客を獲得したり、商品を販売する際にも応用ができることだと思いませんか?その心理コントロールを違法なことに利用すれば犯罪ですけれども、合法なことに使えば素晴らしい成果をもたらすセールスマン、ビジネスマンになれるわけです。

 前からこのブログに書いていますように、ビジネスって、結局は心理ゲームなんです。ビジネスとは、商品やサービスを提供する側が、その商品やサービスの対価を第三者からいかにお金を支払ってもらえるか、というゲームなんです。それは車を売る場合も、家を売る場合も、弁当を売る場合も、そして税務サービスを提供する場合も基本的には一緒なんです。違うのはそれぞれの商品やサービスが違うので財布の紐を緩めさせるためのアプローチが違うだけのことです。

 そこで、さきほどから書いている結婚詐欺やオレオレ詐欺で大金を一瞬で巻き上げることができた顧客の心理状態を研究してみてください。その犯罪被害者達がどういう心理状態に陥って、その結果大金を簡単に支払うことになってしまったのか。その心理状態を理解し、ビジネスに上手に応用することができれば、ものを売ることや顧問契約を結ぶこともよい成果が得られるように思いませんか?

 まあ、ですから、私が言いたいことはですね、確かに表のビジネスでは犯罪行為を行ってはいけないんですけれども、しかし、だからといって世の中の綺麗なところばかり見ていたってダメだよ、人間の本当の心というのは案外裏側や汚いところで動いていて、しかもその動機がなによりも強烈な場合があるんだよ、ということなんです。

 そういう人間の心理、消費を行う際の衝動を理解することは、私たちがビジネスを行う上においても大変役に立つわけです。いい商品を作って店に並べておけばいい、良いサービスを提供すれば自ずと高い値段で売れるハズ・・、と、ビジネスがそんな単純なものじゃないということはよく理解しておくべきだと思いますね。

 で、そうやって結婚詐欺やオレオレ詐欺などを見ていてますと、結局人って「好きな人のためならいくらでもお金を使ってもいい」「好きなものを手に入れるためならいくらお金を使ってもいい」という心理が働くということがわかるんですよね。あるいは「緊急な危機感があると判断を誤ってお金を払ってしまう」ということもあるわけです。しかし後者については医療や弁護士業務のようにある種の心理的な脅し・恐怖感を伴うことが必要なので、リピーターを獲得することが大切である一般的なビジネスにはあまり応用しないほうがよいと思っています。

 じゃあ、良い成績を残すビジネスマンになるための答えは簡単だと思いません?そう、それは「自分自身がお客さんから好かれること」ですよ。もうこの一点に集約されますね。あるいは自分が扱う商品やサービスがお客さんから好きになってもらえばいいわけですよ。そうなれば、ある意味言い値がお客さんに通っちゃうことだってあるんですよ。

 そう、ビジネスを成功させるためのキーワードは「お客さんに好かれること」、これですよ。もうそこを突き詰めていくことがビジネスを成功に導くためのポイントだと思いますね。もちろん、男前や美人だと他人から好かれやすいわけですが、みんながみんなそうであるとは限りません。ですからそれぞれの人によって、お客さんから好かれるためのアプローチって変わってくると思うんです。

 でもアプローチは異なったとしても、お客さんに好かれ、気に入ってもらえることができればビジネスは自ずと成功に近づきます。そうやって自分自身や自分が提供する商品やサービスのファンをどんどん増やしていくことが、ビジネスを成功に導くのです。

 そう考えてみれば、ビジネスも面白いもんだと思いませんか?お客さんから好かれるための心理ゲームを研究し、そしてそれを実践してファンを増やしていくんですよ。それがビジネスの本質だと、私は思っています。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1857-614eeb5c

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード