税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > パソコンの売れ行きが悪いのはウィンドウズ8のせい  

パソコンの売れ行きが悪いのはウィンドウズ8のせい

2013 - 09/27 [Fri] - 12:21

 先日も新聞か何かの記事で、パソコンの売れ行きが落ち込んでいる一方で、タブレットの売れ行きが好調であるように書かれていました。

 私もタブレットとパソコンの両方を使っていますけれども、確かにタブレットは慣れると便利ですよ。難しいことをしない限りは、パソコンでやっていたことのほとんどがタブレットでできます。もちろんパソコンで普通にできること(例えばサイトのリンクをクリックすれば動画が再生される、といったこと)がタブレットではできなかったりすることも少なくないんですが、でも十分です。

 でも、タブレットだけのせいじゃないと思うんですよね、パソコンの売れ行きが悪いのは。

 タイトルにも書きましたように、ハッキリ言って、パソコンが売れないのはウィンドウズ8のせいですよ。きっと一般ユーザー、特にビジネスでパソコンを使おうと思っているユーザーから見ると、ウィンドウズ8のパソコンは買いたくないでしょうね。ええ、「できれば買いたくない」という消極的なものではなく「絶対に買いたくない」という感じでしょうね。

 かくいう私自身もそうです。軽くて新しいノートパソコンを欲しい、と思ったとしても、今は買いたいと思わないですからね。その理由はウィンドウズ8がインストールされているから。なぜ8がイヤなのかと言えば、今まで何度もこのブログに書いているように、単純に「使いにくいから」。

 いや、別に、ビジネスでパソコンを使っている人達は、パソコンにタッチパネル機能なんて全く求めてないと思うんですよね。だって「タッチ機能があったら便利だろうなぁ」なんて思ったことが今まで一度もなかったわけですからね。

 マウスを使ってデスクトップのアイコンをクリックできればそれでいいんですよ。デスクトップパソコンを仕事で使っているユーザーであれば、いちいち画面のアイコンをタッチして処理を進めるのなんてめんどくさくて仕方ないんじゃないでしょうかねぇ。

 パソコン、って元々ビジネスで使われるようになったからこそここまで爆発的に普及したわけじゃないですかぁ?なのにウィンドウズ8は、そのビジネスユーザー達の使い勝手を完全に無視する形でできあがったOSですからねぇ。これじゃ、使いにくくて当然ですし、ビジネスユーザーの多くはウィンドウズ8がインストールされたパソコンを使いたいとは思わないでしょうね。

 その使いにくさは、実際に8を使ってみればすぐ実感できますよ、本当に。なぜマイクロソフトがウィンドウズ8でパーソナルユーザーに照準を合わせて商品開発を大きく舵取りしたのかわかりませんけれども、これは大きなリスクだったと思いますね。

 確かにタブレットの爆発的な普及に危機感を感じたのはよくわかりますけれども、だからといってビジネスユーザーの存在を軽視するべきではなかったと思うんですよね。そこを中途半端な、というか、どっちつかずな商品開発をしてしまったところが失敗だったと思うんです。

 タブレット用のOSを作るのなら、タブレット専用のOSを作ればよかったんです。そしてウィンドウズの新しいバージョンを作るのであれば、従来の使い慣れたウィンドウズをアップデートさせて、そこにタッチ機能を強化させる程度でよかったんですよね。

 それをウケを狙おうとしたのか、イメージチェンジをはかろうとしたのか、タッチ機能強化を前面に打ち出して、今までと全く異なるOSを作ってしまったのが失敗だったと思うんですよね。私たちのようにパソコンをビジネスで昔から使っているユーザーからは、使いにくいのと扱いにくいことが理由で拒否されてしまいますし、逆に新世代のタブレットユーザーからは、ウィンドウズOS部分がムダで、そして価格が高いことが嫌がられますよね。

 結局どちらにも媚びようとした結果、どちらからも総スカンを食らうという最悪の状態になってしまっているわけです。ですから、既にマイクロソフトはウィンドウズ8.1の開発を進めているようですが、早急にビジネスに特化した、というか従来のマウスとキーボードで操作することをメインに考えたOSに戻すべきですね。

 そうしないと、きっと、ウィンドウズ、というかパソコンそのものの市場における需要がさらに落ち込みかねないと思うんですよね。ウィンドウズXPが永らく使い続けられてきたのと同じように、きっとビジネス界ではウインドウズ7がXP以上の支持を得てしまうのではないかと思うのです。

 私の正直な感想を書けば、7は今までのウィンドウズの中では最高の商品です。これは素直によくできたOSだと思います。8は、その最高の商品のあとに出てきた駄作だけに、ユーザーが感じた失望感も強いわけです。「あの7のあとに出るOSだから、どれほどいいOSだろう!」と期待していたにもかかわらず、実際に手にしてみればタッチ機能ばかり強化されて、ウィンドウズOSとしての機能はむしろ大幅に退化してしまっていたわけですからね。

 8は早急に改善するべきですね、とにかく。そうでないと我々ビジネスユーザーが困ります、本当に。マイクロソフトは自分の都合と金儲けだけで製品開発する姿勢を改めて、もう少し社会インフラを提供している企業としての自覚も持って欲しいものだと感じますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1846-ddc59475

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード