税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 食・レシピ > マクドナルド・・、辛すぎ。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルド・・、辛すぎ。

2013 - 08/19 [Mon] - 10:01

 先日のお盆での田舎からの帰り道、晩ご飯がめんどくさくなったので、マクドナルドでハンバーガーを2個調達。一つは普通のハンバーガー、もう一つはフィレオフィッシュ。

 いま、私の中で食べても許されるマクドナルドの商品は、フィレオフィッシュと朝のマフィンだけ(笑)。フィレオフィッシュはあっさりとして、パンもスチームしているので食感がいいです。その他のハンバーガー類はもう、カス(笑)。とても食べれたもんじゃないです。

 でも、今回なぜハンバーガーを選んだかと言えば、ま、久々にノーマルのハンバーガーを食べてみるか、という興味が起きたからに他なりません(笑)。さて、そのハンバーガーをぱくりと食べてみますと・・・。

 「辛い!」ですね、最初の感想は。ええ、塩辛いんです。最初はケチャップが辛いからそうなのかと思っていましたが、パティだけを食べてみても辛いので、肉がそもそも辛いんですよね。

 もう、ありえないほどの辛い味付けです。マクドナルドではパティを焼く際に塩こしょうをしているのかな?詳しくは知らないんですけど、他の大手ハンバーガーショップでは、最初から味付けしてあるパティを鉄板で焼くだけのところも多いですから、そのあたりの手順はよくわかりませんけど、もしかすると店員が塩をパティに振りすぎたのかも知れません。

 ただ、なんにしても結果的にはありえないほど塩辛いことは事実。いくら安い商品だと言っても、これはやりすぎですね。一方では、以前から、マクドナルドではワザと味の濃い商品を提供している、という噂がまことしやかに流れていたことを思い出しました。

 これはなぜかと言えば、味の濃い食べ物に口が慣れてしまうと、その味を忘れられなくなるという人間のクセを利用して、小さい子供のうちから味の濃い商品をマクドナルドで提供することによって、その後大人になっても一生自社のハンバーガーを食べ続けさせるための経営戦略だからなのだそう。

 事実であるとすれば、ある意味人間の一生の味覚を破壊しかねない恐ろしい経営戦略ではありますが、今回食べたハンバーガーは、その噂を裏付けるかのような塩辛さでしたね。たまたまの失敗作ならまだ笑えますが、毎回こんな塩辛いハンバーガーを提供しているのだとすれば、本当にこれを食べ慣れてしまう子供達の味覚が心配になりますね。健康にもよくありません。

 久しぶりにマクドナルドのハンバーガーを食べてみて、ふとそんな感想を持ちましたね・・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1828-a110b1c0

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。