税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 理想的な税理士事務所  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想的な税理士事務所

2013 - 06/12 [Wed] - 23:47

 私にも「こんな税理士事務所を作ってみたい」という理想のようなものはありまして、早くその理想を現実の物にするべく日々働いております(笑)。

 どんな組織がよいか、そりゃ、デカけりゃデカいほうがイイと思っていますが、そこは私の経営者としての器がそこまであるかどうかが問題です(笑)。あまり自分を買いかぶるのもなんなので、最初は10人くらいの組織をなんとかしていきたいですね。それでも運営できれば立派なものですが、夢としては100人くらいの所帯を構えたいですねぇ。

 100人くらいになれば、一つのベンチャービジネスみたいなものです。100人を雇うことができるビジネスを経営するなんて、ものすごい責任とプレッシャーですが、でも考えただけでワクワクしますね(笑)。そこまで来れば支店も持ちたいですねぇ。ただ現行の税理士法では、支店を持つためには税理士法人を作らざるを得ず、それがどうにも納得できませんねぇ(笑)。

 ま、素晴らしいパートナーを見つけることができれば、税理士法人もよいかも知れません。でも残念ながら「この人と一緒に事業を展開していきたい」と思える税理士さんとはまだ出会えていません。と、言いますのも、やはり「税理士」という職業を選ぶ人は、一匹狼、お山の大将になりたそうな人が多いので、組織を作ってサポート役に回ってもらえそうな人はなかなかいないからです。

 後は、私自身が試験組税理士なので、絶対的に顧問としてOB税理士さんと提携したいですね。法人、所得、資産、各部門のベテランOBさん達と顧問契約を結んで、彼らの知恵とネットワークを味方に付けたいですね。いや、こんなことを言うと「お前には試験組税理士としてのプライドがないのか!」とお叱りになる方もおられるかも知れませんけど、私には試験組税理士のプライドなんてありませんよ(笑)。

 いえ、プライドはもちろん持っていますけど、虚勢を張るつもりなんて全然ありません。だって、なんどもこのブログに書いていますように、税務署内部での取扱に関する知識と経験は絶対的にOB税理士さん達に負けます。そこはどう転んでも勝負になりようがありません。だから、その部分での知識と情報は素直にOB税理士さんの力を借りる方が賢いと思っています。

 私たち、試験組税理士は、ハッキリ言って何十年この仕事をしていても、OB税理士さんのような「税務署内での税務に関する取扱に関する知識やノウハウ」を身につけることはできません。できると思っているとすれば、それは大きな勘違いです。できないものはできない、と素直に認めることも大切です。

 そう、私たち試験組は、絶対にOB税理士さんを越えられない部分があるのです。だからそこは素直にOBさん達のお力を借りるのが一番です。彼らを組織に迎え入れるのもよいですし、あるいは「税理士事務所の顧問税理士」として彼らに報酬を支払って協力してもらうこともよいと思います。いずれにしてもOB税理士の力は必ず借りたいです。

 後は・・、業務提携をする弁護士や司法書士、社労士、行政書士、不動産鑑定士を探すことですね。理想は組織内に取り込んで複合事務所にすることですが、そこまでする必要もないかも知れません。

 ま、そんな税理士事務所を作っていきたいですねぇ。そして業務が多様化してくれば、不動産に関する部門や、保険に関する部門、その他いろんなビジネスコンサルティングの部門を作っていきたいですね。税理士事務所としては経営コンサルティングはやりたくありませんし、できないと思っていますが、人材が豊かになれば、お客さんのニーズに応えられる様々なワンストップサービスを提供できる「総合経営オフィス」みたいなものは作ってみたいなぁ、と思っています。

 もちろん片手間でそういうサービスを提供するのではなく、専門の部署を作りたいんです。そうすれば中身のあるちゃんとしたサービスを提供できる可能性が高まりますからね。私一人の能力で事務所を運営するのではなく、私よりも知識と経験を持った人達を集約して素晴らしいサービスを提供できる事務所を作りたいですねぇ。

 そのとき、私に求められるのは、それぞれの社員の能力をしっかりと見極めて、彼らを信用して仕事を任せられるようにマネージメントすること。そして彼らがパチものだったとわかったときには、すぐにクビを切って組織への悪影響を最小限にする冷徹さ、ですね。そうなれるかどうかはわかりませんけど、少しずつそういう経営者を目指して頑張っていきたいですね。

 夢を見るのは自由ですから(笑)。でも夢がないと事業も人生も楽しくないですからね(笑)。ところで市場占有力(シェア)を持つことはどんな事業でも大切です。集まってくる情報量が全然違いますからね。だからとりあえず地域ナンバーワンを目指して頑張りたいですね。その後は地方ナンバーワン、そして全国展開の税理士事務所にしたいですね。そうすれば、いろんな地域に仕事で出張もできますから、楽しくてワクワクするような事務所になってるでしょうね。

 小さく、こぢんまり、は私の性格的に向いてませんが、人間の器量としてそこまでの組織が作れるかどうかは別問題・・(笑)。ま、頑張ります。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1810-a595ef19

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。