税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 経営・ビジネス > 甘っちょろい  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘っちょろい

2013 - 06/09 [Sun] - 00:56

 一人で事業を興して成功しようとするなら、基本的には「個人的な事情」というものはすべて捨て去る覚悟が要ります。たぶん、そのことがわかっていない経営者が世の中にはたくさんいるんだろうと思います。

 中には「社長、事業主になったのだから、自分のやりたい放題、ワガママ放題に事業を行えばいい。誰かに迷惑を掛けることになったとしても、それはしかたがない。それも社長だからこそ許される特権」と思っている人もいるかもしれません。でも、バッサリと言ってしまえば「そんな甘っちょろい考えだから、いつまで経っても成功しないんだ!」ということになります。

 人がひとたび思い立って、覚悟を決めて事業を始めたのなら、その時点で「私」は捨てなきゃいけません。すべて「事業主」「社長」として振る舞うことを心に決めなければなりません。ですから、あなた個人の感情や個人としての事情を事業に持ち込むことなどもってのほかです。

 わかりやすく言えば、歌舞伎の世界で「親の死に目に会えない」というのと一緒です。ええ、つまり、歌舞伎の世界では、自分の舞台を楽しみにしてお金を払ってお客さんがきているのだから、親が死んだからと言って舞台に穴を空けるようなことなど、プロとして絶対に許されない、ということです。

 程度の差こそあれ、事業主・社長だって一緒ですよ。個人的な用事、不幸、催事なんて、全部後回しですよ、当然。自分で事業を興して成功しようと思っているのなら、なんで事業より先に個人的な用事が優先されることがあるでしょう?そんなもの、ありえませんよ、絶対に。

 そんなことを言うと「それじゃ、あまりに非人間的すぎる。もっと人として大切にすべきことがあるんじゃないか?」と反論される方もいると思いますが、だから、それが甘い、というのです。一言で言えば「覚悟が足りない」と言いたいのです。

 そりゃ、個人的な用事を優先して行っていても事業を上手く展開させることができる人もいるでしょう。そういう方は、その溢れる能力でもって事に当たって行かれればよいと思いますが、そういう才能のない人が新たにビジネスで成功を収めようとしたら、今の時代では並大抵のことをやってたんじゃムリ、ということを言いたいんです。「遊びながらでもビジネスで成功できるだろう」と思っているのなら、その程度の覚悟しかないのなら、起業なんて止めたほうがイイ、と言いたいんです。

 常日頃私がこのブログに書いていますように、私は経営コンサルティングや経営アドバイスはしたくないし、できないと思っています。なぜかと言えば、その理由は「事業を成功するも、失敗するも、所詮経営者の能力の範囲におさまる」と思っているからです。ええ、事業を成功させる経営者は、やはりそれなりの覚悟と見識・自制を持って事業を行っているし、いつまで経っても事業が上手く行かない経営者は、そこの部分が決定的に不足しているからです。

 これは外部からアドバイスしてどうなる、と言うレベルの話じゃありません。こういう話は、もはや経営者自身の人間的な資質に負うところが多く、だからこそ経営コンサルティングを行った程度で改善できる話じゃないんです。覚悟を持っていない経営者に、どれほど真剣なアドバイスを行ってもムダです。逆に、本当に覚悟を持って事業にあたっている経営者は、何を言っても相手に響くし、こちらが何を言わなくてもきちんと考えて行動しておられます。

 事業経営って、遊びじゃないんです。遊びだと思っているのなら、家族や周りに迷惑を掛けるだけですから、今すぐ止めたほうがいいです。男が、女が、成功を夢見て命をかけて全身全霊でやるのが事業、ビジネスですよ。そんなもの、自分の個人的な都合や用事をビジネスより優先させたいなんて思っているのなら、事業経営なんて止めたほうがいいです。

 昔から起業する場合には「3年間寝ないで働け」とか「血尿が出るまで働け」とか言われたじゃないですか。最近はそんなことを言う人も少なくなったかも知れませんけど、本質は昔と全然変わってないんですよ。それくらいの覚悟を持ってがむしゃらに働く気がない奴は起業なんかするな、って言うことなんです。

 いや、厳しい事を書いたかも知れませんけど、経営者、事業主っていうのはそれくらいの覚悟を持って仕事にあたらなきゃダメだ、ってことです。もちろん我々税理士だって、多くの場合は事業主、経営者ですから、一緒ですよ。「先生稼業だから、少しくらいこっちの都合を優先させたってお客さんも許してくれる」なんて思ってたら、大甘ですよ、今の時代。

 それは普通のビジネスを経営しているのと同じだけの覚悟を持って、事務所経営・事務所運営を進めていかなきゃいけないんですよ。個人的な事情なんて、ビジネスを経営している以上全部二の次なんです。それが経営者としての「覚悟」ですよ。意味が違うかも知れませんが「無私」がビジネス経営における基本姿勢です。ビジネスが経営者の「人生そのもの」にならなきゃ、成功なんていつまで経っても手に入れられませんよ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1804-8120ffd8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。