税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税務・会計 > 法人税率ランキング  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税率ランキング

2013 - 06/08 [Sat] - 22:23

 ネットを見ていますと、世界各国の法人税率ランキングなる一覧表がありました。

 世界の法人税(法定実効税率)ランキング

 これによりますと、法人税負担率トップはアメリカ。上の方を見ないで「日本はどこだ~?あれ、ないなぁ」なんて思って見直してみますと、なんと2位(笑)。そりゃ法人税負担が高いと批判されるわけだ。

 で、この表を見て税理士として感じたことを二つほど。

 一つは、確かに日本の法人税率、高すぎます。いわゆる先進国と呼ばれる国々が軒並み30%以上の税率ではありますが、世界の趨勢はほぼ25%程度の負担が一般的なように見えます。そのあたりを標準の税率だと考えますと、日本の36.99%というのは、10%も税負担が重いわけです。

 大企業で100億円の税引き前利益を出す企業があるとすれば、税率25%の国の会社なら25億円の法人税負担、一方日本では約37億円の税負担になるわけです。やってることは何も変わらないのに、税金を納める国を選ぶだけで12億円も手元に残るキャッシュが変わってくるのは大きいです。これが10年も続けば、その差は驚くほどになります。

 先ほど「やってることは何も変わらない」と書きましたが、もちろん課税する国から見れば、国としてのサービスの違いが税負担の違いとなって表れる、といいたいところなんでしょうけど、これだけ手元に残ってくる金額に差があるとすれば、納税する側から見れば「その12億円のサービスの差って、何よ?具体的に何が違うのよ?」と逆に訊きたくなるんじゃないでしょうかね。

 それともう一点は、世界の税率を見ていますと、法人に関しては地方税がない国のほうが圧倒的に多いと言うことですね。これは少し驚きました。

 しかし、実際の税務に携わっている私たちから見ますと、地方税の有無もそうなんですけど、地方税の申告を行う意味がわからないんですよね。だって国税と地方税がある場合、納税の主体が一緒であれば一度に申告すればラクに決まってますからね。所得税と個人住民税然り、消費税と地方消費税然りです。それなのに、なぜか法人税だけは、国、都道府県、市町村、と三つ申告書を出さなければなりませんからね。こんなの、一つにまとめりゃいいのに、って単純に思いますね。

 それに世界的に見て、法人の地方税率0%が多い状況を考えてみますと、「じゃあ、なぜ他の国は地方税0%で問題が無いのか?問題なければ日本も0%でいいじゃないか」という疑問を強く感じますよね。もちろん、税制は各国の様々な状況を反映しているものですから、世界的に見て法人地方税率0%が主流であるとしても、日本がそれに従わなければならないことはありません。

 しかし、これだけ各国との税率の差がある現状においては、法人にこんな高額納税を強いるような税制がよいのかどうか、今一度抜本的に見直す必要も在るんじゃないかと思いますね。税制はある意味、長年にわたる既得権益が形を変えて制度としてできあがったようなものです。現在の日本の閉塞感を打ち破るためにも、複雑怪奇で、合理性を失っていると思えるような税金の制度、慣習は修正されてもよいのではないかと強く思いますね。

 ただ、今激しく批判されているアップルの国際租税回避行為などについて言えば、私個人とすれば、実体を伴っていて、違法・仮装行為でない限りは、税率の安い国を利用して税負担の軽減を行うこと自体は全然問題ないと思いますね。

 だって法人、会社って、「利益を得るため」に存在しているわけですからね。ボランティアを行う非営利団体じゃないんですよ。だったら、その活動が経済合理性に基づいて行われるのは、当然だと思いますね。逆に言えば、法人が税金を納めたくないと感じるような税制しか提供できない国にも大きな問題があると思いますね。

 この国際化社会の中では、ただ自国の都合だけによって法人税率を設定するということは、もう許されない時代なんじゃないでしょうかね。もう少し時代が先になって、人も国際的に移動するようになってくれば、所得税もそうならざるを得ないんじゃないでしょうかね。

 そう、そういう個人の居住場所を自由に選択するためにも、日本人は英語を学ばなきゃいけないんです。いつどこで暮らしても不自由ないように、英語を自由に操って、そして自分を一番豊かにしてくれる国を選択して住めるようになることが、これからの日本人には必要なことだと思いますね。

 そうやって日本人に国を捨てられるのがいやなら、国は税率を引き下げて、小さな政府を目指して歳出を縮小した上で良いサービスを維持する努力をすればいいんです。今は「どうせ日本人は海外に逃げない」と思っているから、法人も個人も税率が高いんです。

 個人の人生は個人で選択できないとダメです。今からの少子高齢化、社会福祉改悪の日本に住むという選択だけでは、自ら不幸を選択することにもなりかねません。国もよくそのあたりを考えて税制や社会福祉制度を整えて欲しいですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1803-6681483b

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。