税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 人相 > 橋下市長の額のしわ  

橋下市長の額のしわ

2013 - 05/28 [Tue] - 15:08

 ちょっと最近橋下大阪市長に関する投稿が多くて、申し訳ないな、と思うのですがもう一つ。

 昨日ですか、テレビで橋下市長の顔を見ていて「アレ?」と思ったことを。人相の話です。最近の橋下市長、あるときを境にして、前髪を上げて額を見せるようになりました。理由はよくわかりませんが、人相的には額を見せることは良いこととされています。よく言われているのは「額を見せると上の人からの引きに恵まれる」という効果があるのだとか。

 私自身は、その効果については若干の疑問を持っていますが、ただ、額を上げた顔の印象は、人を大人びてみせることは事実です。そのことによって周りの人から大人扱いされやすいということはあるでしょうね。それよりも、私がいろんな人を見てきて気がつくのは「賢い人は、額を見せている」ということ。

 これには私なりの理由を見出していまして、いろんな難しいことを考えていきますと、パソコンのCPUに負荷をかけると熱くなるのと同じように、頭も熱くなってきます。そこで額の部分に髪が覆い被さっていますと熱が逃げないんですよね。だから頭がクールダウンすることができず、思考も悪くなっちゃうと思うのです。

 だから額の部分に髪がかからないようにしておくと、頭が適度にクールダウンしますので、難しい思考を続けることができるんじゃないかと思っています。あくまで推測ですが。

 ま、橋下市長がなぜ額を見せるようになったのかは不明ですが、多分に周りにいる誰か、例えば観相見のような人から「額を見せた方がいいよ」とアドバイスを受けて、髪を上に上げるようになったのは間違いないと思います。何しろ最近の橋下市長はやたらと針の筵に座らされることが増えましたからね。

 前振りが長くなりましたが、テレビを観て「アレ?」と思ったのは、橋下市長の額のしわ。今まで髪が降りていたので気にならなかったこともありますが、こんな珍しい額のしわをした人、私は初めて見ました。どのようなものかと言えば、こんな感じ。

橋下市長

橋下市長1

 どんなしわかと言えば、二枚目の写真のほうに誇張して書いてみましたが、ものすごくヘンな段がついているのです。彼の額には太いしわが二本ありますが、その二本とも綺麗に平行して段がついているのです。適当な写真がないか調べてみたんですが、見当たりませんでしたので線を書き込んでみましたが、テレビで彼の会見を見ていますと、こういうしわを本当にしているんです。

 確かに顔を歪めるとこのようなしわの形になる人はよくいます。ところが、橋下市長の場合は特に顔を強く歪めなくても、少し顔の表情を動かすとこのようなしわがくっきりと額に出てくるんです。これは本当に珍しいです。

 私の直接の知り合いにこういうしわをした人を見たことがありませんので、残念ながらどういう性格をしているのかコメントすることはできません。しかし、一つ言えることは、額のしわがまっすぐじゃない人は「いい人じゃない」あるいは「心になにかスッキリしないものを持っている」ということです。少々性格にクセがある人であっても、根がいい人であれば額のしわはまっすぐです。

 どれほど善人ヅラしていても、額のしわが曲がっている人は、まず間違いなく性格も歪んでいます。と、いうか曲がった額のしわを持っている人は、最初から善人ヅラしていませんが(笑)。こういうしわ、何を意味しているんでしょうねぇ・・、なんせ初めてなもんでよくわかんないのは事実ですが・・。

 もしかすると、最近の様々なストレス、プレッシャーのせいで、顔の筋肉が歪んできているのかも知れませんね。いわゆる、昔の田中角栄の顔面神経痛みたいなものでしょうか。顔の筋肉のバランスがストレスでおかしくなって、顔の形が歪んじゃうんですよね。

 橋下市長は顔自体が歪むほどではないですが、しかし額には明らかな歪んだしわが表れるようになっています。昔からこういうしわをしていたのかどうかは全く定かではないですが、もし最近このようになったのであれば、相当なストレスに晒されて、彼自身がかなりしんどくなってきていることを意味しているのかも知れません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1792-fc1068a9

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード