税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> パソコン・IT > 今日はタブレットが役に立った  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はタブレットが役に立った

2013 - 05/15 [Wed] - 00:21

 普段客先に出向くときになどはノートパソコンを持参しますが、それほど荷物を持ちたくない時は代わりにNexus7をカバンに入れて持ち歩きます。

 今日は夕方からサラリーマン時代の半年に一度のOB会がありましたので、万が一のことに備えてNexus7とポケットWiFiをカバンに入れて出かけました。ビールを飲みながらお爺さん連中と昔話などに話を咲かせていると、「ピロピロ・・」とiPhoneから050plusの呼び出し音が聞こえてきます。

 相手先名を見ると、お客さん・・。なんの用事だろう、と思って電話に出ますと「この間の決算書の、ここと、ここの数字がわからない!教えて!」とのこと。結構急いでいるようですが、そんな話、酒の席でされても・・(笑)。ま、しかし「わかりました。ちょっとだけ時間下さい。すぐ調べて折り返しますから」と答えました。

 そして一緒にいた人達に「すみません、ちょっと仕事します」と言って、お店の外に。今日は神戸ハーバーランドでの飲み会でしたので、お店から少し歩けばすぐ港に出られます。新しく「Umie」という商業施設が開業したからか、界隈は若いお客さんが多いです。

 今日の神戸港は天気もよくて、まだ明るく、海風が心地よいです。カップルで賑わう港で、私は持ってきたタブレットをおもむろにカバンから取り出しまして、事務所のパソコンをリモート操作します。神戸港はWiMAXの接続状況もよく、050plusでもリモートでもメチャクチャスムースです。

 ま、7インチのタブレットでは画面が小さいですが、それでもこういう緊急時にリモート操作して弥生会計のデータを見るくらいなら十分。お客さんからの質問内容を画面で確認して、んで、電話をお客さんにかけます。データを見ながら話していますと、お客さんが私に訊きたかった内容もよくわかります。結局のところ、私がお客さんに渡した申告書と決算資料をお客さんがしまい込んでしまっていたために、外部から質問された内容にお客さんが適切に答えられなかった、と言うことだったようです(笑)。

 一件落着したと思って、お店に帰り、またビールを飲んで談笑していますと、もう一度そのお客さんから電話が。「悪いんですけど、こことここの元帳をファックスしてくれませんか?」とのこと。うーん、残念ながらファックスはムリだなぁ、と思いましたが、「そうだ、メールならすぐ送れるじゃない!」と思い、「また仕事してきます」と同席者に伝えて、港へ(笑)。

 港のベンチに座りながら「メールでならすぐ元帳送れますけど?」とお客さんに聞きましたが、残念ながら相手が手元にパソコンがないのであえなく断念。「じゃあ、明日ファックスしておきます」という話になって、この件は終わりとなりまして、再びお店に。

 その後和やかに宴会は続きまして、そして散会。平均年齢が70歳弱、ほとんどが年金生活者の集まりですから、二次会はありません(笑)。私も電車に乗って帰ってきましたが、その電車の中でパソコンを開いて仕事をしているサラリーマンを見かけました。

 「ふーん、電車で仕事か。がんばってるな」と思っていたのですが、ふと「そうだ、俺も酒飲んで忘れちゃいけないから、明日ファックスする元帳を印刷しておこう」と思い立ち、カバンからタブレットを取り出します。んで、またまた事務所のパソコンに接続してリモート操作し、必要な勘定科目の元帳を印刷!おお、便利だ!(笑)電車の中から元帳印刷ができるとは。うん、WiMAXの電車内での接続も問題なし。

 でも、明日ファックスするのもなんとなくめんどくさくなったので、結局事務所に立ち寄ります(笑)。「じゃ、ファックスでも送っておくか」と思って、プリンタに出力された元帳を見ますと、罫線が入っていないという残念なオチ(笑)。「なんだよ、せっかく電車から印刷したのに」と悔しがりながら、結局もう一度元帳を印刷して客先にファックス。ふう、今日の仕事はこれで終わり。

 ま、色々ありましたけれども、最近こうやってタブレットを使うことが増えました。あくまでノートパソコンを持ち歩けない場合の緊急避難策ですが、今回のように外出先で急な問い合わせがあっても、とりあえずすぐに対応はできます。街中ならWiMAXもよくつながるので、ほぼ問題なく050plusでの通話や、リモート操作もスムースに行えます。

 いまはそういうスピーディな対応が求められる時代ですからね。私もお客さんからの問い合わせや要望にはすぐに応えたいと思っていますので、そういう場面ではタブレットもなかなか有効です。確かに7インチでは画面が小さいな、と思わなくもないですが、持ち運びはラクですからね。

 時代が変わって、ビジネスツールが変われば、私たち税理士だって仕事のやり方は変えなきゃしょうがありません。そういう意味でも、今日はタブレットがとても役に立ったなぁ、と思った1日でしたねぇ。もっともっとITツールを活用して、お客さんのいろんな要望に素速く対応し、そしてお客さんに喜んでもらいたいですね。

 でも、今日もハッキリと実感しましたけど、タブレットはアンドロイドOSで十分です(笑)。値段の高いウィンドウズOSのタブレットを買って持ち歩く必要性、ゼロです。リモート操作さえできれば、2万円弱の手頃なアンドロイドタブレットでなんの問題もありません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1777-393ca563

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。