税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 国税OBの事件あれこれ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国税OBの事件あれこれ

2013 - 05/13 [Mon] - 19:49

 今日のニュースを見ていますと、少し前に逮捕された西宮在住のOB税理士がホストクラブ経営者に対して脱税指南を行ったとして再逮捕されたニュースが報じられていました。これに関連してネットを調べていますと、同じく国税OBだった人物が、納税代行を行うと騙し、納税額670万円を詐取していた記事も見つけました。

 国税OBが広告代理店に納税代行持ちかけ670万円詐取 大阪府警

 こちらの事件のOBは、記事によれば6年程度しか税務署勤務していなかったので税理士資格を持つこともできなかったようで、経営コンサルタント(たぶん、ほぼ間違いなく税務全般をみる、ニセ税理士と同意)として事業者と関与し、そして税務にかかわることで報酬を得ていたのでしょう。

 まあ、それにしても顧客の納税資金を着服するだなんて、もうそんな、弁護士さんがやりそうなことはやらないでくださいよ(笑)。私たちだって少額の納税資金を預かることはありますが、そんな何百万円という納税資金を預かるなんて、おっかなくってやりませんし、できませんよ。そもそも納税資金を預かる、ってところが怪しいです。依頼者も疑わなくっちゃ。だって今回の事件ではニセ税理士なんですから。もちろんこういう輩は、顧客に対して「俺はOB税理士だ」とウソついてる可能性も高いですが。

 普通は万が一のリスクを避ける目的もあって、よほどの緊急性がない限り、納税は依頼者本人にしてもらうと思います。ですから、一時を争うワケでもないのに、税理士(あるいはニセ税理士や経営コンサルタント)が「私が代わりに納税しておきますから、小切手切ってくれませんか?」なんて持ちかけてきたら、「こいつ、俺を騙してカネを取り込むつもりだな」と思って間違いないです。ご注意ください。

 それにしても、国税OBたち、なかなかいろいろと悪いことをやりますねぇ。なんででしょうね。もちろん試験組OBもやるときはやると思いますが、OBさん達はやることが結構派手に見えるんですよねぇ。OB税理士、という元公務員が犯罪を犯すため、世間の目が厳しいから目立っているだけだ、という理由もあるとは思いますが。

 でも、どうでしょう、私たち試験組税理士は、それなりに仕事をやっていると、自分の意識の中で「確かに試験には受かっているけど、税務署OBのように税務のすべてについて、国税内での取扱いを知っているわけではない」という、ある種の謙虚さ、思慮深さも出てくるように思うのです。でもOBさんの場合は、その名の通り「OB」ですから、「税務の取扱について、俺はなんでも知っている」という自信をお持ちなんじゃないかな、と思ったりするわけです。

 その自信がヘンな方向に向かうと、「俺は税務についてなんでも知っている」「税務署での取扱はすべて知っている」「俺の知識を使えば、絶対にバレない脱税ができる」と思い込めてしまうんじゃないかぁ、と思うわけです。そう思い込んで暴走を始めてしまうと、どんどんやることがエスカレートしてきてしまい、気がついたら逮捕されるような事件に発展してしまっていた、ということになっちゃうんじゃないかと思うのです。

 もちろんヘンな自信を持つのは試験税理士や、院卒税理士だって一緒だと思います。ですから、そのような勘違いした言動を取らないようにくれぐれも自制したいとは思いますが、最近国税OBさん達の大胆な犯罪が目立つものですから、少しOBさん達は考え方が違うのかな、なんてことを考えてしまいましたねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1774-7ba71b19

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。