税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 社会・経済 > 年金制度は抜本的に見直さない  

年金制度は抜本的に見直さない

2013 - 05/11 [Sat] - 19:53

 今日のニュースを見ていますと、安倍政権としては年金制度の抜本的な見直しは行わず、いまの制度を変えないのだとか。厚労大臣のスピーチによれば「アベノミクスでものすごく運用益が出るはず。だからいまの制度で問題ない。もし問題があるのなら5年に一回の見直し時に見直せばよい」とのこと。

 ・・はあ?ホンマかいな、そりゃ。自民党に言わせれば、要するに「運用益がでて儲かってりゃ、それで文句ないんとちゃうの?」ということのようですね。でも、実際の話をすれば、確か田中角栄の頃からずーっと年金の運用状況って儲かった状況にはないんですよね?確か。

 もしそれが本当なのだとすれば、きっと莫大な運用益を得ていたであろうバブルの頃も全然潤ってなかったってことですよね?小泉総理時代にも全然儲かっていなかったみたいですしね。だったら、いまのアベノミクスで多少株が上がって、運用益が上がったくらいじゃ、全然安心できるレベルじゃないんじゃないの?

 年金の問題って、別にいま現在の運用が良いとか悪いとか、そんな瞬間々で判断する話じゃないんですよね。これから本格的に団塊の世代が年金受給者に入っていくわけですから、将来の制度維持ができるかどうかが大切なんですよね。そもそも原資が足りないといわれているからこそ、毎年保険料が上がり続け、しかも消費税もそこに充てようとして増税するんでしょう?それが現実なのに。本当に運用状況が良くって、安心できる状況なら、保険料上げるの止めてくれよ。消費税も上げるの止めろよ。

 少し円が下がって株が上がった程度の話で「制度見直しは不要」ですって?だったらなんのために消費税を上げて、マイナンバー制度を導入するの?ずっと前のブログ(「皆さんこんな社会保険制度によく我慢できますね。」)にも書きましたけど、そもそもいまの日本の社会保険制度ってめちゃくちゃなんですよね。私はそれを抜本的に見直すためにいろんな制度改革や消費税増税をやるんだと思っていましたが、結局何も手を付けないと時の政権に言い切られちゃうと、ガックリ来ちゃいますね。

 この安倍政権の方針に対して、民主党が文句を言っているようですけど、ま、とりあえず民主党は黙っといて欲しいですね(笑)。とにかく政権につく前に自民党政権に対して文句ばっかり言って「あれもやる、これもやる」と言ってたくせに、何一つできなかったんですから。政権から降りても、相変わらず文句言うだけなら、民主党の発言は一切聞く必要が無いです。

 でも、いくら経済が上向きかけてきているからといっても、年金・社会保障に手を付けなくてイイ、とは・・。これで社会保障制度の改革がまた先送りされるのなら、安倍政権だって「なにやってんだよ!」って話ですよねぇ。たったこの半年間の運用状況がいいからといって、将来のために見直さなくていい、5年後に見直せばいい、などと暢気なことを言う、その危機感の無さに驚きますね。

 あ~あ、自民党になっても社会保障は結局そのままか・・。民主党のほうが左翼的政権だったので本当は社会保障制度を真っ先に見直すと思ったのに、結局はあの体たらくでしたからねぇ。自民党が民主党より積極的でないことはなんとなく思っていましたが、実際に「変える必要なし」と明言されちゃうとなぁ・・。

 もしかすると、抜本的な制度見直しをしないで、ただ徴収面を厳しくするためだけにマイナンバー制度や消費税増税を導入するつもりかなぁ?だとしたら、バッカみたいな話。こんなの国民は文句言わなきゃダメですよ、ホントに。これからの時代、間違いなく支える側の人口が減って、支えられる側の人口が増えるんですから、今のままでは現役世代が大変な目をすることは間違いないんですからね。

 65歳定年延長になって、年金制度の抜本見直しはナシ、・・か。いま20歳くらいの人は、定年を迎えるまでの間、ロクなことないねぇ・・。しかも制度がフェアじゃないから、社会保険料を払わない人は全然払わないし、サラリーマンで取られる人だけがガンガン取られるという・・。本当に可哀想に・・。ま、いま60歳前後の政治家に頼んだって社会保障制度はよくならないわね。だって自分達はカンケーないんだもの。「後は野となれ、山となれ」でしょうね、本心は。

 だれか社会保障制度をフェアで合理的なものに本気で変えようと取り組む人はいないんですかね?「ミスター年金」なんて呼ばれていた民主党の議員があの程度だったんだから、そりゃムリか・・。若者にとっては、楽しくない時代がこれからの30~40年程度続きそうですね・・。住民税と同じように、前年の所得額に応じて社会保険料を決めれば簡単にフェアな制度ができそうなのに。そうもいかないものなの?なんでそういかないの?

 要するに制度切り替えが複雑すぎて手をつけれないんでしょうね、実際の話としては。私たちだって、年金はちゃんともらえることなんて期待してませんけど、もうちょっと何とかする方法はないんですかね?偉い学者達はいいアイデア持ってないの?持ってないのなら学者なんて辞めちまえ、この給料泥棒が!

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1772-17136cfa

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード