税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 健康 > 一生懸命筋トレ  

一生懸命筋トレ

2013 - 05/11 [Sat] - 18:34

 筋トレの話はいままでもこのブログに何度も書いてきましたが、またまた筋トレの話です。

 歯磨き同様、筋トレも一時期一生懸命やっても、少し時間が経つとめんどくさくなって一生懸命やらなくなっちゃいます(笑)。その最大の理由は「しんどいから」。一般的に筋トレって、「自分の最大限の力を入れることができるような負荷(重り)を使ってトレーニング」するじゃないですか。結局その「重いものを全力の力を使って動かす」ってことが「しんどい」んですよねぇ。

 筋トレ、って確かに筋肉を鍛えるわけですが、私たちの世代の筋トレの場合は、少なからず「容姿改善」的な目的もあるわけですよね。だから、重いものを全力で持ち上げたり動かしたりと、ものすごく危険でしんどいことをやっている割に、見た目にあまり効果が感じられなくなったらやる気がなくなっちゃうんです。

 最初のうちは「よーし、がんばるぞ!」と張り切るわけですが、1ヶ月、2ヶ月と続けてやっても大して効果が実感できなければ、つまり体のいろんな箇所のサイズや見た目が変わらなければ、それ以上続けるモチベーションを維持できなくなっちゃうんです。

 で、今回はそこに着目しまして、トレーニングの方法を変えました。今回やっている筋トレでは、ウェイトや重りは全く使いません。まあ、昔からありますけど「アイソメトリック」という手法ですよね。ただこのやり方は実際に体を動かして鍛えるわけではありませんから、運動選手の筋トレとしては役に立たないと言われています。いわゆる、「見た目だけの筋トレ」ですね。ボディビルダーの筋肉みたいなものです。

 でも、私にはそれで十分なんですよね。だって今からスポーツ選手になるわけじゃないですから(笑)。どちらかと言えば、健康のため、そして若々しくて健康的な体型を維持するために筋トレをしたいだけなんですから、どうせ筋トレをやるのなら、危険でしんどくて、お金も場所もかかる筋トレをやるより、ものすごく手軽にできるアイソメトリックによる筋トレを行う方が長く続けられるし、理にかなっていると思ったんです。

 そもそも、ウェイトを使うトレーニングだって、必ず「力を入れている筋肉を意識しろ!」と言いますよね?あれ、結局のところ、「力を入れている筋肉に意識を集中させるからこそ、その部位の筋肉の損傷と再生が行われやすくなり、筋肉が肥大する」ということだと思うんですよね。でも、だったら、逆に言えば「筋肉に意識を集中させて力を込めることができれば、ウエイトを使う必要などないんじゃないか?」ってことになるわけです。

 そう考えてみれば、そもそもウエイトを使う目的って「いまここの筋肉に力が入ってるぞ~」と意識させるためなんですよね。自分が持てるギリギリのウェイトを使ってトレーニングする目的も、重いウェイトを使ってトレーニングする方が、筋肉により意識を集中させやすいからだと私は思うんですよね。

 だったら、別にウェイトなんて使わなくてもいいんですよね、きちんと力が入っている筋肉に意識を集中させることさえできれば。だって「いま俺は50㎏のウェイトを持っている」と信じ込み、意識を集中させてグーっと力を込めることができれば、50㎏のウェイトを持っているのと同じ筋力トレーニングができるわけです。それも全く怪我の心配もなく。

 要するに「意識」の問題だと思うんです、筋トレって。そう考えれば、最も安全で効果的な筋トレって、アイソメトリックじゃないかなぁ、ということに思い至ったわけです。ですから、アイソメトリックを行うときのポイントは、「実際にはウェイトを使っていないにもかかわらず、『いかにものすごく重いウェイトを使ってトレーニングしているか』と頭と筋肉に思い込ませることができるか」ってことだと思うんです。

 と、いうことで、始めだしてからもう2ヶ月以上経ちますけど、これは本当に楽なトレーニングですよ。仕事しながらでも、車の中でも、電車の中でも、トイレの中でも、本当にどこででもできますからね。要は「意識して、力を込める」ことができれば良いだけのことですからね。しかもトレーニング時間は短時間。重いウェイトを持って「1セット30回、それをインターバル置いて3セット」なんてやらなくていいわけですからね。

 ただ、本当に大切なのは「意識」です。例えば上腕筋を鍛えるために、仕事机を持ち上げるトレーニングをするとしましょう。この場合、もし片手で軽く動かせる机だとしても、そこで実際に動かしちゃダメなんです。大切なことは「この机は200㎏あって、とてもじゃないけど動かない」と思い込んで、上腕筋に全力を込めることなんです。

 つまり、アイソメトリックは「エア・トレーニング」あるいは「想像筋トレ」「妄想筋トレ」なんです(笑)。その想像力を働かせて、がんばらないとほとんど意味ないです(笑)。だから普通は「リアルに」ウェイトを持ってトレーニングするんです。だってそうすれば「重さを想像する」必要が無いから(笑)。

 「妄想筋トレ」なんですから、どんな筋トレをするにしても、「いかに筋肉に負荷をかけることができるか」が大切なんでしょうね。ま、夏場に向けて服が薄くなっていきますので、がんばって少しでもマシな姿を皆さんにお見せすることができるよう、がんばってトレーニングに励みたいと思います(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1771-8fe39f23

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード