税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> パソコン・IT > 弥生会計、なぜ消費税区分をすぐ入力できない?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生会計、なぜ消費税区分をすぐ入力できない?

2013 - 04/27 [Sat] - 13:05

 ああ、前回弥生会計の問題点を書いたもんですから、ついでに。

 弥生会計を仕事に使っている税理士さんって、今の時代ならものすごく多いと思うんですが、たぶんほぼ全員の税理士さんが不満に思っていることってありますよね。それは「カーソルが消費税区分に行かないこと」。

 私たちが仕事を行っている際には、消費税の区分をいじる処理がものすごく多いにもかかわらず、弥生会計では消費税はなぜかデフォルトではカーソルがその部分に移動してくれません。仕訳入力の際も、また仕訳修正の際も。これ、なんででしょうね?

 私が知らないだけだったらちょっと恥ずかしいのですが(笑)、でも新しい弥生のバージョンが出るたびに「新しいのでは消費税にカーソル動くようになっているかなぁ?」と期待しながら使って、ことごとく裏切られ続けていますので、昔からここだけは変わっていないと思います(笑)。

 昔(10数年ほど前)の弥生会計は、「素人の使う、イマイチ信用性の低い会計ソフト」という雰囲気もありましたので、消費税区分にカーソルが移動しないのも、「素人は消費税区分などいじる必要性が低いから」という理由があるからだろう、という感じでなんとなく理解していました。また、一般ユーザーがウィンドウズを利用し始めた頃、という時代的な背景もあって「マウスを使った操作をさせるプログラムがお洒落!」という意識がどこかにあったことも有るのだと思います。

 しかし、いまでは税理士事務所でも弥生会計はものすごくポピュラーに使われていますから、もうその「素人相手」に消費税区分のカーソルをすっ飛ばす必要性はないと思うんですよね。むしろ、我々プロを相手に使うプログラムとして製品を作るのであれば、やはり消費税区分は必ずカーソルが移動して、いつでもすぐに修正処理ができるようになっていて欲しいのです。いまのように、修正をおこなうたびにいちいちマウスで消費税区分をクリックしなければ修正ができない、なんてめんどくさくて仕方ありません。できる限りすべての処理がキーボードで完結できる方がうれしいのです。

 特に自計化して、関与先が入力してくれているデータを事務所でまとめてチェックして消費税区分を修正するような作業の場合には、いまのプログラムの設定では本当に困っちゃうんですよね。なので、弥生さん、もうそろそろこの使いにくい消費税区分入力をなんとか直してもらえませんかねぇ?もうこれだけプロが弥生を使う時代、しかも素人さんだってパソコンを使いこなせる時代なんですから、ぜひ考えてもらえませんかねぇ?

 よろしくお願いしますよぉ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1757-a77fab34

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。