税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 今日の検索ワードから 25年4月19日版  

今日の検索ワードから 25年4月19日版

2013 - 04/19 [Fri] - 23:44

 昨日に続きまして、今日の検索ワードに対して連発して短くいってみましょうか。

「補助税理士」
なぜこんなものがあるのか、私には理解に苦しむものですね。

「経営コンサルタントとは」
さあ、無責任に上から目線で他人の事業に口を挟んで、高い金をぼったくっていく、あまり信用できない人達という印象が強いです。

「補助税理士 年収」
さあ、ピンキリじゃないですか?月20万円くらいでこき使われている人もいるでしょうし、優雅なお給料をもらっている人もいるんじゃないでしょうか?実態は全然知りません。

「出世したくない」
したくないのならどうぞ。そんな余裕をかましてられるのも若いうちだけです。40歳過ぎて泣かないですめばいいですね。社会に出たら責任を取ってナンボです。責任を取れない人は出世しないし、当然稼げません。

「医師国民健康保険 社保より損」
医師国保、高いですよねぇ。なんででしょ?

「相続税がかからない場合、所得税はかせられるか」
書いている意味がイマイチ分からないんですけど、相続で取得した財産に関してならば、相続税が課税されなければ所得税も課税されません。相続税と所得税は全然別の税金です。相続税は「相続によって棚ぼたで財産を取得した場合にかかる税金」、所得税は「なにかをして自分で稼いだ利益に対して課税される税金」ですから全然性格が違います。ひとつの出来事に相続税と所得税が同時に課税されることはないです。

「税理士 人脈」
大事でしょうねぇ。

「税理士 こまった顧客」
いますよねぇ、時々(笑)。

「会計事務所の顧問先は零細」
『会計事務所』って『税理士事務所』という意味ですか?『会計事務所』は公認会計士が経営する事務所、『税理士事務所』は税理士が経営する事務所です。昔は税理士も「会計事務所」と自分の事務所を呼んでいましたが、一時期から「税理士事務所」と呼ぶように公式に変更されました、確か。だから「会計事務所」と名乗る税理士さんは昔の税理士さん、「税理士事務所」と名乗る税理士は比較的最近の税理士さんです。

「健康ネックレス 効果」
ないでしょうね、科学的・医学的には。医学的に証明されていれば、医師が治療器具として患者に購入させるでしょうね。

「民主商工会 評判」
さあねぇ、事業者として成功したかったら加入しないことをお薦めします。世の中を僻んで、金持ちに歪んだ感情を持って商売をしたってロクなことないでしょ。

「相続税は二重課税」
所得税を課税された残りの財産に対して相続税を課税するので、確かにそういう側面はありますよね。ただ、機会の平等を掲げる社会を作るためには、生まれ育った家によって最初から激しい格差が生じないためにも、大金持ちが死んだ時点である程度の資産を相続税によって没収する仕組みはあってもよいように思います。

「自分のことを棚に上げる」
一番イヤなヤツですね(笑)。なんでも他人のせいにして、自分は絶対に責任を取ろうとしない、謝ろうとしないヤツ、確かにいます。そういうヤツと一緒にいると、ホントむかつきます(笑)。私が一番嫌いなタイプのひとつですね。「ゴチャゴチャいわねぇで、さっさと謝れ」と言いたくなります。

「補助税理士 事業所得」
補助税理士は自分で申告書にハンコを押したりする税理士業を行うことができないので、税理士業に関する事業所得は絶対に発生しませんね。もちろん他の事業を行っているのなら、事業所得が発生しても不思議ではありません。

「お酒の安売りは儲かるの」
儲からなきゃやりません(笑)。普通、大手小売業者にはメーカーがボリュームディスカウント、バックマージンや大量の商品抱き合わせ提供などをしてくれるので、安売りしても儲かっているはずです。

「オーバーホール代が高くて使ってない」
機械時計の話だと思いますけど、分かります(笑)。それでもきちんとメンテに出して使ってあげて下さい。使わなければ時計が泣いてます。ものは使ってナンボです。

「社員税理士とは」
確か、税理士法人の出資者(経営者)の税理士をこう呼んでいるはずです。「社員」と言っても、いわゆる一般企業で言う「社員」とは違います。合名会社、合資会社などでは、出資者のことを「社員」と言いますよね、確か。税理士法人に就職して働いている、いわゆる普通の会社で「社員」に相当する税理士は「補助税理士」と呼ばれます。

「沖縄独立」
やりたきゃ、勝手にやればいいです。どうせ中国に侵略されてより不自由な生活を強いられるだけ。それを沖縄県民が選択するなら、ご自由にどうぞ、という感じ。いつまでも被害者意識だけを持ってゴねてばかりいると、本土の人間もだんだん相手にしたくなくなります。

「アウンサンスーチー 反日」
そうだそうですね。ま、よく分からない人ですわ、あの人も。

「一生食える資格」
ねえ!(笑)

「事務所が二箇所ある税理士」
今どきなんでダメなのか、理解に苦しみます。全くバカバカしい規定。

「北朝鮮は核をもっているのか」
さあ、知りません。持っているかも知れないし、持ってないかも知れません。

「左翼 経営力なし」
そりゃ、ないでしょうね。だって自分のことは棚に上げて文句ばかり言う連中ですから、事業経営などという、自分で責任を取って、多くの人の利害を調整しながら何かを行うようなことができるはずありません。

「年寄りの自慢話きらい」
私も大嫌いです(笑)。

「政府は尖閣問題より東北の復興でしょう?」
それはケースバイケースですね。東北の復興がなによりも最優先課題であるべきだとは思いません。

「歌舞伎役者は売春」
ちょっと意味分かりませんけど(笑)、男なんですから「売春」はできないでしょう(笑)。ま、男芸者だとは思いますよ。女性の谷町にせがまれれば前を、男性の谷町にせがまれれば後ろを貸すんでしょうねぇ。

「歳をとったと思うときは?」
なるほど。これはですねぇ、頭に白髪が生えたときよりも、鏡で自分の体をみたときに、胸やお腹にお爺さんのような皮フのたるみ(しわ)を見たときですね。カラダの肌の衰えは、ほんとうに年齢を感じますね。

「民主党を離党する奴」
ただの日和見主義者で、全然信用できません。民主党が人気があると思えば民主党に入り、民主党の人気がなくなったと思えば出ていくのですから、そこには政治的なポリシーなどありません。

「税務調査の立会は税理士でなくてもよいか」
表向きには「ノー」ですが、実際には様々な団体に所属しているケースなどではその団体の関係者が立ち会いますよね。例えば部落解放同盟などでは、その関係者が税務調査に立ち会いますね。税理士よりも、税務署に対してある意味ずっと強いプレッシャーをかけられますね(笑)。

「税理士が税理士を訴える」
そういう世の中にならないことを願っていますが、実際は「税理士が税理士を訴える」のではなく、「新しい税理士にそそのかされて、依頼者が前の税理士のミスのせいで被った損失について前の税理士を訴える」のではないかと思います。「税理士が税理士を訴えて」もあまり意味ないような気はします・・。

「税理士試験科目合格一発は難しいか」
科目合格を一回の試験で達成させることは、それほど難しいことではないでしょう。真面目に勉強していれば合格率30%程度の試験ですからね。と、言っても70%は落ちるわけですから、決して簡単な試験ではないです(笑)。

「経験なくて儲けれる資格」
そんなのないでしょ(笑)。あったら教えて下さい(笑)。

「老齢過ぎる税理士」
すぐにでも契約を解除しましょう(笑)。全然役に立ちませんから。そんなの、この世界にいれば誰もが感じている暗黙の常識です。私もいつかそうなるでしょうから、そのときは潔く引退するようにしたいです。

「資格をとり人生がかわりました」
そりゃ少なからず誰でもそうでしょうね。私も人生変わっています、良い方向か悪い方向かは別にして(笑)。

「退職後の資格取得」
やめときなはれ(笑)。そんな超遅咲きの有資格者に間違って相談してしまった依頼者の気持ちも考えてみて下さい。

「飯が食える資格」
なんでも飯は食えますよ。ただ始める年齢が大切です。

「高い財布」
お金持ちならいくらでも買って下さい。普通の人は高い財布なんか買って散財しないで下さい(笑)。

「100万クラスの腕時計」
なんにしても、普通の人が買うべき代物ではないです。お金持ちが持ってこそ、生きるものです。

「CPUクーラー 爪が折れた」
ちゃんとパーツ売ってますので、大丈夫、修理できます。ネットで検索してみて下さい。

「それは俺の仕事じゃない」
一度私も言ってみたいです、こういうセリフ(笑)。いや、やっぱり言えませんね、よほど相手がケンカ売ってきているケース以外は(笑)。ホントに腹立ったら、わたし、口喧嘩なら誰にも負けまへんで(笑)。でもホントに腹立つことが全然ない・・、平和な日常です(笑)。

「オリスの時計の評判」
さぁね、そんな他人の評判を気にするようなら、オリスなんか買わない方がイイですよ(笑)。もうちょっとお金貯めて、他人の評判なんかいちいち気にしないですむレベルの時計を買いましょう(笑)。ハッキリ言います、「オリスは二流、三流」です。そんなもん、やめときなはれ。だって機械時計をなんのために買いたいんですか?「ただ単に械時計が欲しいから」?ウソでしょ。「ブランドものの機械時計を買ってリッチでお洒落な人と思われたいから」でしょ?じゃあ、オリスという選択はありえないでしょう。

「トラボルタ 歌 うまい」
いや、ホントうまいですよねぇ(笑)。なかなかあの声質を持っている人はいません。

「憲法9条 改正 反対」
なんで反対なのか、その理由を知りたいです。左翼的思想立脚したお花畑理論、人類超性善説(=「話し合えば必ずお互いに分かるはず」「話し合いではなく力で問題を解決しようとする奴はバカで野蛮」と左翼が必ず吐くセリフ)は聞き飽きたのでもう聞きたくありません(笑)。

「携帯 2台持ち めんどくさい」
めんどくさいよぉ(笑)。

「税務署にやられました」
お気の毒様です(笑)。

ふぅ・・、今日もたくさんありましたね。だって毎日数百の検索ワードがありますからね。ホントいつも多くの方にアクセスいただいて感謝してます。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1751-60eec6bc

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード