税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 遺伝子組み換え食品を食べ続けると…  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子組み換え食品を食べ続けると…

2013 - 04/10 [Wed] - 13:38

 ネットのニュースで見つけた記事です。

 遺伝子組み換え食品を食べ続けると…

 なんでも、遺伝子組み換えのエサを与え続けたラットには大きな腫瘍ができたのだとか。だからこの記事を書いた方は「毒を食べている」といった表現を使います。そのことが本当なのか、ウソなのか、わたしには分かりません。信頼できる日本の第三者機関が同様のテストをして検証して欲しいもんだと思います。

 遺伝子組み換え食品、わたしは基本的に好きじゃありません。その理由は、やはり「自然じゃない」からです。わたしは物事何でもそうなんですけど、「自然にはそんなものはない。自然ではそんなことはしない」というものは好きじゃありません。物事の考え方でも、食べ物でも、行動でも、何でもそうです。

 自然界に存在しないものを人工的に作り出せる技術を現代の人類は持っているわけですが、やはり自然ではないことを行うと、どこかに問題を生じるんだと思います。クローン羊、クローン牛なんてものもいましたが、あれにしたって病気になる確率(ガンだったかな?)が高くて、長生きしなかったのだとか。そりゃ自然に生まれたワケじゃないんだから、そういうことになるのも当然じゃないかと思ったりするわけです。

 だから遺伝子組み換えの食物も信用してません。どういうからくりで体に問題を引き起こすのか、あるいは何の問題もないのか、そりゃわたしの頭じゃ分かりませんけど、とにかく「自然界にない食物」だから食べたくない、それだけの理由です。

 このネットの記事にあるように、食べ続けることでガンになるのかどうかは分かりません。そういう実験データもあるのかも知れませんけど、しかしそれだって「お肉だけを食べ続ければ大腸がんになりやすい」というのと同じような話かも知れませんので、客観的で冷静な比較実験が必要だと思います。そもそも遺伝子を組み換えた農産物を食べるとなぜガンになるのか、そのメカニズムを説明してもらえないと何ともいいようがありません。

 でも、できるだけ食べるのは避けたいですね。といっても既にもうかなりの遺伝子組み換えトウモロコシや大豆、そしてジャガイモをわたしも食べていると思います。ファーストフードチェーン店で、安い居酒屋で、そしてスナック菓子などで・・。もうそれを100%避けることは現実的には難しいと思っています。

 このネット記事のビデオなどでは、遺伝子組み換え食品を原発と同列で人類にとっての恐怖として扱っています。そこまで凄いものなのかどうかは知るよしもありませんが、左翼が多いフランスであればそうやって過激に叫んでいる人達も多いのかも知れません。

 私自身が問題の大きさを理解していないので、「よくわかんないけどとりあえず反対」と声高に主張することはしませんけど、当然こういうビデオや情報を見た人の中には「うわ、恐っ!遺伝子組み換え食品なんてとんでもない!」と思う方もおられると思います。

 だったら、輸入食品を一切購入したり食べないことが一番ですね。どれだけコストがかかっても、自分の目の行き届いた範囲で安全に作られている食品だけを購入して、あるいは自分で作って食べるしかありませんよね。スーパーで購入する農産物は日本産を選ぶ人が多いと思いますが、だったら飲食店で食べるものやスナック菓子なども国産材料を使っているかどうかをチェックしなきゃいけませんよね。

 しかし、そこまで徹底できるでしょうか?文句を言う人は、原発でもなんでもすぐ文句言いますが、ご自分がその恩恵を受けたり、おいしいと食べていたうちの一人であれば、声高に「反対!」と叫ぶだけじゃだめだろう、って気もするんですよねぇ・・。まず、原発や輸入食材に頼らざるを得ないという、日本人の生活スタイルそのものに対する見直しが先なんじゃないかな、と思うんですよね。

 だって単純にいえば、原発や輸入食材などがなかった時代のエネルギー消費量、食事の量、コスト負担、農業のあり方、等々に戻ればそれらと無縁でいられるわけですからね。でも、それができるの?って話じゃないですか。自分達でできもしないのに、他人や社会に対して「反対!」と叫ぶだけじゃ、そんなものなんの問題解決にもなりません。

 クラウドだのスマホ、タブレット、などと世の中がデジタル化されてサービスが高度化され、電力の消費量はますます増えるといわれて、そのサービスをどっぷりと享受・消費している人達が、果たして単純に「原発反対」と叫ぶことはどうなんでしょうか?文句を言う人達も、結構無責任なんですよね、自分のことは「さておき」過ぎに思えるんですよね。

 同じように、どうですかねぇ、遺伝子組み換え食品。わたしはできるだけ遠ざけたいと思っていますが、現状では100%フリーで暮らすことはもうムリでしょうね。この記事のように、この食品の「毒」によって、私たちの寿命が縮められていくのかも知れませんね。

 どうします?「高い!」「めんどくさい!」と文句言わないで安全な国産農産物を食べますか?できますか?(笑)もし、できるのなら、そういう方向に生活スタイルをシフトさせていくのがいいんじゃないでしょうかねぇ・・?

 わたしは・・、そんなのムリだと思いますね・・。どーせ、みんな口だけでしょ(笑)。「遺伝子組み換え食品なんてとんでもない!そんなの絶対イヤ!」とか言いながら、格安居酒屋店でどこで作って加工されたか分からない食べ物を食べて、遺伝子組み換え技術で作られた原材料で仕込んだお酒を飲んで騒いでいるんじゃないですか?(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1735-98878e56

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。