税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 思わず笑ってしまった話  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わず笑ってしまった話

2013 - 03/19 [Tue] - 12:28

 今日は少し笑ってしまった話を。

 扶養家族の所得をちゃんと報告しなかったことを税務署から指摘されて年末調整をやり直す、ってこと、時々あるじゃないですかぁ。特にお子さんが遠方に下宿してアルバイトしていた場合なんかは、いちいち親御さんにアルバイトの収入額なんか報告しませんから引っかかるケースが多いですよね。

 うちの関与先でもひとつ、このたびは奥さんの収入が引っかかってやり直すケースがあったわけです。こういう場合では過去3年間さかのぼって修正しますが、その従業員の年末調整をやり直そうと思って年調ソフトのデータを開けようとしたときの話。

 修正の最初の年のデータを開けようとすると、データがありません。「ああ、そうだ、去年このパソコンを作ったから、昔のデータまだ復元してなかった」と思い出し、バックアップから昔の年調データを復元させます。

 そうやってデータを開けてみるとビックリ。顧客選択の画面を開けますとスクロールできません。「あれ、おっかしいな」と、最初はソフトの不具合か何かと思ったんですが、違うんですよ。

 実はその頃はお客さんが少なすぎたので、スクロールもできないほどのお客さんしか画面表示されなかった、というワケです(笑)。「俺のお客さん、たったこれだけしかいなかったのか!」と、これにはさすがに笑いましたねぇ。

 年末調整を行う全顧客を画面に表示させてもスクロールできないなんて、なんと哀しい光景でしょう(笑)。よくこれだけのお客の数で生活してたもんですね(笑)。多少お客が増えた今だからこそ笑える話ですが、でも当時はきっとこの少ないお客さんの一覧を見ながら私は必死だったんでしょうねぇ。もちろん今でも必死ですが。

 そういえば、独立した最初の頃は税務ソフトに全顧客のデータを登録していると、それこそ本当に画面でスクロールできないほどしかお客さんがいなかったので、「もしこの画面をお客さんや同業者に見られたら恥ずかしいなぁ」なんて思った記憶があるな・・(笑)。

 家族抱えて、住宅ローン抱えて、スクロールできないほどしかお客さんもいなくて・・(笑)。ホントによくしのぎましたね、我ながら誉めてあげますよ(笑)。というか、よく本当にいろんな方に助けてもらったもんだと思いますね。ただひたすらに感謝、感謝です。

 そんなに昔じゃないデータですけど、こんなひょんなことでふと見てみますと、その当時の顧客状況が分かって面白いもんですねぇ。また数年後くらいにこんなことがあって過去のデータを見る機会があれば、その時も「ああ、あの頃はこれだけしかお客いなかったのか。今はずいぶん増えたよなぁ」と思えるようになっていたいものです(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1699-25354208

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。