税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 「竹島の日」に韓国側が抗議  

「竹島の日」に韓国側が抗議

2013 - 02/23 [Sat] - 00:53

 日本って本当に面白い国ですねぇ。国ですねぇ、というよりは、マスコミが腐っているというか・・。

 ニュースによりますと2月22日は竹島の日だそうで、記念式典に初めて政府関係者が出席したのだとか。日本では竹島は日本の領土ということになっていますので、別にこの式典を開くことについてはなんの異議もないはずですよねぇ?普通の国であれば、国民はこの式典に関してなんの疑問も持たないでしょう。そして日本の領土を不法占拠している韓国に対して全国民が怒りを表して抗議を行うのが普通のはず。

 しかし日本は違うんですねぇ。日本は違うというよりも、日本の「マスコミ」は違うんですよねぇ。ニュースを見ていても、なぜか竹島の日に日本にわざわざやってきて抗議活動をしている韓国人の姿を放送しています。また韓国政府関係者が非難している様子を放送しています。なんで?だって日本の領土なんでしょ?そういう韓国人や韓国国内での動きを非難するのならまだしも、なんで韓国の連中の主張をそのまま日本でわざわざ放送する必要があるの?

 ヤフーのニュースでもこんな感じです。

「竹島式典は犯罪」 韓国全国で抗議集会

 なんで韓国で「竹島式典は犯罪」などとほざいている様子を、いちいち日本で報道する必要があるんでしょうか?おかしいでしょ?だって韓国の大統領が竹島に上陸した際に、日本人が激しく抗議している様子を日本のマスコミはきちんと報道したか?中国で尖閣がらみの反日暴動が起きた際に、日本でも反中デモを行っていた様子をマスコミは報道したか?

 なんで日本人が外国に対して抗議しているデモの様子は一切報道しないで、外国の連中が日本に対して文句を言っている様子だけは報道するんでしょう?おかしいですよねぇ、全く。外国の主張は全く批判しないで、そのまま報道するのが日本のマスコミの姿勢なんですよね。へんなの、全くわからないなぁ。

 なんなんでしょうね、この自虐的な報道姿勢は?また自虐的に報道することが「知的」「理性的」だと勘違いしている報道関係者や左翼がかった学者連中が居るからこうなっちゃうんでしょうねぇ。ホント、日本っておかしな国。

 中国や韓国から文句を言われたり、デモが起きたりすると、どんな小さな事で一生懸命報道するクセに、日本側がそういう中国や韓国に対して抗議している様子は絶対に報道しないんですからね。当然マスコミが中国や韓国を批判することもありません。でも普通の国なら批判しますよ。バッカじゃないの、全く。

 竹島の日の話にしたって、なんで韓国側のデモの様子を日本で報道する必要があるんだか。そんなもん、国が違えばお互いに立場が違うんだから、いちいち韓国側の主張を取り上げる必要すらないですよ。そんなもん勝手にやらせておいて、日本では無視すりゃいいんです。あるいは、取り上げるのなら、間違った行動を行っている韓国側を非難すべきなんです。

 全くバカバカしい。そういう自虐的な報道をして、マスコミは日本人をどうしたいんでしょうねぇ?ほんとうに戦後の左翼思想は「反省」「反省」そして「反省」。もう本当に「反省」だけ。他には何もありません。ちょっと日本が自分の権利を主張して、外国から抗議を受けたりデモをされると、その様子を一生懸命報道して「反省」を促す。バカじゃねぇの。

 中国にしろ、韓国にしろ、日本が手ぇださへんと思ってホンマに舐めたことばかりしやがって、「お前ら、もう一回やったろか?日本はお前らに負けたわけとちゃうんやからな」と言いたくなりますねぇ。ええ、でも戦後の日本の教育、特に左翼・リベラル思想に毒された方から見れば、今のセリフはタブー中のタブーなんでしょうね(笑)。

 でもね、ホントに日本のマスコミもたいがいにしておいてくださいよ。あんた達が一生懸命国民の意識を誘導しようとすればするほど、国民の怒りのマグマの圧力も強まるんですからね。こんなにも自虐的な報道しか行わないマスコミがある国なんて、日本くらいじゃないんでしょうか。

 愛国心のカケラもなく、自国に対する誇りも何も感じさせない報道姿勢。こんな報道を野放しにしているのはなぜなんでしょうね?全く理解に苦しむ限りです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1672-f853d42a

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード