税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> パソコン・IT > ポケットWiFiに悩む・・  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットWiFiに悩む・・

2013 - 02/22 [Fri] - 15:29

 最近無線通信環境についていろいろと検討しているんですけど、一番欲しいのはポケットWiFi機器ですね。でもこれがなかなかベストなのがないんです・・。大まかに言って、電話回線系の4G、LTEなどのポケットWiFiか、あともう一つはWiMAXのポケットWiFiですが、どちらも一長一短で迷ったんですけど、結局WiMAXのポケットWiFiを契約することにしました。

 「どこでもオフィス」が実現できてからというもの、もう私の業務において無線インターネットは欠かせないモノになりました。これなしでは仕事を安心して進められる気がしないほど、あっという間に不可欠なものになってきました。で、電話系とWiMAXで悩んだ理由は次の通りですね。

 はっきり言って、値段はどちらも大差ありません。あとは通信品質なのですが、電話系のメリットは、やはり携帯電話がつながる場所なら基本的につながるという通信範囲の広さ、安心感ですね。一方でデメリットは、すべての通信会社に共通しているのが、通信量に制限が設けてあって、その制限に達すると信じられないほど使い物にならなくなる点ですね。

 一方WiMAXは、電話系と全く逆です。メリットは、通信量が無制限で、しかもそこそこ安定して速いこと。これは今使っていますので、スピードにはまったく不満はありません。デメリットは通信のカバー範囲がそれほど広くないので、街中で使うには全く問題ないですが、都会を少し離れたり、建物の中に入ると全くつながらなくなるケースがあることです。

 車で走り回って仕事をしている私としては、この両者の長所短所がものすごく悩ましいところだったんですよねぇ。理想は、ドコモのXiのようなサービスが携帯電話の電波が届く範囲すべてで展開され、そして通信量に制限がなくなることなんですよね。たぶんあと1-2年ほど経てば、そういう状況になるような気もするのですが、正直今はそうなるまで待てません。

 いますぐに選択して、使わなければならない状況にあるわけですから、とにかく通信系ポケットWiFiの「通信量の制限」は、仕事で使っている者としてはあまりにリスキーで怖いです。ある日客先で仕事をしようとしたら、全くネットにつながらない。つながってもメチャクチャスピードが遅くて事務所パソコンをリモート操作できない、なんてことになったらとんでもないことですからね。

【前編】モバイルデータ通信の「速度制限」がどれぐらいでかかるのか1週間実験! 3日で超遅くなる場合もあって笑った

【後編】モバイルデータ通信の「速度制限」1週間実験 / 生き残ったのはWiMAX!docomoは亀で SBは100m走、EMは決定力不足

 こういう記事を読んでいても、「これじゃ通信系のポケットWiFi、使えねぇじゃん!」と思っちゃうわけです。もちろん通信量の制限にかかるまで実際に使うかどうかはわかりませんけれども。しかし、私としてはこのポケットWiFiを使ってタブレットやら、スマホやらでいろんなことに応用してみたいので、「通信量の制限がある」ということ自体がやや恐怖に近いものがあるわけです。

 ま、そういうわけで、通信エリアの問題はあるものの、WiMAXのポケットWiFiでいってみよう!ということに決めました。まだポケットWiFiの機械は届いていませんが、これで随分といろんなことができるんじゃないかと期待しているところです。

 あとはタブレットを何にするかだなぁ・・(笑)。Wifiモデルで全然いいんですが、値段で言ったらNexus7、しかしiPad miniも捨てがたい、というところで、これまた悩んでいます・・(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1670-dec9420d

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。