税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > ああ、わかったウィンドウズ8ってそういうことか!  

ああ、わかったウィンドウズ8ってそういうことか!

2013 - 02/11 [Mon] - 12:59

 ごめんなさい、同じ話ばかりで。これで最後にしますんで。

 前回までウィンドウズ8のだめなところばかり書いてきたんですけど、ウィンドウズ8搭載のタブレットPCの広告写真を見て、「ハッ」とウィンドウズ8の開発目的がようやくわかりました。

 そう、ウィンドウズ8って、前回までに何度もけなしていたように、従来の「パソコン用OS」じゃないんですよね、その目的が。基本使用目的は、「タブレットPC用OS」なんですよね。で、「従来のウィンドウズも同じタブレットで使いたい」と思う人達のために、「オマケでウィンドウズOSをひっつけているだけ」なんですよね。ええ、そういうことですよ。

 だからああいうOSなんですよね。まずタイルの画面が出てきて、基本はタブレット。アプリのボタンを押してもウィンドウ表示ではなく、全画面表示。これもタブレットのための機能です。マルチタスクとか、ウィンドウの切り替え表示、なんてことは一切考えていません。

 で、ウィンドウズOSはあくまでオマケであって、もしユーザーが「そのタブレットPCで従来のウィンドウズを操作したい、あるいはキーボードを無線接続してパソコンのように使いたい」と思ったら、最新のウィンドウズと同程度のことができるために、ウィンドウズOSを「裏メニューで」提供しているだけなんですよね。

 ああ、なるほど。そう考えればこの8の立ち位置がよく理解できるわけだ。確かに私もアンドロイドタブレットを買ったとしても、たぶん頻繁にキーボードを接続してパソコンのように使いたいと思うでしょうからね。さらには、できれば使い慣れたウィンドウズも使いたいと思うでしょうからね。

 そのマイクロソフトの意図はなるほど、理解できます。うーん、でもどうでしょうね、そんなニーズってありますかね?タブレット用とウィンドウズ用のOSを二つひっつけて販売する意味ってありますかね?

 もう皆さんお察しのように、私の場合タブレットを使う時にはウィンドウズOSなんて要らないんですよね。だってウィンドウズを使いたい時はリモート操作で事務所のパソコンを使いますから。そもそもタブレットにウィンドウズをインストールする意味が無いんですよ、まったく。でも、それでもウィンドウズをタブレットで使うことによる支障ってほとんどないですしね。画面表示もパソコンそのままだし。

 そうなんです、マイクロソフトが想定しているタブレットPCの使い方と、私が考えているタブレットPCの使い方が全然違うんですよね。マイクロソフトはタブレットにもウィンドウズをインストールして使って欲しいと思っているんですが、私はタブレットにウィンドウズをインストールする気などサラサラないんです。だってその必要性が無いですからね。

 ウィンドウズのパソコンは事務所や家に一台あればいいんです。もっと言えば、クラウドが進んでDaasが進化すれば、事務所や家にウィンドウズパソコンを置く必要すらないかもしれません。全部タブレット+キーボードでやりたいことは終わってしまうかもしれません。もちろんそのタブレットのOSはウィンドウズである必要は在りません。

 ははぁ、そういうところのマイクロソフトとユーザーの意識のズレだな。意識のズレ、というより、マイクロソフトが客に期待している使い方と、実際のユーザーの使い方の違いですね。いや、本当にリモート操作を使えば、タブレットにウィンドウズをインストールする意味そのものがないですからね。もちろんすべてをタブレットPC一台で終わらせようとするならば、8をインストールするのがベストなわけですが。

 しかし、デスクトップも持っているし、タブレットも別に持っているし、という人であれば、8をタブレットにインストールする意味が無いんですよね、全然。というか、かえってムダなだけなんですよね。アンドロイドタブレットやiPadにウィンドウズをインストールする必要がないんだもの、リモートで使えば。

 そう、もう各機器間のOSの違いなんて関係ないんですよね。OSは好きなものを使えばいいんです。「A」のOSの機器だって、リモート操作を使えば「B」や「C」のOSがインストールされた機器から操作できるんですから、全然問題ないんですよね。

 なるほどなぁ、確かにマイクロソフトが8を開発した意図というものはなんとなくわかったけど、これはたぶん読み違えに終わっちゃうなぁ。だってユーザーが期待しているのは、タブレットPCのOSはタブレット用だけ、パソコン用OSはパソコン専用OSとしてさらなる進化を遂げて欲しい、と願っている人がほとんどでしょうからね。

 ま、マイクロソフトが目論むように「すべての業務をタブレットPC1台で」という姿を期待するのであれば、8のようなOSがメインとなってくるのでしょうけど・・。そこはどうでしょうね、ネットは日々どんどん進化していますからね・・。

 マイクロソフトが数年前に自ら言っていたように「これからはネットの時代」ですよね。そのネットの中でウィンドウズというOSがどこまで必要性があるのでしょうねぇ?マイクロソフトの予想・予言はほとんど当たるんですけど、その予言によってマイクロソフト自身がダメになってしまうことも十分ありえるんじゃないでしょうかねぇ・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1662-8ce31f62

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード