税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > さあ、今年は「わがまま」で行こう!  

さあ、今年は「わがまま」で行こう!

2013 - 02/03 [Sun] - 01:40

 今年は、私自身で事業に関する姿勢を決めておりまして、そのテーマは「わがままにやる」というものです。ええ、今まではいろいろなしがらみや、人間関係に気を遣ってそれなりに調和を乱さないようにやってきたのですが、それもそろそろええかな、という風に思っているわけです。

 やっぱり事業を大きくして、成功させていくためには過度な気遣いをしていてはダメですからね。もちろん周りの方々や関係者に多大な迷惑をかけることはいけませんが、しかし、もっと自分のやりたいように事業を進めて、自分が目指しているゴールを引き寄せるための行動をとらなければならないと思っているわけです。

 自分が実現したい事業の姿を現実のモノにしようとすると、どうしても今までの人間関係やしがらみというものが邪魔をすることもありますからね。ですから結果的に少し関係者に迷惑をかけることになるかもしれませんが、私自身がベストだとおもう事業の在り方を求めて、もっと積極的に行動したいと思っています。

 やっぱりね、やりたいことがあれば今やらなきゃいけないんです。「こうすればいいのに」「こうやりたい」という素晴らしいアイデアをいくら持っていたって、それは実際に実行させなければただの絵に描いた餅なんです。ま、私自身やりたいことを我慢して周りに合わせるようなタマでもないですしね(笑)。

 元々ワガママが人間になってしまったようなヤツなんですから、自分がやりたいようにやるしかないです。多少のリスクは承知の上で、それでもやはり税理士に仕事を頼みたいと思っておられるより多くの方々のニーズに応えることができるのであれば、私はそれを徹底的に追及したいですね。

 その結果、浮いた存在になるかもしれませんし、逆にどこにいるのかわからないほど埋没してしまうかもしれません。あるいは、周りの同業者からは「アホちゃうか?」とか「お前のやり方は迷惑や!」と思われるかもしれませんが、それでも私は全然オッケーです。

 もう周りのことは気にしないし、周りがどう思っているかも気にしません。ただ、仕事に関して言えば、目立つことは嫌いなので、できればひっそりと同業者の誰にも気付かれないくらい目立たないでやっていきたいのが希望です(笑)。でもそれが一番気楽です。

 ま、私には私なりの、この仕事をそれなりの期間やってきた上で得た「信念」というものもあります。私の「信念」は、「依頼者の役に立ってナンボ」「依頼者に満足してもらってナンボ」に集約されるんで、それを追求したいんです。それを徹底的に極めていきたいんです。

 正直言って「カネを稼ぐ」のはドーでもいいです。ドーでもいいと言うとカッコつけすぎですが、もちろん私もプロとして仕事をしていますから、お金を貰わないと仕事はしません。お金を支払っていただけない方のお仕事はお受けできません。けれども、それを最初に持ってくるつもりはありません。

 やっぱり誰だって、納得してお金を払いたいもんですよね。お金を払いたくない相手には、ビタ一文お金なんか払ってやりたくないですよね。そういう意味で、私は依頼者に「よし、わかった。喜んで払ってやるよ。」とおっしゃっていただけるような仕事をしたいんですよね。

 そのためには私自身、いろいろと既存の殻を壊していく必要があるわけです。で、それを推し進めれば、きっとお金はあとから好きなだけ付いてくると思います。たぶん私が望んでいる以上のお金が十分得られると思います。ええ、逆にイヤらしい言い方をすれば、お金を稼ぐためには、私がやりたいようにやる必要があるのです。

 だから「わがまま」にやりたいわけです。もう誰の意見や指示にも耳を傾けません。嫌いな同業者にヘラヘラ愛想笑いするつもりも、もうありません。私は私の良心が「正しい」と思ったことだけに忠実に従って行動したいと思っています。それが失敗すれば、そりゃまた軌道修正すればいいことですが、しかし今までの税理士生活の中で確信を得ている部分もありますので、大失敗することはないと思っています。

 かといって、別に何か大それた事業をはじめるわけでもなんでもないんですが(笑)、事業に対する姿勢・考え方として、今年は「わがまま」にやっていきたいと思っています。ですから、余分なしがらみは全部断ち切って自分の事業に全力を集中させる年にしていきたいですね。

 私の人生計画の中でも、そろそろスパートをかけていかなければならない時期になっていると強く感じています。もうのんびりと周りの様子を見ていられる年齢は過ぎたと思っています。「守破離」で言えば、「離」の段階へ一気にシフトして、全力で勝ちに行かなきゃいけない、ということです。

 ええ、でも間違いなく勝てると信じています。そうでなきゃ、やろうなんて思いません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1646-c9156689

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード