税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > ニューヨーク州議会 従軍慰安婦問題で日本を非難  

ニューヨーク州議会 従軍慰安婦問題で日本を非難

2013 - 01/30 [Wed] - 12:51

 今日のテレビニュースを見ていますと「ニューヨーク州議会が従軍慰安婦問題で日本を非難する決議を採択した」というニュースが流れていました。

 短く行きますけど、なんでそんなこといちいちテレビで放送する必要あるの?州議会でしょ?日本で言ったら県議会みたいなモンでしょ?韓国系の連中が多い地域で、そいつらが議員を丸め込んでそういう決議を行っただけなのに、その程度のことをなんで日本でギャーギャー騒ぐ必要があるの?

 本当に日本のマスコミって、自虐的というか、売国奴というか、非国民的ですよね。で、そのニュースの続きでは「この動きは全米各地に広がる恐れがあります」だって。そんなもん、広がるかいな。いちいち大袈裟に騒ぐんじゃないよ、その程度のこと。

 仮にそれが全米に広がって非難決議が出たとして、どうなるの?そんなもん日本が無視すりゃ終わる話なんじゃないの?州議会の決議には、日本にとって拘束されることがあるの?バカバカしい。韓国人が騒いでいるのなら、勝手に騒がせておきゃいいじゃないですか。

 もうすぐ戦争が終わってから70年経とうか、という今ごろになって、なんの客観的証拠や事実があって非難しているんだか。そんな非難決議を、たいした証拠も、また日本側の反論を聞くこともなく、今ごろ決議しているニューヨーク州議会の議員連中の頭の悪さを嗤うのならまだしも、「全米に広がるかも」と心配するなんて、アホじゃないの?

 最近私はアメリカのニュースをラジオでよく聞きますけど、どんな国際問題が起きても、アメリカ国内のニュースでは自虐的な内容は絶対に流しませんよ。ええ、絶対的に何があっても「アメリカの立場は正しい」、この姿勢を貫いています。でも、それがアメリカの国家としての「強さ」「自信」を支えているんじゃないですかね。

 たぶん、ほかの国でも状況は全く一緒だと思いますね。でも日本だけは違うんです。やたらと他国から日本が非難されている話ばかり流して、そして行く先を心配するんです。どこまでMなのかと思いますねぇ、全く(笑)。

 ま、フジテレビは韓国系に偏っているとは最近よく言われていたことですが、ニュースで韓国寄りの意見を流すのは間違ってますよ。それは全国にネットワークを持っている大放送局がやっちゃいけないことです。他国の主張よりも自国の主張、自国の利益を大切にする、そういう当たり前の放送を心がけるべきじゃないでしょうかねぇ?

 無視すればいいニュースは、いちいちテレビの全国ネットで放送する必要などないんです。なんか、日本を貶めようとするマスコミが日本には多すぎますよねぇ。特にテレビには。きっと自分達が日本の社会を情報でコントロールし、支配したい、という思惑があるのだろうと思いますが(なぜならそうできれば多くのカネと権力が集まるから)、ちょっとその姿勢の歪みを近年強く感じるようになってきました。

 日本の利益を考えないで、ただひたすらに自分達の利益と権力だけを追求する、日本の既存のマスメディアについては、一度ブッ壊して本当の意味で日本にとって有益で、健全なものに作り直す時期に来ているのかもしれませんね。

 日本の大手マスメディア、特に民放テレビ局は、少し力を持ちすぎて、傲りがひどいように感じます。テレビ局の過大な利権を削ぐためにも、もっとネットを通じてさまざまな動画放送が自由にできるようにサービスを向上し、そして規制を緩和させるべきですね。

 なんか最近、日本を悪い方向に動かしているのはテレビ・新聞などの大手マスメディアのせいではないかとつくづく感じるようになってきました・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1640-687b8ac3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード