税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 経営・ビジネス > ほんのちょっとした勇気  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんのちょっとした勇気

2013 - 01/20 [Sun] - 22:05

 先日ふと思いましたねぇ。結局のところビジネスで成功するのって「ほんのちょっとした勇気」なんだな、ということを。

 つい1年半前ほどに開業したばかりのデイサービス事業者が関与先にあるのですが、「通所希望者が増えてどうしようもなくなったので、もう一つ事業所増やします」という話をしてきたんですよね。もちろん介護事業が今のトレンド事業であるということは言えますが、しかしほんの1年ちょっとで当初の目標を達成したばかりか、事業拡大に進んでいけるわけですもんねぇ・・。

 その事業者さんを見ていて思ったのが冒頭の言葉なわけです。不安が先立つ事業経営者などだったら、「2つ目の事業所を作ってもちゃんと儲かるかなぁ・・。まだ一つめの借金も返せていないのに、またお金借りて手を広げても大丈夫かなぁ?」と思っちゃうと思うのです。

 でも、そこを「エイヤッ!」っとリスクを背負い込んでやってみよう、と思える人がきっと成功する人なんでしょうねぇ。それはきっと介護事業だけでなく、きっとどんな事業でも一緒でしょうね。もちろん税理士業に関しても。

 結局は事業で成功を収める人って、「ほんの少しの勇気を持って、リスクをとることができる人」ってことなんでしょうね。そこにはもちろん、綿密な事業計画といったものも必要になるかもしれませんけれども、それよりも経営者の「リスクテイキング」の思考の方が大切ですよね。

 事業を起こす、事業を拡大させる、そして成功を手に収める、って実は簡単なことなんですよね。シンプルに考えれば、自分にできる事業を思いついたら、それを行う場所を借りて、お客を集めて、人手が足りなくなったら人を雇えばいいだけの話なんですよね。本当にそれだけなんです。

 その際に問題になる点は端的に言って二つだけ。一つは「資金を回すことができるか」、そしてもう一つは「お客を増やす(売上を増やす)ことができるか」。本当にそれだけです。他に心配することなんてどれも二次的な話です。

 一つめの施設運営でだいたいの感触を掴んでいれば、2つ目の施設運営でもある程度の勝手はわかるでしょうし、事業計画や資金計画もある程度は目処が立てられるはず。そうであるならば、あれこれ迷うよりは銀行からお金を借りてエイッと事業を広げればいいんですよね。

 本当にそう考えてみれば、事業を始めたり、事業を拡大するのって、色々思っているよりずっと簡単ですよね。もしかして、事業ってそういうもんではないか、そして事業を起こしてみたいと思っている人は、やる気があるのならとりあえずやってみたらいいんじゃないか、意外とそれでいけるんじゃないか、と感じましたね。

 起業や事業拡大に関するイメージが私の中で少し変わりましたね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1629-61661441

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。