税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 菅も田中真紀子も小選挙区落選とか・・。  

菅も田中真紀子も小選挙区落選とか・・。

2012 - 12/17 [Mon] - 00:10

 今回も多数の有名・大物政治家達、特に民主党の議員たちの小選挙区落選が目立ちました。菅元総理、田中真紀子文科大臣、原口元総務大臣、仙谷元官房長官・・等々。

 今回の選挙での大敗を受けて、野田総理は党代表を辞任したのだとか。まぁこれだけ派手に負けてしまえば、野田さん自身の政治家としての資質がどうのこうのは別として、代表としての責任を取って辞任するのは当然でしょうね。これには全く異論のないところですが、異論があるのはやはり先ほどの小選挙区で落選した大物候補者達が比例で復活当選することですね。

 どう考えたっておかしいじゃないですか、だって小選挙区で有権者から「ダメ」っていわれた候補なんですよ。地元の選挙区で「ダメ」だから落選したはずなのに、比例区で復活当選するなんて絶対におかしいですよ。有権者が「ノー」を突きつけた候補がなんで国会議員になれるんですか?こんな選挙制度おかしすぎますよ。

 菅にしても田中真紀子にしても、仙谷にしても、この人達は民主党の要職について党運営や政府運営にかかわってきて、そこでやってきたこと、やり方に関して有権者が「ダメ」と思ったからこそ小選挙区で落選したんでしょ?じゃあ、政治家として「ダメ」だって言われたようなもんでしょ?

 それなのに、なんでこいつらがまた国会に戻ってこれるんですか?地元の有権者が「ノー」と言っているんですから、こんな連中が国会に出てくるのは間違ってますよ。こんなダメ政治家達に議員報酬や活動費を払うのなんて、まさに税金の無駄遣い、私たちが働いて稼いだお金をドブに捨てているようなもんですよ。

 もう昔からずーっと、ずーっと気に入らない制度ですねぇ、小選挙区・比例区の重複立候補と比例区での復活当選。こんなのどう考えたって理不尽な制度なんで、最低でも重複立候補の禁止、そしてできれば先日ブログに書いたように、比例区は国会での投票権を党に割り当てるだけにして、議員を選出しない制度にあらためて欲しいですね。

 だって比例区への投票って議員個人に投票してるわけじゃないですからね。「有権者が投票の際に全く意図していない、そして期待もしていない候補者が、有権者のあずかり知らないところで勝手に当選して国会議員になっている」とか「小選挙区で落選させたはずの候補が、有権者の意図に反して復活当選している」なんてことはどう考えたってヘンですよねぇ。

 今回だって、東国原がいつの間にか国会議員になってテレビに出てたんですが、「なんで?」と思ってよくよく新聞を見れば比例区単独で立候補していたのだとか。しかし、世の中の誰も東国原に票を入れていないのに、東国原が国会議員になれるなんて普通に考えればおかしいです。

 とにかく、小選挙区・比例区の重複立候補なんて、ただ単に政治家をぬるま湯に浸けるだけのことですよ。もっと緊張感を持って日々の政治活動をしてもらうためにも「選挙に落ちたら落選」を徹底させるべきですよ。だってそれが一番「民意」を反映した選挙制度じゃないですか。

 とにかく、ぜひ早いうちに少なくとも重複立候補だけでも禁止にして欲しいですね。そしてできれば、比例代表区の廃止をして欲しいですね。だって民意を全く反映していない選挙制度ですからね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1602-413269d6

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード