税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > ぜひ比例区の制度改革を!  

ぜひ比例区の制度改革を!

2012 - 11/20 [Tue] - 13:39

 今日お昼のテレビを見ていますと衆議院選挙絡みの内容を放送していたわけですが、その中で先の衆議院選で比例区で民主党から当選し、途中で民主党から離党した議員が出演して話をしていました。

 多くの有権者も疑問に、というか、むしろ怒りを感じている方のほうが多いと思うのですが、比例区から当選した議員が、どういういきさつがあるにしろ、任期途中でその当選した党を離党したあとでも引き続き国会議員としての地位にあることはおかしくないですかね?だって有権者の誰も、その政治家本人に投票したわけじゃないですからね。比例区で当選をした議員については任期途中で離党したら、議員の地位を失うのが筋じゃないですかねぇ?

 だって有権者は「民主党の議員」を国会に送りたいから、比例区で「民主党」と書いたわけです。であれば、比例区から選出された議員は、任期終了まで「民主党」に所属していなければダメですよ、絶対。もし離党するのであれば、当然議員としての地位も失い、そして改めて比例区の名簿などに基づいて次席の候補者を繰り上げて補充するべきですよね?

 確か、比例区選出の議員が任期途中で死亡したら、そのように繰り上げ当選させますよね?それと同じでいいんじゃないでしょうかねぇ。なんで比例区から選ばれた議員に、党を移籍した後にまで国会議員の地位が引き継がれるのか、全然理由がわかりません。誰もあんた個人に投票したわけでもないのに、なにをいっちょまえに意思を持って活動してんねん、という気がしますね。

 比例区選出議員なんて、個人が意志を持っちゃいけませんよねぇ。基本的には党首脳の方針には100%イエスマンでなければなりません。だって議員個人ではなく、党に対して有権者が投票しているのですから、比例区の議員が離党するとか、党の方針に背く、なんて有権者の誰も望んでないですからね。自分の意志で政治活動をしたいのだったら、小選挙区からしっかりと票を獲得して当選してください。

 それと、小選挙区と比例区で重複立候補しているのも、イヤですよね。だって、大抵の場合、小選挙区で落選した候補が比例区から復活当選できるために重複立候補するわけですからね。これは絶対におかしいです。なぜなら、小選挙区で有権者から「ダメ」の烙印を押された議員が国会にやってくるわけですからね。それは完全に民意に背いていますよね。

 そうですねぇ、いまの選挙制度でどうしても解せない、というか早急に改善して欲しいのは「比例区」ですね。比例区なんて、先程も書きましたように、議員という「個人」に投票したのではなく、有権者が「党」に投票した結果得られた議員数なのですから、比例区の候補者なんてそもそも立てる必要はないんじゃないですかねぇ?ええ、つまり、比例区から議員を当選させる必要などないんじゃないでしょうか?

 それよりも、比例区で獲得した議員数に相当する国会における議員投票権数は、党幹部の一存に従って国会投票の際に反映させればいいじゃないですか。つまり、自民党が比例区で30人の議員枠を獲得したのであれば、その30人分の国会における投票は、自民党総裁や幹事長の一任によって投票されたとみなせばいいじゃないでしょうか。

 だってそれが一番民意を反映させていると思いませんか?比例区で民意を託したのは党であって、議員個人ではありません。ならば、党を代表する人たちに、その比例区で獲得した投票権数のすべてを託すのが一番正しいんじゃないでしょうか?

 こうするメリットは他にもあります。こうすれば議員を国会に選出する必要がないので、実質的に定数削減を行ったことと同じ事になります。そうなれば当然ですが、比例区の議員たちの報酬や経費を国費から一銭も支払う必要がありません。無駄な選挙活動費を支払う必要もありません。これは相当な歳出削減になると思いますけれどもねぇ。これだったら議員一人あたりの報酬が削られることもないので、国会議員としても賛成しやすくないですかね?(笑)

 私は比例区投票自体には価値があると思うんです。なぜなら、自分の選挙区で応援したいのは自民党の議員だけど、党として応援したいのは橋下がいる日本維新の会だ、というケースもあるでしょうからね。だから、議員個人に投票するのは小選挙区、党に投票するのは比例区、と結果がわかれても全然オッケーだと思うのです。

 要は、その有権者の思いを、今の比例区の制度は全然生かしていないんですよね。誰も当選を望んでいない、顔も知らないような訳のわからない新人議員がなぜかポッと国会に出てくる。そして時間が経ったら、勝手にワガママ言って離党する、なんてことがそもそもおかしいんですよね。そうではなくて、比例区で獲得した国会の投票数は、すべて党にそっくりそのまま渡せばいいと思いますねぇ。それが一番民意を反映すると思いますけどねぇ。

 まあ、選挙改革なんて時間がかかる話なんですぐには改善されませんけど、とにかく現状の選挙システムは民意が適切に反映されているとは思えませんねぇ。地域間や世代間の一票の格差問題是正も含めて、ぜひとも大胆に見なおして欲しいところですねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1569-af82f76c

まとめ【ぜひ比例区の制度改革】

 今日お昼のテレビを見ていますと衆議院選挙絡みの内容を放送していたわけですが、その中で先の衆議院選

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード