税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 一票の格差  

一票の格差

2012 - 11/17 [Sat] - 12:15

来たる衆議院総選挙に関して、いわゆる一票の格差が是正されていない状況にあるかことから、弁護士グループが選挙の差し止めを求めて得るのだとか。また、別の弁護士グループが、選挙後に選挙自体が違憲であるとして無効を申立てるとも言われています。

この問題については、以前から弁護士さんたちがとても一生懸命に取り組んで来ていて、以前にも過激な新聞広告が掲載されていたこともあります。しかし、選挙の差し止めとか無効を求めるというのは、現実的に考えてどうなのでしょうか?

そんなことを言いますと、法律第一主義が信条である弁護士さんたちは「アホ、そんなもん、法律に則っているかどうかが物事の善悪の判断の根本やないけ」とボロクソに反論されると思いますが(笑)、しかし、現実問題として一票の格差ってかなり難しい側面があると思うのです。

確かに憲法では一人当たりの投票権に格差があることは認められないのでしょうが、だとしたら人口密度の高い都市部、例えば東京に議員総数の10%程度が割り振られ、一方で人口の少ない県では、県全体で1人、2人しか議員が割り振られない、ということになると思うのです。

もちろん、認められる一票の格差の幅を設けて、多少の曖昧さは残しているのだとは思いますが、しかし、一票の格差を追求することは究極的には地方、とりわけ過疎地の国政への意見反映が低くなり、地方が切捨てられることにつながります。だって「人口が少ないのなら、そんなところから国会議員なんて出せるわけないじゃん、お前らの意見が国政に反映されなくても当然じゃ、バカ」の一言で終わってしまうからです。

私は、正直言ってそれでいいのかなぁ、などと思ってしまうのです。もちろん、弁護士たちが騒いでいるのは一票の格差があまりにひどい地域について問題視しているだけだと思いますが、しかし、だからと言って今回の総選挙を無効とする、というのはどうなんでしょうか?

だって衆議院解散だって憲法に基づいて行われる法律行為ですものね。それは適法に執り行われているのですから有効ですよね?で、適法で有効な衆議院解散に基づいて行われた選挙が憲法違反で無効、ということになるのなら衆議院は永久に解散されたまま、ということになっちゃうんじゃないですか?(笑)

ま、現実的には格差の激しい選挙区についてだけ選挙の無効を申立てるのでしょうが、しかし、事前の選挙差し止め請求などはそういうことですよね?なんかちょっと矛盾してませんか?弁護士によるこういう申し立ての状況を見ていますと、私は「弁護士って何様やねん。お前がルールかよ?お前らが世の中を動かしてんのかよ!」という気がしてくるんですよね(笑)。

確かに世の中に問題提起することは弁護士の大切な役割かも知れませんが、しかし、だからと言って世の中を引っ掻き回してもいい、というわけではありません。だってこれからの衆議院選挙では莫大な国と個人のお金が使われ、人もたくさん動くわけですからね。当然、その選挙結果がこれからの国政に大きな影響を及ぼすことになります。

それを「無効」だなんて言われた日にゃあ、選挙に使われた国費はどうやって取り戻すのよ?そのために働いた人たちが受ける精神的苦痛の補償はどうするのよ、って話しになっちゃうじゃないですか。そんなもの、到底元に戻せるレベルの話じゃないですからね。

それはまるで、昨日のサッカーの試合のビデオをよく見たらハンドの場面があったから、昨日の試合の結果を取り消してハンドのあった場面からやり直そう、って言ってるようなもんですからね。今更そんなことムリです、その結果のまま前に進んでいかないと、ものごとメチャクチャになっちゃいます。

そりゃあ、厳格な憲法順守は大切だと思いますよ。でも現状から現実的な運用もしていかないとねぇ。そもそも、憲法における「平等」だってどうなんだ、って気もするくらいなのに、一票の格差だけを憲法違反だと大騒ぎして国政に支障をきたすのもどうなのかなぁ、なんて思っちゃいますけどねぇ・・。

それに、私たちに言わせてもらえるなら、世代別の人口格差がもたらす、世代間の一票の格差はどうやねん?というところもありますからね。若い人よりも年寄りの人口のほうが多ければ、選挙結果にも年寄り連中の意見だけが反映されることになりますからね。それこそ社会的には大問題ですからね。

地方ごとの一票の格差を云々するのであれば、少子高齢化がさらに激しくなるこれからの時代を考えた場合の、世代間の一票の格差を是正する選挙制度改革を求めていくほうがよほど大切だと思いますけどねぇ。その辺りはどう思っておられるんですかねぇ、弁護士さんたち?

ま、弁護士さんたちが言いたいことも分かりますけど、あんまり「法律、法律」「権利、権利」「平等、平等」なんて、左翼の連中が言うようなことばかり大声で騒ぎ立てないでくださいよ。そんなことばかり言われたら、堅苦しくって息が詰まりますよ。(笑)

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1563-ac46bf2b

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード