税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税務・会計 > e-Taxのメール、なんとかなりませんか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e-Taxのメール、なんとかなりませんか?

2012 - 11/15 [Thu] - 15:34

 仕事で国税の電子申告を行っていて、本当に困ることがあります。きっと多くの税理士さんも同じ経験をされているのではないかと思います。

 最近国税から届いたメールに「還付金の処理状況を更新しました。」とか「申告の参考となる情報をメッセージボックスに提供させていただいております。」という内容のモノがあるんですけど、メール本文や宛先に納税者名や利用者識別番号が書かれていないので、どの納税者宛に送ってきているメッセージなのか全然わからないんですよね(笑)。

 だって私たちは仕事で何十件、何百件の代理申告を電子申告で行っていますから、大抵の税理士さんは電子申告の際に届けている納税者の電子メールアドレスは、自分の事務所の適当なアドレスを1つ使いまわしているだけでしょう?みんな違うのかな?(笑)

 そんな、いちいち関与先のメールアドレスなんかで届けたら、メールを毎日見ないような納税者のところに国税からメールが届いたりするし、逆に国税からメールが届いたら「こんなメール来た。何これ?」なんていちいち言われてもめんどくさいですもんね。だから私は1つのメールアドレスをすべての納税者のメールアドレスとして届けているのです。

 そうしますと、1つのメールアドレスにどーっと国税やeLTAXからメッセージが集まってくるわけです。親切なのは地方税の方で、こちらのメール本文には必ず納税者名が入っていますので、誰宛に送られてきているメッセージかわかります。しかし国税に関しては、全く納税者名も利用者識別番号もないので全然わからないんです。

 私は比較的早く電子申告に取り組んできていたので、この問題については何度か会などでも改善要望をしてきたのですが、その当時は電子申告に取り組んでいる税理士自体が少なかったし、直接署に話しても内容がよく分かっていなかったのか、私の話を聞いている人たちがみんな「きょとん」としているのが手に取るようにわかりました(笑)。

 でもこれだけ税理士が電子申告を本格的に取り組んでくると、私と同じ問題を抱えている税理士さんって、たぶんたくさんいると思うのです。地方税のようにメッセージのどこかに納税者名を入れるだけで済むだけの話なのに、個人情報がどうのこうので入れられない、という噂を聞いたこともあります。

 でも、それは変な話で、メールの本文に宛名人を書いていなければ、それこそ万が一間違ったメールアドレスに別の納税者宛のメールが届いてしまったときになんの話かわからなくなってしまいます。しかもご丁寧に、メール本文を見ると「※ このメールへの返信は受け付けておりません。ご了承ください。」と書いてありますから、返信して問い合わせることすらできません。

 本当に、国税の電子申告に関するメッセージの内容、どうにかなりませんかねぇ。昔から困っているし、最近もやっぱり困っているんですよ、メールを見ただけでは誰宛のメッセージか全然わからないので。これだけは本当に早急な改善をお願いしたいですねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1560-7e8b0daf

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。