税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税務・会計 > 通達は法律か?  

通達は法律か?

2006 - 11/27 [Mon] - 11:31

 通達は法律か?これは我々税理士にとっては意見の分かれるところです。実際私たちも税理士試験を受ける際には専門学校などで「通達はあくまで通達、実務指針に過ぎず、法律ではない。従って通達は絶対ではなく、これに従う必要はない。」といった趣旨の話を何度となく聞かされてきました。


 また税理士の任意団体などにおいては「税法こそが絶対であり、通達に税務が縛られるのはおかしい」と声高に主張する方々もおられます。ホームページなどを見ていても公認会計士や税理士が税務調査の際に「役所の内部判断基準である通達で納税者の行為を判断するのはおかしい。通達は法律ではない。」と勇ましい発言をして役所と闘いました、などと自慢しておられる方もおられます。


 私も税理士になりたての頃、法規集などに「いやしくも通達のみに従って判断することの無いよう」との前書きを鵜呑みにして、税務調査の際に調査官に対して「何でこんな通達があるのか。もしそれが正しいのであればこういうケースではどう説明するのか。」などと偉そうなことを言ったものです。


 しかし弁護士・税理士の関根稔先生が近畿税理士界か何かに寄稿された文章を読んで、私はよく理解できました。つまり「通達は法律である」ということが。どういう事かと言えば、関根先生は弁護士でもあるので、その立場から説明してくださいましたが、弁護士で判例を事前に調べないで裁判に臨む人などおらず、判例を全く念頭に置かないで純粋な法律条文の解釈のみに頼って裁判を行う弁護士などいるはずがない、ということなんですね。なぜかと言えば法律は条文のみで全ての解釈が行えるわけではなく、数々の裁判を通じてある程度共通の判断基準と解釈を示したものが膨大な判例であり、その判例の理解無くして適切に法律を理解・運用することなどできるはずがない、ということなんですね。


 3人殺せば死刑、というのは広く知られた事例ですが、これなどどこにも「他人を3人殺せば死刑」と法律には書いていないのです。どこに書いてあるのかといえば裁判を通じた判例に書いてあるのであって、つまりは法律をこのように運用しましょう、こう判断しましょう、という基準がそこに示されているということなのです。


 翻って税理士にとって「判例」に相当するものが何かといえば、それは「通達」になるわけです。なぜなら通達はおおよその場合役所が勝手に決めたのではなく、不服審判所や裁判における判断や判例を元に記載されているからです。ということはどういう事かと言えば、税理士が通達を無視して本法や施行令のみに頼って税務判断を行うことは、弁護士が判例を無視して自分勝手な法律解釈論で論法を展開しているのと同じく、無謀で無知をさらけ出していると言わざるを得ないということなのです。


 ですから関根先生は「通達は確かに法律ではないけれども、税理士が税務判断を行う上では先例として研究すべき対象であり、通達を無視した税務判断を行うわけにはいかないのである意味法律に準ずる」といった趣旨の説明をしておられました。


 こういう説明をしてくださる方は今まで私は見たことがないのですが、こう言われれば「なるほど」と納得してしまいました。通達を無視して税務署と闘うのなど、バカ丸出しという気がしてくるわけです。通達はいわば税務審判や税務訴訟を通じて積み重ねられた判例なのですから、その背景を理解し、そしてその通達を本法に照らして理解・研究することは税務の専門家である税理士としては当然の事ではないかと思うわけです。


 自分自身が税理士として経験できる税務判断などタカが知れています。しかし通達やその元となった審判や判例を読むことは多くの知識を我々に与えてくれることとなります。通達を理解していれば、無駄な争いや、間違った税務判断から納税者や税理士などを守ってくれることにもなります。


 勿論それでも争う、という税理士もいるでしょうが、前にも書きましたが何も争うことだけが税理士の本分ではありません。争うというものは疲れるものです。争って経験を身につけるより通達や先例から学ぶ方がずっと効率的です。多くの税理士が「税理士は法律家である」ということを言いますが、本当にそうであるという自覚があるのであれば「通達は法律ではない」などとうそぶいて自分勝手な税法解釈をして納税者に迷惑をかけ、税務署に呆れられるよりも、通達をしっかりと理解した上で税法を適切に解釈すべきではないかな、と思うのですがいかがなものでしょうか。


 そう思って読めば通達もとても興味深いものになりますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/156-a34d54b8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード