税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > 山中教授に新しい洗濯機をプレゼント  

山中教授に新しい洗濯機をプレゼント

2012 - 10/22 [Mon] - 23:43

 なんでも田中真紀子大臣の発案により、ノーベル賞を受賞した山中教授に閣僚がお金を出し合って新しい洗濯機をプレゼントしたのだとか。ノーベル賞受賞の連絡があったときに、山中教授が洗濯機を直していたことを聞き及んだことがその理由だそうですが、これは・・(恥)。

 これは善意のプレゼントなんでしょうか?それとも山中教授に恥をかかせるための罰ゲームなんでしょうか(笑)? 閣僚でカネを出し合って「洗濯機」を買うだなんて、ホントに日本の政治家のセンス、悪すぎですね。ジョークにしても笑えないです。

 で、今日英語の勉強にVOAのニュースを聞いていますと、このニュースが流れてきました。アメリカででもこんなくだらないニュースが報じられるだなんて、恥ずかしい・・(笑)。ま、アメリカ人から見れば、微笑ましいジョーク、プレゼントに思える話なのかもしれませんが、日本人はいまの民主党の置かれている状況、田中真紀子という政治家の姿を知っているだけに、とても無邪気に笑う気になれないんですよね。

 そもそも、閣僚がカネを出し合って「洗濯機」だなんて。どうせプレゼントするのなら、もっと気の効いたものはプレゼントできなかったんでしょうか?それともやはり政治とカネの関係もあって、政治家から民間人にプレゼントを行うことにはいろいろな法律的な制約があるんでしょうかね?

 しかしなぁ、「洗濯機」かぁ・・・。まず第一にもらった山中教授が、これをもらって嬉しがるかどうかを考えれば良かったのに・・・。奥さんもお医者さんで、お嬢さん達も医学部に通っているようなご家庭なんですから、別に洗濯機が壊れて直していたからと言っても、それはお金がなくて新しい洗濯機が買えないから修理していたわけじゃないでしょうからね。

 単純に「まだ使えるモノは多少壊れたって修理して使えばいいじゃないか」と考えて修理していただけでしょうから、その山中家の価値観、経済観念や教育方針をぶち壊しにする無配慮なプレゼントですもんね。そんなもん、新品の洗濯機が欲しければ、すぐに買いますよ、別に貧乏なわけでもなんでもないんですから。

 本当にこれは政治家連中が上から目線で「いいことした」と自己満足に浸って自慢話を作り、そして山中教授に思い切り恥をかかせただけの話ですよねぇ。田中真紀子って、やっぱり人の気持ちがわからない人ですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1522-11aa4836

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード