税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 山中教授、ノーベル賞受賞  

山中教授、ノーベル賞受賞

2012 - 10/09 [Tue] - 02:04

 山中教授、ノーベル医学・生理学賞受賞しましたね。いやはや、流石です。

 普通ノーベル賞って、ある画期的な技術を開発しても、実際に実用化されてその経済的効果などが広く認められるようになってから受賞することが多いのに、今回のIPS細胞に関する研究についてはびっくりするほどの速さで受賞しましたね。「いずれノーベル賞は間違いない」と誰もが思っていた方ですが、あまりの受賞の速さに驚きました。

 裏を返して言えば、それだけ人類にとって画期的な研究成果だった、ということなんでしょうね。しかも特許は可能な限り山中教授側が取得し、それをオープンにすることによってより広く技術を広め、そしてより多くの人々が安価で治療できるように腐心されておられるところも、人類の医学の発展にとってはものすごい貢献ですよねぇ。

 青色ダイオードの中村教授もノーベル賞に近いと言われていましたが、山中教授は後ろからやってきてあっという間に追い抜いていってしまいました。まあ、人類に与えた影響の大きさからすればIPS細胞の研究のほうが遥かにインパクトは強かったのでしょうね。

 しかし、まだ実際に人類に対して応用して成果が出ているわけでもないのにノーベル賞ですからね。この技術が人類にとってどれほど画期的な発明であるかということがよくわかりますねぇ。何にしてもスゴイことです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1502-e2162b16

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード