税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 竹島は韓国領  

竹島は韓国領

2012 - 10/06 [Sat] - 12:05

あんまり書きたくない話ですが、竹島はほぼ完全に韓国の領土ですねぇ。だって客観的に見れば、どう考えてもそうですやんか。

日本人は誰一人近づくことすらできないのに、海外メディアは韓国経由で上陸できるんですから、誰がどう考えたって韓国の支配下にある島ですやんか。違います?日本人が近づくことすらできない島を「日本領」と言っても、ちゃんちゃらおかしな話ですよねぇ。

状況は北方領土と全く一緒です。いくら「我が国日本の領土」と叫んでみたところで、完全に実行支配されて島に近づけば相手から攻撃されるわけですから、どう考えたって日本の領土なわけないですやんか。はっきり言えば、北方領土と竹島は日本の負けですよ。

それでも取り返したいのなら、そりゃ戦争するしかないですよね?話し合いで解決?そりゃ無理でしょ、相当な金額で買い取る提案をしないと話し合いにすらならないでしょ。

だからこそ尖閣は大事なんですよ、本当に。尖閣だけは今はまだ完全に日本領なんです。だって日本人だけが島に上陸できるし、外国人が上陸したら日本の国家権力で逮捕できるんですから明らかに日本領です。

これを日本は絶対に死守しなきゃいけないんです。今も中国の監視船などがたくさん近寄ってきてますが、海保がそれをしっかりと守ってくれています。本当に頭が下がります。

絶対に尖閣を北方領土や竹島と同じ状況にしてはならないのです。もう二度と同じ失敗を繰り返してならないのです。だからそのために大切なことは、日本人全員が「尖閣は日本の領土」であると強く思うことです。

日本人が自分の領土だと思ってなければ、そりゃ盗っ人みたいな連中に取られちゃいます。だから、日本人自身が尖閣は日本領だとしっかり認識し、そしてそれを盗みにこようとしている国は断固として許さないという気持ちを持つことが何よりも大事なのです。

竹島は完全に日本の作戦負けですよ。だって日本人のほとんどの人が竹島という島の存在すら知らなかったし、ましてやそれが日本領かどうかなんて興味もなかったでしょうからね。韓国に完全に実行支配されてからギャーギャー騒いだって後の祭りですよ。

まあ、とにかく二度と同じ失敗を繰り返さないことですね。尖閣だけは絶対に守っていかないと、本当に「日本って国は一体なんなんだ?」ってことになっちゃいますからね。

最近の様々な領土問題によって、日本人は近年にないほど日本のアイデンティティや、日本という国が置かれている国際的な状況についていろいろと考えるようになったんじゃないですかねぇ。竹島は韓国に取られてしまいましたが、高い勉強代を払ってようやく日本人は大切なことに気がついたのかもしれませんね。

皮肉にも、それに気づかせてくれたのは外交・防衛オンチな民主党政権。日本の政治を任せる政権を選ぶということがいかに大切であるかということも、同時に痛いほどよくわかりました。
関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1497-6797d627

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード