税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 出すぎた杭は打たれない  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出すぎた杭は打たれない

2012 - 10/05 [Fri] - 12:27

 「出すぎた杭は打たれない」と、最近よく言われますよねぇ。「中途半端に出た杭は打たれるけど、出すぎてしまえばもはや打たれない」と説く方もおられます。

 なるほど、それは一理ありますねぇ。でもね、また私が話の腰を折るようなことを言って申し訳ないんですが、世の中に「出すぎた杭」になれる人が一体どれだけいるでしょうか?ゴルフの石川遼くんが同じような言葉を発していますが、彼も二十歳を過ぎて普通の「出た杭」程度になっちゃいましたねぇ。

 いろんな方面から打たれたからでしょうか、それとも練習しなかったせいでしょうか、あるいは勝てなくても大金が稼げるので「出過ぎた杭」になる意欲を失ったからでしょうか。

 確かに「出すぎた杭は打たれない」というのはとても面白い言葉なんですが、本当にそういう資質や才能を持っている人って千人に一人、あるいは万人に一人いればいいくらいな話です。普通の人が「出すぎた杭・・」の話を聞いて「よ~し、俺も『出すぎた杭』になってやる!」と意気込んで頑張ってみても、それはただ単に勘違いしてワガママ、傍若無人に振る舞って自分が好き勝手にやっているだけ。

 それは単に周りに迷惑をかけているだけですから、もし多少の経済的成功を収めたとしてもやがて他人からの妬みによって足を引っ張られることが多いです。これは日本だけのことじゃありません、世界中どこでも妬みや誹りはスゴイものです。

 だから、私の個人的な考えで行けば、最初から「出すぎた杭」を目指すのはやはり処世術としては間違っているのではないかと思うのです。もしより大きな成功、代々続くような成功を目指すのであれば、やはり「出すぎた杭」にはならないほうが賢い選択だと思うのです。

 世の中に数多く存在する、代々続いているようなお金持ちの方々は、殆どの方々が「出すぎた」振る舞いはしません。フェラーリを乗り回すわけでもなく、高い服を買ったり、高額消費ばかりをしているわけではありません。むしろ実に堅実な生活態度で過ごしておられます。

 なぜならそんなことをすると「あの人、お金持ってるみたいだからなんか腹立つ。何とかしてギャフンと言わせたい!」と思う人が周りに増えてしまうからです。そう、だからできる限り目立たないで、普通のふりをしている方が何かと得であることをよく知っているのです。

 今からお金持ちを目指す方々も、私は「出る杭」や「出すぎた杭」になって目立つのではなく、周りに気付かれない程度にうまーく商売で成功を収め、そして資産形成していく作戦をおすすめしたいですねぇ。周りの人が気が付かないうちに少しずつ資産を作っていき、気がついた時にはもう誰にも打たれないような「出すぎた杭」レベルの資産が形成されていた、というのが一番賢いやり方だと思うのです。

 どんな国、どんな社会でも、「目立つ」ことは攻撃の対象になります。攻撃の対象になるということは、それだけこちら側もエネルギーを使って戦わなければならないということです。それはやはり大変なことですし、何かと消耗します。

 だったら、目立たないように物事を進めて、なるべく攻撃を受けないようにするほうがいいですよねぇ。で、相手からから攻撃されないような「城」を静かに静かに造りあげていって、ある日気がついたら誰にも攻撃できないような要塞が築きあげられていた、というほうが強いですよねぇ。

 少しばかりの小金を持つようになると、人間つい他人に自慢したくなるものです。他人に奢ったり、高額な時計を買い、高いスーツを身につけ、そして夜の街でお姉ちゃんと派手に遊びたくなるものです。それも人情としてわかりますけど、そういう生活は周りの人から「妬み」を買いやすいものです。

 妬まれると何かと損です。いらぬストレスを抱え込むことになりますからね。だから、可能ならば「出すぎた杭」を目指すよりは、傍から見て「出てるかどうかわからない杭」のふりをしている方が成功するためにはいい作戦じゃないかなぁ、なんて思ったりもするわけです。

 これらは結局確率の話しなんですよね。世の中にほんとうの意味で「出すぎる杭」になれる資質を持っている人が万人に一人なのだとしたら、それを目指すより百人に一人くらいがなれる「ちょっと出た杭」くらいで密かに勝ち残っていくほう勝算があるでしょう、という話なんです。人生の期待値はどちらも一緒かもしれませんけど、リスクを考えれば後者のほうがいいでしょ、って話ですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1496-e6a188b5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。