税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 経営・ビジネス > 「付加価値」の大切さ  

「付加価値」の大切さ

2012 - 10/03 [Wed] - 00:31

 ホント、最近ビジネスで大切なのは「付加価値」だと思いますね。ええ、もちろん会計用語で使われる「付加価値」ではなく、一般的な意味で使われる「付加価値」です。

 だってね、水割りを一杯飲んでも原価は100円するかしないかじゃないですかぁ。でもそれを綺麗なビルにある大きなお店で、綺麗なお姉さんがソファの横に座って飲めば1万円になるわけですからね。水割りには付加価値はないんです。家で飲んでもお店で飲んでも物理的な差は全くありません。

 違うのは「雰囲気」なんですよね。家で一人で水割り作って飲んで1万円払うバカは世の中に一人もいないでしょう(笑)。でも綺麗なお姉さんと肩を並べて、それなりに楽しいお話をしながら原価100円の水割りを飲む時には、1万円払っても悪くない、と思う人が多いんですよね。私は思いませんけど(笑)。

 だからどんな商売でも一緒なんです。付加価値って、ハッキリ言って「雰囲気」なんですよね。例えば、Aという定食屋にはものすごく可愛い女の子が愛想よく働いている。一方のBという定食屋は50過ぎのブサイクなおばはんが無愛想に働いている。どちらもアジフライ定食は600円。さてどちらのお店に行きますか?

 多分、確率的に言えばAのお店に行く人のほうが多いでしょうね。だって男はスケベですから、可愛くて若い女の子がいると分かれば、そのお店に行ってどれくらい可愛いか確かめ、そしてその女の子と喋りたいと思うからです。

 いや、商売って案外そんなもんなんですよね。モノが良ければ売れるわけじゃないんです。なんでも正直なら売れるもんでもありません。お客さんが「このお店にお金を払いたい」「この人と一緒に仕事をしたい」と思うのもお店にとっては立派な付加価値なんです。

 そう考えると、値段も大切ですが、値段だけじゃなくって愛想とか礼儀の良さって商売にとってものすごく大切だと思いませんか?だってそれだけで流行っているのがガールズバーじゃないですか。私は行ったことないですが、想像するに若いオネーチャンたちがお店で相手してくれるお店なんでしょ?そのお店の付加価値は何かといえば、「可愛くて若いオネーチャンと楽しく一緒にお酒が飲める」ってことですよね。それにお客はたくさんお金を払ってくれるわけです。

 商品の良さと値段だけで物が売れるのはネット販売だけですよ。いえ、それすら店側の対応の善し悪し、すなわちサービスの質で選ばれることが多いわけです。人を介することが殆ど無いネット販売ですらそうなのに、対面でものやサービスを売るのであれば、値段だけではなく、接客や雰囲気がどれほど大切であるかお分かりになりますよねぇ。

 今の時代、勝ち残っていくためのポイントはこの「付加価値」だと思いますね。もちろん価格も大切な要素ですが、商品そのもの、サービスそのものの値段以上のプラスアルファをお客さんに与えられるかどうか、が一番大切ではないかと思います。それができる事業者は勝つことができるし、「サービスや商品をただ値段通りに売ればいい」と思っている事業者は負けますよね。

 税理士だって一緒ですよね。確かに今税理士の世界も価格競争が激しく、勝ち組と負け組が分かれてきています。負け組から勝ち組に移ろうとするならば、じゃあどんなサービスを関与先に対して提供すればよいかということが、この「付加価値」の話から得られるのではないでしょうか。

 偉そうにふんぞり返って、昔ながらの高い報酬を請求して、関与先に上から目線で仕事をやっている税理士事務所が昔のように勝ち続けるためには、いまからどんな付加価値をつければ良いのか?あるいはそんな付加価値のない事務所がそもそも生き残っていけるのか?今から独立して事務所を経営していくのであれば、どのような付加価値を提供すればお客を増やすことができるのか?

 一緒です、どんな商売も。たこ焼き屋やクラブだって、弁護士や医者だって、突き詰めれば全部一緒です。「付加価値」を提供できる事業者だけが勝ち残るようになっています。「付加価値」の大切さに本当に気づいた事業者がより多くの利益を手にすることができるはずです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1492-ce7276ad

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード