税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 日本人は時間を守らない  

日本人は時間を守らない

2012 - 10/02 [Tue] - 17:17

 「日本人は時間を守らない」という話をネットで見つけました。曰く「日本人は全然時間を守らない。遅刻には厳しいくせに、仕事の終了時間は守らない」からなのだとか。

 ま、それはそうかも知れませんけど、でも日本人は時間にうるさく、そして時間を守りますよね。だって考えてみてください。自分が遅くまで仕事をしたからといって、誰に迷惑をかけるんですか?むしろお客さんなどに迷惑をかけないために遅くまで仕事をするわけですから、いったいそれの何が悪いっていうのですか?

 外人の「時間を守らない」は、そもそもスタート時間を守らないわけですからね。「何時何分にどこそこに集合」と言っても、きちんと時間通りに来ないわけですから、これは日本人の感覚で言えば待っている人たちに迷惑をかけているわけです。しかもそこから先の工程が全部遅れちゃいます。

 外人の感覚で言えば「それもそれ。工程が遅れたら、また違う楽しみがあるはず」という話になるんでしょうが、それはただ単にいい加減なだけ。それを「人生を楽しんでいる」と表現する人もいるでしょうが、楽しんでいるのは遅れても気にしていない本人だけ。それに振り回されている周りの人達はみんな迷惑しています。

 だって40歳以上の人たちは思い出してください。なぜバブル時代までの日本が経済的に豊かになったのかという理由は、「時間(納期)を守ってきちんと製品を作り、そしてそれを約束通りの内容で提供していたから」だったはずです。そして日本人は、その納期を守るためにいっぱい残業して働いていたのです。だから豊かになれたのです。

 そしてあの当時すでに衰退が始まっていたイギリス、フランス、スペイン、イタリアなどの労働者を見て私たちはどう思いましたか?「あんなに昼間からワイン飲んでいい加減に仕事するくせに、5時になったらきっちり帰る。そりゃいい仕事が出来るはずないし、国も落ちぶれる」と思ったはずです。

 その後世の中はどう変わりましたか?先ほどのヨーロッパはマシになりましたか?ユーロの没落は更にひどく、目を覆うばかりですよねぇ。日本は?日本もバブルで余裕をカマしてしまったために、その後「一生懸命働かなくてもなんとかなる。人生楽しもう!」的なラテン思考になびく人が増えてしまい、勉強をしない子供をたくさん排出し、驚くほどのスピードで没落していっています。

 一方で、一生懸命勉強して敵対心むき出しで挑戦してくる韓国や中国は世界からカネを集めています。だからやっぱり「人生を楽しんでいる人たち」の真似なんかしちゃダメなんじゃないですかね?そんなことができるのは、先祖代々の土地も家もあって、生活に大してお金もかからないで食費と遊ぶカネがあれば生きていけるような人たちが言うこと。

 日本人の多くはそんな事出来ないんじゃないですか?だったら、一生懸命働くしかないじゃないですか。約束守って、納期守って、品質を守って、そしてきっちりとお金をいただく。あたり前のことと違いますか?それを達成させるために就業時間を超えても自主的に残業する、それの何が悪いというのですか?それをやらないから儲からへんのと違いますの?

 人生を楽しむ、って言ったって、楽しむためにもお金はいるでしょうに。お金や働くことの大切さを考えないで「人生を楽しんだ」人たちが、歳をとったら悲惨ですよ。そしてそんな人達が沢山集まっているのが赤道直下の暖かい国の人達であったり、ラテンの人たちですよねぇ。

 「なんで彼らはそれでも暮らせるのか?」。ラテンの人は別にして、マレーシアのある会社の社長さんがこう言いました。「それは、手を伸ばせばどこにでもフルーツの木があって食べ物に困らず、暖かいから家がなくてもどこでも寝られるから」なのだとか。だから「マレーシアの人はあまり一生懸命働かない」と嘆いていました。

 日本人はどうですか?南国のような暮らしができますか?できないのなら雨風をしのぐ家に住み、食料をお店から買ってきて御飯食べるしか無いでしょう。だったらお金いりますやんか。日本でラテンや南国暮らしを目指すのなら、究極の姿はホームレスですよ。お金で何かを手に入れること以外は自由ですよ、すべて。それが理想の暮らしなんですか?

 人間って、風土によって人間性が形成されるじゃないですかぁ。日本に生まれ育った私たちは、ラテンや南国の人のようなのんびりとした暮らしができない場所に住んでいるんですよね。豪雪地帯があり、毎年必ず台風が来て、時々大きな地震があって家が壊れ、更には何十年に一度は町を飲み込む津波も来る。だから家は石造りじゃなくて木で出来ているわけですよねぇ。そのせいでヨーロッパのように家は何百年も保ちません。だから家にかかるお金が高いんです。でもしょうがないんです、日本はそういう場所だから。

 だったらヨーロッパ人や南国の人たちのように「人生を楽しむために仕事をしよう!」なんてことを言っていちゃいけないんですよ。それが日本人のいわば宿命なんです。バブル以降、それを忘れてラクして生きようとしているから今のようになっただけのことですよ。

 だから、話を最初に戻しますと(笑)、日本人は時間を守りますよ。そんなもん、最初に会う時間や電車の時間ですら管理することができない人たちにとやかく言われたかぁないです。別に残業したくなかったら、他の人が仕事をしていようとさっさと帰りゃいいじゃないですか。人に迷惑をかけないために仕事しているだけなんですから、そんなこと人に迷惑ばかりかけて平気な顔をしていられる連中に言われたかありませんね。

 ええ、日本人は勤勉さがとりえなんです。真面目がとりえなんです。それを忘れたから国が落ちぶれていっているんです。本当に、それだけですよ。だから日本を立て直すのは簡単。みんながまじめに、一生懸命働けばいいだけのことですよ。

 ・・と、思いますけどねぇ。ま、それが簡単にできないからずーっとダメなんですよねぇ・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1491-ea0994be

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード