税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 「反原発」論者たちの偽善  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「反原発」論者たちの偽善

2012 - 09/20 [Thu] - 13:44

 前回も「原発ゼロ」に関するブログを書きました。事前に断っておきますが、私は別に「反原発」「原発ゼロ」という意見を持っている方たちが間違っている、と言うつもりは毛頭ありません。私だって元々は原発など無いほうがよいという考えを持っていましたし、そりゃ原発がゼロになることは理想だと思っています。

 ただ、私が文句を言っているのは、ただ感情論から「原発なんて世界を不幸にするもの。私達の大切な自然と平和な社会を守るためにも原発なんて即時廃止!それ以外考えられない!」とヒステリックに主張されておられる方々に対してです。実はそこには「原発廃止」を隠れ蓑にして別の主義主張を広めることが目的であることが多いので、私はそういう強行で過激な反原発論者たちを信用していないのです。

 よくあるじゃないですか、手相を見ましょう、占いをしましょう、ということで暗くて狭いお店に行ってみると、そこで「あなたには悪魔が取り憑いている。このままでは大変なことになるので、悪魔を浄化するためにこのありがたいツボを毎日拝むのがいい。他のお店で買えば◯百万円するたいへん価値あるものが、この度はあなたが本当にお困りのように見えるので、特別に20万円にしておきましょう。」みたいな話が(笑)。

 そのエセ占い師の目的は、占いをしてあなたの人生を読み取る事じゃないんです。そいつの目的は、占いにかこつけて価値のないツボを20万円という法外な値段で売ってボロ儲けすることにあるのです。過激な反原発論者も一緒で、彼らは表向きには「原発ハンターイ!原発いらなーい!」と叫んでいますが、本当の目的はそこで知り合いになった人たちに自分たちの主義・思想や反政府活動などを広めて仲間にすることが目的なのです。

 だってね、彼らの偽善を見破るのなんて簡単ですよ。彼らは福島原発の事故を契機として「反原発」や「原発ゼロ」を声高に叫んでいるわけですが、それは「福島での人々の安全で幸せな生活を破壊したのは原発のせい。福島の人たちの平穏な生活を取り戻すためにも、電力会社や政府は一日でも早く被災地を原状復帰させて、その上で原発を全部即時停止して平和な日本を実現すべき!」という主張に基づいているわけですね。

 でも、同じ人に対して「福島の原発事故処理をすすめるためにも、がれきの受け入れや産廃の処分場建設をあなたが住んでいる自治体で行いたいんですけど」という話を持ちかけてみましょう。するとまず間違いなく、先程まで「反原発」「福島の原状復帰最優先」を主張していた同じ人物が、気が狂ったように泣き叫びながら現地説明会場などでがれき処分反対活動を行います(笑)。

 「福島がかわいそう」「福島の人に一日でも早く平穏な日々を」などと言っていたその舌も乾かぬうちに、「わが町を放射能から守るためにも、放射能汚染がれき受け入れハンターイ!」となるわけです。結局この人たちは福島復興に協力する気なんて無いんです。「福島の原発がれきは、福島に封じ込めておけ!なんでそんなもの他の地域が協力してやる必要がある?福島は他の地域の住民にまで迷惑かけるな!」というのがその人達の本音。

 ついでにこの人達がいま広島(失礼、山口ですね)で一生懸命なのが「オスプレイ導入ハンターイ!」ですね(笑)。もうこの人たちは、とにかく「お上」がやることについては全部反対なんです。理由なんてどうでもいいんです、とりあえずそれらしい理由をつけてお上がやろうとしていることに「反対!」と叫んでいるだけ。

 実は自分でも「じゃあどうすれば現実的に解決できるのか?」という答えは持ってないし、考えるつもりもないんです。ただ「お上=悪、市民=お上に騙されて搾取される可哀想な人達」という極めて貧困な頭しか持ってないから、お上がやることにはなんでも反対なんです。

 結局、何も考えてないんですよ、こういう方たちは。「可愛いのは自分だけ、正しいのは自分の意見だけ」なんです。「福島の方たちも除染処分が進まなくて困っているから、じゃあ汚染のレベルが低い廃棄物に関しては処分できるように私達も協力してあげないといけないな」なんて気持ちはゼロ。「神事の薪に使う木が東北産だから住民から反対意見があった」といったエピソードもかつてあったように、一部のエキセントリックな反原発、反核論者たちがここぞとばかりに様々な「反福島」「反東北」活動を繰り広げているだけなのです。

 だからあの人達の過激で極端な意見に踊らされていちゃダメなんです。もちろん普通に「反原発」「反核利用」を考えることは決して悪くないし、みなさんがそれぞれの立場でそれぞれの意見をお持ちになればよいと思います。ただ、いま街頭やメディアで一生懸命に「原発ゼロ」や「原発再稼働反対」を声高に叫んでいる人たちの意見をそのまま受け入れてしまってはいけません。なぜなら彼らはタダの「反政府」「反大企業」「反官」が信条の「非主流思想家・活動家」たちだからです。

 ですから、彼らの偽善に惑わされることなく、原発や電力のことについてはできるだけいろんな意見を参考にしながらご自身で考えていただきたいなぁと強く願いますね。一時の流行、ファッションのように「反原発」を叫ぶことがトレンド、みたいな感覚で「反原発」を叫ぶことはどうかお控えください。それじゃ中国政府の意図に踊らされて日本企業を襲撃した中国の下層民衆と何ら変わらないです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1478-f3315e85

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。