税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税務・会計 > 差押えの場合の時効はどうなる?  

差押えの場合の時効はどうなる?

2012 - 09/13 [Thu] - 22:34

 普通に税理士業務をやっておりますとなかなか出会わない事例なんですが、時々税金を滞納していて差押え処分などを受けるケースがありますよね。

 先日もそういった事例の相談を受けまして、私自身がいまいち不案内だったので調べました。相談の内容というのは、税金の滞納をしていた7年前に財産を差押えられ、その後課税当局からは現在に至るまで何の連絡もなかったのに、つい最近「滞納している税金は◯◯円です。納付いただけない場合には差し押さえている財産を競売にかけざるを得ませんので、ご連絡ください」との通知書が突然届いたのだとか。

 納税者の側はそこに記載されている加算税の額に驚いて、「そんな、7年前に財産差し押さえていたのなら、もうすでに時効(5年)が成立しているんじゃないか?こんな税金収めないといけないのか?こんな長い間放ったらかしておいて、今になって利息たくさんつけて『払え』なんて言われても到底納得出来ない。」という内容だったわけです。

 相談を受けて国税通則法(72条、73条あたり)を調べても、どうも当を得ません。「んじゃ、民法調べよ。」と思って民法(147条、157条あたり)を調べても、結局のところは「差押が終了することによって時効は中断する」「中断から◯年経てば時効は成立する」と書いてあるだけ。

 結局のところ、「差押の終了ってなんだ?」という話になるわけですが、どこを見てもそんな事詳しく書いていません。そうやって調べてみると、あったあった、全く同じ内容で国税不服審判所の事例がありました。平成22年2月22日に裁決された、裁決事例集No.79がそうです。

 この不服審判事例でも、結局納税者が「そんな徴税側の都合に合わせてほったらかしにされていたりしたら、こっちはたまったもんじゃない。財産を差し押さえた時点で時効の中断は終了するんじゃないか?」と申し立てたようです。私が受けた相談と全く一緒。

 結論は残念ながら「差押えの場合の時効の中断は、その差押物件を競売等で処分して換価したり、差押が解除された時点を持って『時効の中断が終了した』ととらえる。だから財産が差押えた時点から何年経とうが、そのようなことがない限り時効が中断した状態(=時効が進行しない状態)が続いているだけ、と解される。」とのこと。

 結局のところ、それが納税者にとって一見不利に見えるかもしれませんが、「滞納になってる税金を早よ納めてくれたら、別にそれで話は丸く収まる話やんか」というだけのことなんですよね。つまり財産を差押えて人質にとっているけれども「それはあくまであんたが税金払わへんから代わりに担保にとってるだけ。それを返して欲しいんだったら稅金早よ払いなはれ。あんたが何もしてけえへん限り、時効もストップしたままやで。」ということのようですね。

 その理由は「財産を差し押さえたから言うても、そんなもんそんな財産処分するんめんどくさいし、処分しにくい財産だってあるやんか。財産差し押さえたって、稅金は早よ収めなあかんもんなんやから、時効が中断し続けるからといって納税者に不当な結果を招くわけとちゃう」という事なのだそう。まあ、徴税側に立ってみればそういう理屈は成り立ちますわね。

 と、いうことで、私が相談を受けたケースも全く同じ答えを納税者にお伝えしました。納税者はそれでも不服なようでしたが、争っても勝ち目はないでしょうし、それに差押財産を処分されると困るとのことでしたので、「だったら、早急に本税納めて、附帯税は当局と交渉して負けてもらえるようにお願いしたらどうです?」という話に落ち着きました。

 なるほどな、時効の中断っていうのはよく聞く話ですけど、差押えられた場合には時効がどう進んでいくのかっていまいちよくわかりませんでしたからね。結局は差し押さえた財産が処分されたり、差押えが解除されたりしない限りはずーっと時効の中断状態が続いている、ってことなんですよね、それがたとえ何年であったとしても。ま、滞納している稅金は早よ払え、っちゅうことですね(笑)。

 ふうむ、勉強になります。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1468-d3e7538a

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード