税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポーツ > 阪神愛  

阪神愛

2012 - 09/09 [Sun] - 21:47

 阪神に中村GM誕生ということで、よくも悪くも話題になっています。ファンにとって中村GMのイメージはあまり良くないようで、その理由は中村GMが監督だったころが阪神の「暗黒時代」と呼ばれているからだそう。

 私自身は阪神地区に何十年住んでいながらも、別に熱烈な阪神ファンというわけではないのであまり興味はないのですが、阪神ファンでない人間から見れば、阪神ファンというのは実に奇妙な方たちであるというのが率直な感想です(笑)。なぜあそこまで阪神の勝ち負けに気持ちが入り込めるのか、そこがまずわかりません(笑)。

 阪神ファンというのは世の中に多いので、前もって謝っておきますが、ファンでない人間から客観的に見させてもらいますと、阪神ファンの方々はマゾヒスティックといいますか、懲りないといいますか、そこが私には一番わからない点ですね。負け続けても負け続けても、それでも応援できる姿勢がどうしても理解できないんです。

 もしかして、負けることを心のどこかで期待しているんじゃないかというふうにすら見えてしまうんですよね(笑)。で、たまに勝っちゃったりすると「その時の快感がものすごくてたまんないの」みたいな。その希な快感をより高めるために、日々の負けにひたすら耐え忍んでいるいるんじゃないかと・・(笑)。

 たまに甲子園球場に足を運びますと、その思いがいっそう強くなります。色とりどりの阪神の法被を着てそこに集まっている阪神ファンたちのお祭りとも言える熱心な応援はすごいです。7回になるとみんなでジェット風船ふくらませて、どこのおっさんのツバが付いたかわからないきったない風船が頭の上に落ちてきても気にもしません(笑)。

 しかし試合が終わったとたん、負け試合であればファンのみんながいっせいに選手や監督に罵声を浴びせかけます。グラウンドにさっきまで一生懸命応援に使っていたメガホンを投げ込んだりします。それで腹がたって二度と阪神の応援などしないのかと思えば、ちゃっかりとまたすぐ法被を着て甲子園にやってきて、お祭り騒ぎで楽しそうに応援し、そして負けたらその瞬間にまた罵声を浴びせて帰っていきます・・(笑)。

 申し訳ないんですが、何が楽しいのかわからないんです(笑)。そんなに負けて罵声を浴びせたいほど腹が立つのなら、そんな弱いチーム端から応援しなけりゃいいのに、って思っちゃうんですよね。弱いチームを熱心に応援する気持ちが私にはわからないですねぇ。「弱くても強くても応援するのが本当のファン」と言いたいのだと思いますが、だったら負けた時に選手に罵声を浴びせるのはやめたらどうですかね?罵声には球団や選手への敬意や愛は感じられませんけどねぇ?

 結局阪神をネタにして騒ぎたいだけなんじゃないかと思うんですよね。だから勝っても負けてもどっちでもいいし、負けたらボロクソに選手や監督の悪口を言って、それをサカナにまた酒でも飲むだけの話(笑)。それなら、そういう位置づけにしてくれたほうが他人にはわかりやすいです(笑)。

 本当に阪神のファン、阪神に強くなって欲しいと願っているファンだったら、阪神が弱くなったら球場に足を運ぶのをやめたり、テレビで試合を見るのをやめたくなると思うんですけどねぇ。だって本当に阪神が好きなら、しょぼい試合をしている姿なんか見たくないでしょ?

 昔から言われているように、阪神が弱いのは、結局強くても弱くても試合を行えばほぼ満員に客が入り、テレビの視聴率もそれなりに取れるからなんですよね。だから球団側も選手も弱いことに対する危機感がなさすぎるんです。ええ、結局ファンがチームをちやほやしすぎるから弱いんです。

 そもそもいくら贔屓のチームだからといっても、弱いチームがやるヘボい試合を見て面白いですかねぇ?私が醒めている人間だからかもしれませんけど、そんな下手くそな試合をやって負けるような試合を見たって全然面白くも楽しくもありません。だから弱くなった阪神の試合なんてテレビで見る気もありませんね。

 ファンも本当に阪神に強くなって欲しいと思っているのなら、甲子園でいつもいつもお祭り騒ぎのように楽しそうに応援して、負けたら手のひらを返したように罵声を浴びせるようなことを繰り返すんじゃなくて、しょーもない試合を阪神がやってたら、試合の途中であってもお祭り騒ぎするのを止めたらどうですかね?て言うか、あの甲子園の鳴り物応援、何とかなりませんかね(笑)?甲子園で試合を見てるとうるさくってしょうがない(笑)。

 ファンに応援をやめられるのが球団や選手には一番堪えますから、ファンが本当に阪神を愛し、阪神に強くなって欲しいのなら、ファンも毎回甲子園でバカ騒ぎするだけじゃなくって、弱い阪神を突き放すのも大事じゃないですかねぇ。

 ま、もちろんそんなことは無理だと承知しています。だって負けても勝っても常に阪神を応援するのが「阪神愛」だとみんな信じてますからね(笑)。阪神の勝ち負けに自分の人生すらを重ねあわせようとするのが真の阪神ファンでしょうからね(笑)。

 うーん、ムリだな、私は絶対にそこまで阪神を好きになることができない(笑)。野球は好きなスポーツの一つですけど、選手の名前を一人ひとり覚えたくなるようなチームは今ないですし、そこまで一生懸命に阪神を応援することはできないですねぇ(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1462-9552f7c2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード