税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 賃貸物件退去の立会業務  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸物件退去の立会業務

2012 - 09/01 [Sat] - 00:20

 先日の朝、とある関与先から電話が入りました。「いや、もりりさんもご存じの建物貸してる例の会社から『今日退去しますんで』という連絡がありましてね。私も立ち会おうと思うんですけど、ちょっと1人じゃなんなんで、もりりさんも来てくれません?」とのこと。

 「ええ、かまいませんよ。なんかややこしいこととかあったらいけませんからねぇ。」とお返事してその日の3時頃現場に向かいます。その建物は最近とても業績を伸ばしているある事業者に工場として貸していたもので、うちの関与先にとってはなかなか良い収益物件だったのですが、賃借会社の都合で退去することになったのだとか。

 工場として使っていた建物ですので、様々な工事をしていたり、損耗などの心配もあります。その費用負担をどうするかということで、双方が揉めてもなんだから、ということで私に立会要請があったわけです。別に私が立ち会ったからといってどうなるというものでもありませんが、複数の人間が交渉現場に立ち会うというのは大切なことです。

 心配している関与先の社長から「事業者に建物を貸したとき、退去時の原状回復にはどんな点に気をつけるべきやろか?」と朝電話をいただいたときに質問をもらっていたので、ネットで調べて事前に社長と打合せをして現場で先方と立ち会います。

 しかし、新興で業績を伸ばしている会社なので借り主の立場を強気に主張するのではないかという事前の心配をよそに、貸し主の社長が指摘する原状回復要望点については「はい、はい。わかりました。じゃあここもそこも取り外して直すと言うことですね?」とすんなりと話は進んでいきます。

 暑くて蚊が多い現場で立ち会った全員が無数の蚊にかまれつつ(笑)、あとから工事業者も現場に来て打合せをしたりと正味2時間くらいの立会作業が終わって、なんだかんだと打合せをして、そして賃貸会社と賃借会社が同業ということもあって、業界の動向、お互いの会社の現状や戦略などについて話をしているのを横で聞きつつ解散となりました。

 仕事が終わって家に帰り、「ふーっ、今日は現場で蚊にかまれながら大変だったよ。」と家族に話しながらその日の朝刊に目を通していると「A社、◯◯工場を閉鎖」という記事が。内容を見るとうちの事務所の関与先が建物を貸していた会社の記事で、まさにその賃貸契約終了の話に関する記事が書いてあり、「俺、その工場明け渡し現場についさっき立ち会ってきたところじゃない。」とビックリ(笑)。

 立ち会った際には新聞に出るほどの大きな話だったとは思いませんでしたが、まあでも賃借会社は勢いのある会社なのでこういった小さな動きも記事になるんでしょうねぇ。ま、なかなか面白い出来事でした(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1454-3481105f

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。