税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 相手にするのもバカらしい中国と韓国の話  

相手にするのもバカらしい中国と韓国の話

2012 - 08/29 [Wed] - 23:27

 相変わらず、お韓国やお中国ではくだらない反日運動が起きているのだとか。もうここまで来れば、韓国と中国の民度の低さに笑えるほどで、腹が立つとか仕返しとか考えるのもバカバカしいくらいの話です。だって日本人ならこんなレベルの低い幼稚なことをやるヤツなんてまずいませんもの。

 韓国では日本大使館に向けて汚物(たぶん「おしっこ」?)の入ったペットボトルを投げつけた奴が逮捕され、中国では丹羽大使の乗った車を走行妨害し、日本の旗を公用車から取って喜んでいた輩がいたのだとか。あまりの事件のレベルの低さに、これらの行動に対して怒るとか、抗議するとか、もうそういうことすら感じませんね。だってよその幼稚園児がワケ分からんことしてきて、本気で怒る大人なんていないでしょ?

 自分の小便か大便をわざわざペットボトルに入れて、それをわざわざ大使館まで持ってきて投げた?はぁ、ご苦労様なことで(笑)。その準備の様子を想像するだけでも、アホらしくなりますね。よーやるわ、って感じ。こんな連中を相手にする方がバカバカしいです。そんなレベルの連中なら、好きにやらせておけばいいです。そして大使館側は汚された被害額を韓国政府に補償してもらえばいいだけのこと。

 そして中国の公用車から旗を取った話。これはある意味大事件ですが、こんな事件が国内で起きるようでは中国に大使館を構えている他の外国政府からの中国政府に対する信頼がた落ちです。事件を起こした連中は「こんなことしたら日本が困るやろ、ザマミロ」と思って旗を取って喜んだんでしょうけど、やはり外国の大使に対しては完全治外法権と身の安全を中国政府が保障する義務がありますからね。これは中国側の重大な落ち度になってしまいます。

 それをできなかった、あるいは外国大使の身を危険にさらすような行為を中国国民が行った、という事実が中国政府に与える影響は大きいと思いますね。これは、中国政府が日本大使に対してどうこう、というだけの話にとどまらず、全外国の大使に対して信用を失墜させる行為ですからね。これは日本に対する嫌がらせ、というより中国政府の失点となる可能性が高いです。

 まあ、大使側は車のナンバーや乗っていた連中の顔写真もきちんと撮って、それを中国側に渡しているようですから、中国政府としては自国の信頼を維持するためにも、この事件の犯人をすぐに逮捕して厳罰に処するんじゃないかと思いますね。

 いくら相手が日本であったとしても、中国政府として看過できる話とそうでない話はありますからね。これに関してはさすがの中国政府も見せしめ的に犯人達に対して重い刑を科すると思いますね。もし、そうしなかったら中国政府の対外的なメンツ丸つぶれですからね。

 今回の事件ばかりは、さすがに中国も韓国もちょっと恥ずかしいというか、された日本側から見てもただただ呆れるだけという感じですね。中国の事件では「中国という国の信頼」が損なわれ、韓国の事件では「韓国民のレベルの低さ」が出てきただけのような気がしますね。

 なんか、こんな低い国とまともにケンカするのもバカバカしい気がするけど、でも連中がケンカを売ってきて日本の領土を盗ろうとしているわけですから、いくら相手がバカでレベルの低い連中であっても日本としてはしっかりと守るべきところは守らなきゃしょうがないですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1452-d5669246

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード