税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 日本は東アジアのいじめられっ子  

日本は東アジアのいじめられっ子

2012 - 08/10 [Fri] - 16:28

 韓国の大統領が竹島に上陸したそうですが、こういった外交問題が生じるたびに多くの国民が「日本政府や外務省は弱腰だ」と批判します。私もよく批判します。

 しかしよくよく考えてみますと、じゃあ「弱気でない日本外交」ってどういう姿でしょう?今回のように「韓国大統領が竹島に上陸します」と韓国側からアナウンスを受けた後で、日本側がどう対応すれば「弱腰ではなかった。しっかりやった」と言われるのでしょうか?

 いえ、みなさんが本気で考えてみてください。野田総理や外務省がどういう対抗策を講じれば「強気の外交」だと思います?駐日大使の送還、駐韓大使の召還?外交ルートを通じた抗議?それで何か事態は変わります?

 国が強気の外交を行うのだとすれば、そりゃ軍隊を竹島付近に展開して威圧をかける、というのが一般的な姿勢でしょうね。或いは大統領が上陸する前に武力で阻止する、というのが普通のやり方でしょうね。でも、その「普通のやり方」を行うことを日本の国民の多くは望んでいないですよね?

 そう、つまり国民が望んでいないから「日本は外交問題について弱腰」なんですよ、結局。首相だって強気に出れないんですよ、日本国民が文句を言うから。武力で解決しようなんて発言したとたんに「右寄り」だの「旧日本軍の過ちを再び起こす気か」とかさんざんな批判を受けますからね。テレビカメラの前で泣き出すおばさんまでいますからね。

 じゃあ、どうすれば効果的な「強い対応」ができますの?国民の大半が「強気でいけ!軍隊を出動してもかまへん!」と言わない限り、国としても絶対に強気にいけないわけですから、ポイントになるのは国民ひとりひとりがこういう領土問題などが生じた際に、侵略した国に対してはっきりとした抗議の意志を示すことですよ。

 はっきり言って今は情報に溢れている時代ですから、別に国として軍隊を出動したりしなくても、民間レベルで強烈に抗議の意志を示せばそれは相手国に伝わるんですよ。日本でテレビを観ていても、何か気に入らないことがあったらすぐに中国や韓国の連中がヒステリックにデモを行い、日本の国旗を焼いているような姿を目にするじゃないですか。

 そういう様子を見ていると「ああ、中国や韓国の人達、何か知らんけど怒ってるみたいやな」と日本人もうっすらと感じるじゃないですか。でも今回の竹島の件についてだって、こんなとんでもないことを、しかもオリンピックという平和の祭典期間中にやって来る相手に対して、たいして怒りを表示しないじゃないですか。

 今回の韓国側の行為なんて、冷静に考えればものすごく失礼で、日本の神経を逆撫でする行為なわけです。でもそのことに気がついて文句を言う日本人はほとんどいないわけです。更にデモを行って韓国国旗を燃やすような抗議行動を行う連中もほとんどいないわけです。

 でも、だから韓国や中国、そしてロシアがつけ込んでくるわけですよね。民主党政権になってから、この3国が入れ替わり立ち替わり日本の領土を侵略してきているという事実を、どれほど多くの国民が真剣に捉えているでしょうか?次は間違いなく中国側が尖閣諸島に来ますよ。だってロシア大統領が北方領土に、韓国大統領が竹島に、と来たら、残っているのは中国の元首クラスが尖閣諸島に、となるに決まってるじゃないですか。

 東京都が尖閣諸島を買うと表明してから、この3国は領土問題について日本に対して更にプレッシャーをかけてきているわけです。そうさせないためにどうすればいいと思います?国に強硬に動いてもらうためには、それを国民が支持しなければなりません。支持するためには国民の多くがこれらの3国の振る舞いについて、真剣に怒っているという意思表示、ポーズを3国に対して示すことが大事なのです。

 国が表立って動かなくても、国民レベルが「自主的に」相手国を侮辱するのは、はっきり言って外交上の作戦あるいはショーなわけです。貿易摩擦華やかなり頃にはアメリカ人が日本車をハンマーで壊しましたし、中国人や韓国人はデモをする際に日本を含め他国の国旗を燃やします。それは国全体としての抗議の意を示すためのパフォーマンスなのです。政府が相手国の国旗を燃やすわけにはいきませんから、「暴走した民衆が怒りにまかせて国旗を燃やしている」ということにするわけです。

 日本人もこれくらいの演技はしてもいいんじゃないでしょうかねぇ?もちろん冷静で、醒めている日本人、というか、内政には狂ったように文句を言うクセに外国に対してはすぐシュンとなる日本人はそんなことしないでしょうけどねぇ。でもよその国で今回のような出来事が起きたら、大使館や韓国料理店へのデモや投石、韓国製品や商品の不買運動が起きることは間違いないですね。日本人って、本当にお上品です(笑)。だから舐められるんです。

 ま、ですから、結局国に問題解決を押しつけるのも結構な話ですけど、私たちひとりひとりが強い意思を持って、その意思を表明することが一番大事だ、ということですね。例えそれが演技であったとしても。その意思表示ができれば、国と国が争わなくても事態を収拾させることだって可能ですからね。

 一番悪いのは、日本側が国としても、そして私たち国民としても、こういった領土侵略問題が生じたときに相手に対して強く抗議しないことですね。国民が抗議しないから、国も強く動けない。国も国民も強く抗議してこないから、ますます相手がつけあがる・・・、そういうループに入っていますよね。

 前のブログにも書きましたけど、日本は本当に平和なんですよ。というか、自分達が争いも差別もない理想郷に住んでいて、外部からその理想郷の平和を乱すような行為を仕掛けられてくると、外部に対して「なぜお前達はうちの平和を乱そうとするんだ!迷惑だ!」と抗議するのではなく、平和を乱した外部の相手に対して争おうとする、あるいはその外部の相手に対して不利益を与えようとする「内部の人達」(つまり仲間)に対して批判を始めるんですよね。

 ケンカを仕掛けてきた外部に対して文句を言うのではなく、売られたケンカを買おうとしている内部の仲間に対して「ケンカするなんてバカな奴がすることだ。平和な話し合いで解決しよう。もっと他に解決方法があるはずだ。」と諫めてくるのですから、結局いつもやられっぱなし。そして外部はつけあがって更に領土を侵略してくる・・。

 何かに似てませんか?そうですよ、学校のいじめと一緒ですよ。「いじめ問題を表面化させてはならない」と考えている学校、教育委員会と一緒ですよ。問題を表面化させてはっきりと罪と罰を示すのではなく、「トラブルはなかったことにしよう」とトラブルを小さくすることしか考えないから、いじめっ子は図に乗り、いじめられっ子は誰にも助けを求めることができず自殺しなければならないほど裏でいじめられるわけです。リベラリストの主張する「平和主義」って、結局ただの「事なかれ主義」なんですよね。

 「平和に、平和に」「まあまあ、事を荒立てずに穏便に話し合いで」と言いながら結局は何もしないで先送りした結果、物事は良い方向に進むんでしょうかね?多くの場合、余計に問題がこじれることになるんじゃないでしょうかね?そんなことやってたって、ホントは何も問題解決にならないんですよね。特に国家間の問題などの場合には。

 日本は東アジアのいじめられっ子でいいわけですか?それで国民のみなさんは我慢できますの?我慢ができるのなら、もうそりゃ3国に好きにやってもらいましょうや。私はそんな国に住みたいとは思いませんけどね。

 でも「いじめられっ子はもうイヤだ」と思うのなら、そりゃ行動を起こさなきゃいけないでしょう。多少の不利益があったとしても、問題解決を権力で解決できる警察に任せなきゃいけないでしょう。結果的にはそれが一番いじめられっ子の命と安全を守ることにつながるんじゃないでしょうか?

 いじめられっ子いじめから解放されるためには、「俺は今いじめられて、腹が立ってしょうがないんや!」と周りの人にはっきり言って、場合によっては周りに助けを求めて、自分の力であれ、警察という公権力であれ、いずれにしても「力」を使っていじめをやめさせるしかないんです。

 さて、日本はどうします?いつまでもいじめられっ子のままでいいですか・・・?

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1436-befdd3a8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード