税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> スポーツ > 日本男子、スペインに1-0で勝利  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本男子、スペインに1-0で勝利

2012 - 07/27 [Fri] - 10:53

 日本の男子サッカー、スペインに勝ちましたね。優勝候補と呼ばれるスペインを破ったわけですから快挙です。

 でも、大事なのはここからですよね。きちんと決勝トーナメントにコマを進めて、そしてベスト4あたりまで残ることができれば、本当に快挙と呼べるかも知れません。だって、リーグ戦であればどんな優勝候補でも一つくらい星を落とすこともありますしね。それでたまたま勝てたことを「奇跡」なんて喜んでるのも、「どうかなぁ」と思いますしね。

 本当に強豪に一回勝ったことをいちいち「歓喜」とか「奇跡」と呼ぶのは、日本のマスコミもいい加減やめません?(笑)

 だって強豪に勝ったことをいちいち「奇跡」と呼んだり、勝たなきゃいけない試合で負けたことを「悲劇」と呼んだりすること自体、「日本のサッカーは弱い」とファンが自分で言っているようなもんですからね。強いチームだったら、一つの試合に勝ったり負けたりしたことをいちいち「奇跡」とか「悲劇」なんて言わないでしょうしね。

 でも昨日の試合を観ていても、日本選手たちにはヨーロッパの強豪国と試合をしてもビビらない心の強さがありますね。これはたいしたもんですね、本当に。昔だったらビッグネームと戦うときには、見るからに萎縮していたり、浮き足立っているのが見て取れましたが、最近はそれがないんでしょうね。良い意味で開き直っているというか。

 やはりこれは若いうちから日本のサッカー選手が海外でプレイして、そして現地の試合の進め方や、戦い方を身につけている選手が増えているからでしょうね。世界の一流選手と一緒にゲームをすることによって、彼らの凄さを実感して自分も努力するし、そしてその過程で彼らと戦っても負けない気持ちの強さも身につけていくんでしょうね。

 ただ本当に昨日の試合で残念だったのは、前半終わりと後半の決定的なチャンスを4度ほど掴めなかったことですね。これがもしあと2点、或いは3点入っていれば、スペイン相手に3-0、或いは4-0で勝てたわけですから、この事実が他のチームに与えるインパクトは強烈でしたからね。そうできなかったことが、まだ日本が改善すべきところなのかも知れません。

 でも、やっぱり世界スポーツで日本が強くなるためには、日本の選手が強豪国でプレイしないといけませんね。翻って、経済も今再び日本は落ち目になってきているので、成長国に日本人が出かけていってそこでの勝ち方を謙虚に学ばなければなりませんね。

 香川選手なんてマンチェスターユナイテッドですからね。しかも望まれて移籍するわけですから、凄いもんですよね。昨日の試合なんかでも、永井選手なんかメチャクチャ走ってましたけど、同世代である香川選手の活躍に刺激されて、ジャンジャン海外や本番で力を発揮する選手が増えるんでしょうね。

 スポーツに関して言えば、ゆとり世代の自分をある意味勘違いしている部分は、マイペースで、そしてひたすらに自分が信じることを突き詰めることができるので、良い結果をもたらしているのかも知れませんね。オンとオフの違いが凄いというか、自分が好きなことに対しては猛烈に集中して力を出すというか。

 良い意味で欧米的な考え方になっているのかも知れませんね。この調子で若い世代ががんばれば、日本のスポーツはまだまだ伸びが期待できますね。楽しみです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1425-c3bc0c56

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。