税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポーツ > イチローがヤンキースへトレード  

イチローがヤンキースへトレード

2012 - 07/24 [Tue] - 14:54

 マリナーズのイチロー、なんでも電撃トレードでヤンキースに移籍したみたいですね。なんじゃそりゃ、って感じですが、ようやくイチローもマリナーズ以外のチームでプレーするわけですね。若干遅すぎたきらいもありますが・・。

 まあこれでイチローも、たぶん念願叶って一流チーム入りすることができて、有名選手と一緒のチームになれたことが嬉しくて嬉しくて仕方ないでしょうね。今まで一流チームでプレーしたことがないことが、きっと彼のコンプレックスで、それが松井に対してやっかみを感じていた部分でしょうからね。何と言っても松井は巨人とヤンキースの4番、ワールドシリーズのMVP選手ですからね。

 この移籍がどういういきさつで決まったのかはわかりません。今まで表に裏にイチローが別のチームに移籍する話はあったと思いますが、それが不思議なまでに一度も実現したことがありませんでした。マリナーズ側が手放さなかったのか、或いは他のチームがそこまで本気で欲しがらなかったのか、そのあたりはわかりませんが、あれだけの成績を残した選手が一度も大チームに移籍していないというのは謎でしたからね。

 若返りを図りたいマリナーズが投手補強を申し出たところ、ヤンキースから「2人やる代わりにイチローをくれ」と言われたのか、逆に「イチローをやるから、投手を2人くれ」とマリナーズが言ったのかわかりませんが、唐突なトレードであったことは間違いありません。いずれにしても、お互いのチームにとってはちょうどよい話だったのでしょう。

 ま、本当にイチローにとっては、これまでどれほどよい成績を残してもチームは優勝せず、大チームからも声がかからず、きっと大いにコンプレックスと屈辱感を感じていたと思いますが、これで彼もようやく今までのコンプレックスから解放されることになるのでしょうか。

 ヤンキースでもそこそこの成績を残して引退することができれば、イチローにとっては生涯の自慢話になりますね。きっと「元ヤンキース」という肩書きは、大リーグに渡ったイチローが喉から手が出るほど欲しかったものでしょうね。もしワールドシリーズにでも出て、そこでも活躍できれば松井を見返すこともできますしね(笑)。イチローにとっては、長い長い野球人生の中でようやくめぐってきた晴れ舞台なのかも知れません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1419-47cef4f9

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード