税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > 「反原発」に踊らされる人達  

「反原発」に踊らされる人達

2012 - 07/21 [Sat] - 12:36

 昨日もニュースで毎週金曜日に行われるという首相官邸前での原発反対デモの様子をニュースで放送していました。ちょっと前には7万人ほど集まったと言われる、反原発集会の様子も放送されていました。

 昨日のニュースでは民主党のハトまでデモに参加してなんか発言していましたが、なんなんでしょうね、この方々。今日の産経新聞の一面のコラムにも書いていましたが、「騒ぎを大きくしようと画策する左翼団体や金持ち文化人、それに選挙目当ての政治屋」に踊らされているだけなんじゃないでしょうかね?

 マスコミから聞こえてくる街の人の声って、フィルターにかかっているからだと思いますけど「反原発」一色。本当にそんなに世の中のみなさんが全員「反原発」なんですか?今回の大飯原発再稼働にしたって、活断層が下にあるとかどうとかで大騒ぎしていますけど、じゃあ、安全性が確保されるまで停止させて関西地方は電力不足による計画停電を行えばいい、というワケですか?

 前のブログにも書きましたけど、原発は危険ですよ、それが建設された40年くらい前から。そんなもんわかってますよ、誰だって。危険だから、誰も住んでないような僻地に作ってるんですよ。「活断層の上」って、そんなもん、そんな条件の悪い場所しか地主が「ウン」と言ってくれなかったから買えなかっただけの話でしょう。或いはもっと地盤と条件の良い土地は高すぎたか。

 で、確かに大飯原発は活断層の上に立って今稼動しているのかも知れませんし、「100年に一度、千年に一度の大地震の際に危険だから廃炉にしよう」というアイデアも確かにあると思います。しかし、政治的に現実的な判断とすれば「確かに危険かも知れないが、かといって電力不足では日本社会が混乱し、日本の信頼そのものにかかわる。100年や千年に一回ほど低い確率なら、一か八か高い方の確率を信頼して次の手が見つかるまでのつなぎとして、とりあえず現状の電力危機だけは回避させたい。将来のことはまず当座の危機を乗り切ってから。」という判断もアリだと思いませんか?

 それでも再稼働反対の人達が強硬に主張するように、確かに大地震はいつどこで起きるかわかりません。「地震なんか起きない」と言われた神戸で震度7の大地震が起きるくらいですから、それは良く分かっているつもりです。でもだからといって、地震がいつ起きるかわからないからと言ってそれを怖がるのであれば、じゃあなにもしないのがベストですよ。

 「日本の土地はどこだって地震の危険性があるのだから家は建てない。それが最大の地震対策」ということになっちゃいます。「生まれたら人は必ず死ぬのだから、生まれた赤ちゃんは何もわからないうちにすぐ殺すのがその子にとって一番の幸せ」というのと同じくらい極端な意見です。

 ところで、リスクに関して私の疑問を言わせてもらえるなら、東京で超高層ビルで仕事をしたり、住んでいる方たちは大地震の際のリスクについてどう思っておられるのでしょう?だって超高層ビルが世の中に登場してから、まだ一度も大地震は起きていないのです。神戸だって阪神大震災の時には高層ビルは2つくらい。それもたいして高いビルじゃありませんでしたからね。

 「大地震が来てもビルは倒壊しない」というゼネコンの意見をみなさん信じているんでしょうけど、ホントに疑わずに信じているんですか?確かに倒壊しないかも知れませんが、代わりにものすごく大きく揺れるかも知れませんよ。もし直下型地震が来て、上層階部分が左右に5メートル揺れたらどうします?そんなのオフィスの机や家具もろとも窓を突き破ってビルの外に飛び出すかも知れませんよ?或いは激しく移動したり、倒れてきた本棚や机に挟まれて圧死するかも知れませんよ?地震でビルが壊れなかったとしても、中にいる人が生きているかどうかは別の話ですよ?

 ましてや大地震でビルが倒壊してしまったら・・。東電の言う「安全」「想定範囲」があの程度だったのに、ゼネコンのいう話を真に受けます?談合とか手抜き工事とかバンバンするような企業のやることを?超高層ビルが万が一倒壊したら、近隣への被害は凄いですよ。WTCビルに飛行機が突っ込んだときの映像、みなさん覚えておられます?

 私にはそこから逃げられないだけに、ビルの中にいたらものすごく怖い話に思えるのですが、もちろん東京で地下直下型の地震が起きる確率はどの程度のものかわかりません。だから原発と同じくらい「安全」といえるかも知れませんが、しかしもし多くの人が原発のことを「危険」と思うのなら、超高層ビルの「危険性」も少しは考えてみてはどうでしょうかね?

 ああ、話が違う方向に行ってしまいましたが、結局、今原発に過剰反応している方々って、私には主張の内容が極端にしか見えないのです。まさに左翼的。「悪いものは悪い」の一点張り。「危ないのだから、即廃炉」の一点張り。それは確かにある意味正しい意見ですが、正しい意見を主張すれば世の中みんな仲良く、平和で幸せに暮らせるわけでないことも、大人ならよくわかっておられるでしょう。

 なぜ正しい意見を主張する共産党、社民党の議員や支持者は経済的に恵まれていない人が多いんですか?なんで労働組合専従で「正しい意見」を主張しているだけの方たちは、会社で出世しないで、一目でそれとわかるような風貌をなさっておられるんですか?

 結局それは「極端」だからですよ。いくら正しいこと、論理的なことを主張したって、その内容があまりに極端で排他的だから、周りの異なる意見を持つ人達と仲良くできないから揉めるんですよ。揉めるから社内でも出世できないし、仕事もスムースに進まないし、だから経済的にも高くないレベルにとどまっちゃうんです。そもそも「お互いの意見の相違を認めつつ、より良いものを作り出そう」という考えがなくて、「自分が正しいと思うことを、とにかく主張しよう。妥協して我慢する必要などない。それが一番正しい」と信じているだけですからね。

 今回の大飯原発再稼働の話にしたって、反対している人達はただただ「正論を極端に主張」しているだけにしか見えないんですよね。もうちょっと現状を建設的に解決して、より多くの人が納得できる解を努力して見つけよう、なんて姿勢が微塵も感じられないのです。

 「ダメなものをダメ」と言っているだけじゃ、なにも前に進まないんですよね、世の中。そんなもんじゃないでしょう。ダメでも妥協しなきゃいけないことはたくさんあるし、正しいものが世の中の人に受け入れられるわけでもありません。そんなの世の中で普通に暮らし、普通に子供を育てていけば、ある程度理解できるんじゃないかと思うんですが・・。

 まあ、なんにしてもハデにデモをすれば、いかにも世の中の多くの人が「反原発」一色に染まっているかのように見えるかも知れませんが、本当にそうなんでしょうか?マスコミが報道しないだけ、或いはあまりに当たり前なので表立って意見を表明しないだけで、「いや、現状から見れば原発再稼働は仕方ないし、一番ベストな解決策」と思っている人達も少なくないんじゃないでしょうか。

 それと本当に最悪なのは、このデモを「世論の風」と読んでデモに参加したハト。もう本当にバカすぎて話になりません。デモに参加している人もハトが参加してくるのを喜ぶんじゃなくて、「親からもらった数十億円のカネのうちの一部でも社会のために使えよ!このただの超金持ちのボンボンが!ここは金持ちボンボンが道楽で参加するデモとちゃうわ!」と批判する気持ちも必要とちゃいますかね。

 週刊誌に書いてあるように、次回の選挙では松山千春に負ける可能性が高いかも知れませんね。だから必死なのかも。いや、金持ちだから必死にはならないか、絶対(笑)。

 でもこうやって「反原発」のかけ声にすぐ流されて、すぐ踊らされるような方たちが3年前の総選挙では民主党にこぞって投票したんでしょうねぇ、きっと。街頭演説やテレビで民主党議員がしゃべっている内容の実現可能性など考えることもなく、ただ表向きの「言葉の綺麗さ」「内容の正しさ」だけに反応して。

 そしてその人たちが今は現実路線を追求する民主党の野田政権の原発再稼働に反対の意思を表明し、きっと次の総選挙では維新の会あたりが打ち出す「綺麗ごと」「言葉の耳障りの良さ」「内容の正しさ」に心動かされて投票するんでしょうね。まさに衆愚政治、ポピュリズムの極みですね。

 世の中の正しいことって、時として大衆の意見と正反対の部分にあるものです。例えすべての学者や宗教関係者に反対されようと、そして一般の民に理解されないとしても、間違いなく地球は回っているのが正しいのです。政治だって、どんなに大衆から人気のない政策であっても、それを押し切ってやらなければならない「本当に正しい政策」って時々あるんです。

 でも今は「何をやるか」「何を後世に残すか」で政治の良し悪しを判断するのではなく、「いかに自分達に耳障りの良い綺麗で優しい言葉をかけてくれるか」というポイントだけで判断するわけですからね。そりゃハトみたいなくだらない政治家のくだらない演説にみんな騙されちゃうわけだ(笑)。

 そして騙されておいて、あとになって「ウソつきだ」なんて、それもマヌケな話。あとで騙されたと文句を言う前に、演説しているときにウソを見抜かなきゃ。詐欺の話に乗せられてカネをだまし取られるのと一緒ですやんか。騙されて文句言っても遅いわけで、大事なのは騙されないようにしっかりと話の内容を判断することですからね。

 今の原発反対の動き、どこかで「耳障りの良い言葉」に騙されているような気がしますがねぇ・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1414-52ab6e11

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード