税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュース > 上野動物園のパンダの赤ちゃん死亡  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野動物園のパンダの赤ちゃん死亡

2012 - 07/11 [Wed] - 15:17

 先日生まれたばかりの上野動物園のパンダの赤ちゃん、今朝死亡したことが確認されたのだとか。いまお昼のワイドショーではこの話で持ちきりですね。生放送で動物園の記者会見が放送されています。

 まあ妊娠が大変だと言われるパンダにおいて、待望の赤ちゃんが生まれたのに残念なことになりましたね。記者会見で質問をしている記者の中には「どれくらいの間隔でモニターから観察していたのか?そのためのマニュアルはあるのか?」と飼育担当者を責め立てるような質問をする輩もしましたが、相変わらず失礼な連中です。

 パンダと言っても、たかだか動物園にいる動物じゃないですか。そりゃ日本で多くの人が赤ちゃんの成長を楽しみにしていたとは言え、別に動物の赤ちゃんの話なんですから、飼育担当者を責め立てるようなこといわなくてもいいのになぁ、と思いますねぇ。

 まあ本当に赤ちゃんを楽しみにしていた人達はたくさんいたと思いますので、残念なことになりました。でも、ぶっちゃけ正直な個人的感想を言わせていただくならば、いま中国と尖閣の件でまさに揉めようかとしている最中にパンダの赤ちゃんが生まれたのは最悪のタイミングだと思っていたのです。

 なぜならこれから東京都が尖閣諸島を買い取れば、確実に中国と揉めるからです。で、中国という国はどんなイヤらしい手でも使って外交に利用しますので、日本で大人気のパンダの赤ちゃんをすぐ返せ、と言い出すと思ったんですよね。或いはレンタルしている日本中のパンダをすべて返せ、と言い出すとか。

 日本中の人が楽しみにしている赤ちゃんパンダを取り上げれば、日本人の中には「せっかく赤ちゃんが見れると思って楽しみにしていたのに、こんなことになるくらいなら尖閣なんか買わなくてもよかったのに」と言い出す人が出てくるかも知れませんからね。そうやって尖閣を東京都が買うことに対する見せしめに利用すると思ったんです。

 だから本当に気の毒なことにはなりましたが、政治面から見れば、まあ、これはこれで一段落付いたのかな、という気もしないでもありません。こっちが中国に気を遣わなければならない点、日本の弱みが一つ減りましたんでね。きっと石原都知事も心の奥底では少しだけホッとしているでしょう。

 年に2-3日くらいしか発情期がないといわれるパンダですから、次のチャンスは来年ですね。生後一週間での死亡率が60~70%といわれるパンダなので、赤ちゃんを飼育するのはとても難しいのでしょうが、またこれにめげずに飼育係の方たちにはがんばってもらいたいですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1400-e4cb3919

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。