税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 小沢新党、今日発足  

小沢新党、今日発足

2012 - 07/11 [Wed] - 13:53

 きょうにも小沢新党が発足するのだとか。新聞を見ていると小沢新党の重点政策が記載されていたのですが、読んでいて思わず笑いました。

○復興最優先
○増税によらない財政再建と景気拡大
○原発ゼロへ。新たなエネルギー開発
○中央集権の破壊。地域主権の創造
○国民との約束を守る政治

 これはネタですか?笑っていいところなんですかね?(笑) 凄いですね、これだけの内容を「重点政策」として書ける小沢さんのセンスが凄すぎます。一つめの「復興最優先」、これは明らかにネタですよね。小沢さん、放射能が怖くて10ヶ月も岩手入りしなかったのに、いまさらどの口が、って感じですよね。

 2つ目の「増税によらない・・・」、これ、民主党時代にできなかったことじゃないですか。脱税王ハトが首相だったときに小沢は裏でいくらでも糸を引くことができたはずなのに、結局なにもしなかったじゃないですか。

 3つ目の「原発ゼロ」、これもネタでしょう?放射能が怖くて逃げ回っていた人に、政治の世界で「原発」という言葉を使って欲しくないですね。

 4つめの「中央集権・・」、よく言いますよね、民主党が政権を取ってから最初に小沢が行ったことって、確か自分にすべての陳情案件を集めることでしたよね?中央集権、権力集中を地で行くような人が「中央集権の破壊」? これは笑わずしてどう読めばよいのでしょうか。

 そしてとってつけたような「地域主権の創造」とは・・。明らかに橋下大阪市長と手を組むことを視野に入れた政治的な話で、震災被害に苦しむ自分の地元岩手のことなどなにもしないでおきながら、より大きな票田を持っている橋下のアイデアだけ頂戴するとは、さすが選挙のプロですなぁ。

 最後は「国民との約束を守る政治」。民主党が政権を取ってから何一つ約束を守れなかった反省は?少なくともハトが首相だった頃は十分すぎるほどの党内権力を持っていたはずなのに、国民との約束を何一つ守れなかったばかりか、小沢自身がガソリンの暫定税率廃止という公約を破ったことに対する弁は?

 いえ、このブログに書いていますように、本当のことを言えば「国民との約束」なんて意味ないんですよ、政治の世界では。別に民衆の多数意見が国の将来にとって正しいとは限らないですからね。だって年金削減なんていったら少子高齢化が進む日本では総スカンでしょうし、消費税増税といっても同じ。

 でも本当に国の財政や将来を考えれば、これらはどちらも手を付けなければならないんですよね、ホントは。だからこんなことを民衆に問いかけて答えを求めたり、民衆の意見に耳を傾けてやってたってロクな事にならないんです。そんなこと百も承知で、民主党政権になってから最初に国民との約束違反をした当の小沢からこんなセリフが出てくるなんて、もう笑うしかないでしょう。

 既に地元岩手では小沢さんに対しては冷ややかな人が増えているのだとか。そりゃさすがに岩手でも当然ですよね。ここまで自分のことしか考えていない人に、これからも票を投じるかどうかと訊かれれば、「うーん」って答える人が多くなりますよね。ならなかったら、岩手の有権者の見識を疑っちゃいます。

 小沢新党、何の期待もありませんけど、とりあえず発足だそうです。これで日本の政治から小沢一郎の影響力が排除できれば、それがこの新党の最大の成果だと思います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1399-32c085b5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード